電話予約LINE予約WEB予約

【おしりニキビの原因と予防法】跡を残さずキレイに治療するには?

「おしりニキビが痛いので早く治したい」

「おしりのニキビが恥ずかしくてデートに行けない」

おしりニキビでお悩みの方は多いです。おしりニキビは外からは目立たないため、周りには気付かれにくいです。でも、座ると痛みが走ったり、下着や水着になった時には目立ってしまうため、人知れずお悩みを抱えがち。

おしりは蒸れやすく、衣類やイスの刺激を受けがちなので、一度ニキビができてしまうと治りにくい部位です。ニキビが悪化してしまうと、跡が残ったり黒ずみが残ってしまう場合も。キレイなヒップを取り戻して、おしゃれな下着や水着を楽しめるようになりたいですよね。

そこで今回は、おしりニキビの原因と治し方をわかりやすく解説します。

この記事を読めば、おしりニキビをキレイに治す方法がわかり、いつでもデートに出かけられるようになります。

おしりニキビの原因とは?

おしりニキビが気になる女性

おしりニキビにはさまざまな原因があります。また、ニキビではなくカビが原因の疾患もありますので、おしりニキビにお悩みの場合は原因に応じた適切な対策を取ることが大切です。

おしりニキビの主な原因は以下の5つです。

・皮脂や洗い残しの汚れ

・ホルモンバランスの乱れ

・食生活の乱れ

・乾燥や刺激

・マラセチア毛包炎の場合も

それぞれを解説します。

皮脂や洗い残しの汚れ

ニキビは、毛穴の中にある皮脂腺から分泌される皮脂が詰まることによって引き起こされます。古い角質によって毛穴がふさがってしまったり、皮脂の量が多すぎたりすると、皮脂が詰まってニキビになります。

皮脂の詰まりが悪化すると、アクネ菌が増殖して炎症を起こして赤ニキビになったり、化膿した黄ニキビになったりします。

そのため、毛穴を詰まらせないように肌を清潔に保つことが大切です。

また、シャンプーや石鹸の洗い残しがあると、その養分をエサにしてアクネ菌が増殖しやすくなります。シャンプーやリンス、洗顔料などが身体に残らないようにしっかりとすすぎを行いましょう。

洗う順番は、頭、顔、身体と上から下へと洗うとすすぎ残しを減らせるので良いです。身体を洗う時は、ごしごしと強く洗わずに泡でふんわりと手でやさしく洗いましょう。

身体を洗った後は、しっかりと保湿を。おしりは肌の表面積が広いので、しっかりと乾燥から守るようにしていきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れると、肌が乾燥しやすくなったり、皮脂の分泌量が多くなったりして、ニキビが発生しやすくなります。疲れやストレスを溜めないように、気分転換を行ってリフレッシュすることを心がけましょう。

特に睡眠不足は肌の健康に良くありません。睡眠時には肌や体の調子を整える成長ホルモンが分泌されます。夜更かしをしたり、睡眠時間が足りないと、成長ホルモンの分泌量が減ってしまうので、ニキビができやすい状態になってしまいます。

また、運動不足もホルモンバランスの働きを乱してしまいます。1日30分程度のウォーキングなど、軽く汗かくような運動を日々の生活に取り入れるようにしていきましょう。

運動をすると夜もぐっすりと寝られるようになり、気分もリフレッシュできます。日々の運動が難しいと感じる方は、1駅歩くようにしてみたり、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を利用すると良いでしょう。

食生活の乱れ

食生活の乱れはニキビの原因になります。外食やインスタント食品、カップラーメン、ジュースなどは、糖質や脂質、食品添加物も多くなってしまいがち。

皮脂などの老廃物の分泌が増えて、ニキビを発生させたり悪化させたりします。

ニキビを防ぐためには、野菜や果物、海藻類などを積極的に食事に取り入れていきましょう。ビタミンやミネラル、食物繊維は、肌の調子を整えてニキビができにくい身体を作ってくれます。また、大豆、鶏むね肉、ササミ、白身魚などの良質なたんぱく質もしっかり摂るようにしましょう。

食事は1日3回を規則正しく、よく噛んでゆっくりと食べると、胃腸の調子も整って肌にも良い食生活ができるようになります。

水やお茶などでたっぷりと水分補給することも、健康な美肌作りにはおすすめです。

乾燥や刺激

おしりの乾燥や刺激

乾燥は肌の大敵です。ニキビができやすくなってしまうからです。肌が乾燥すると、肌を守ろうとして皮脂の分泌が活発になります。しかし、乾燥した肌は古い角質が溜まりやすくなっているため、毛穴が開きにくくなっています。そのため、余計に皮脂が詰まりやすくなってしまうのです。

おしりの肌にもしっかりと保湿を行い、肌の乾燥を起こしやすい化学繊維の下着類は見直すと良いでしょう。例えば、下着は綿やシルクなどの天然素材のもので肌触りの良いものにすると良いです。

また、おしりは下着やパンツ、イスなどの摩擦による刺激を受けやすい場所。肌がこすれることによって肌荒れを起こし、ニキビができやすくなってしまいます。できるだけおしりの肌を刺激しないような工夫をしていきましょう。

ボトムスは締め付けが少ないパンツやスカートにして、蒸れや摩擦を抑えていきましょう。イスに座る時は柔らかいクッションを敷き、座りっぱなしにならないように休憩をしたり立って作業をしたりすると良いでしょう。

マラセチア毛包炎の場合も

おしりニキビを治すために、市販のニキビ治療薬を使われている方も多いです。しかし、なかなかおしりニキビが改善しない場合も。

もしかしたら、ニキビではなく、マラセチア毛包炎かもしれません。マラセチア毛包炎は、マラセチア菌というカビの一種が毛穴で増殖して起こる疾患です。

ニキビと症状がよく似ていますが、アクネ菌による炎症ではないため、ニキビ治療薬は効きません。また、マラセチア毛包炎は自然治癒しにくいため、早めの治療を行うことが大切です。

カビの増殖を抑える抗真菌薬を使えば、症状は改善されますので、なかなか治らないニキビでお悩みの方は、早めにクリニックへ相談しに行くと良いでしょう。

おしりニキビを予防するには?

おしりニキビの予防

おしりニキビを予防するためには、

・身体をしっかりと洗い流す

・肌を乾燥させない、刺激しない

・下着は肌にやさしい素材のものを

・バランスの良い食生活を

・睡眠や運動をしっかりと

・気分転換でリフレッシュ

こうした取り組みが大切です。

おしりは皮膚が厚く、古い角質が溜まりやすい部位です。また、顔や手足に比べてスキンケアがおろそかになりがちなので、しっかりと保湿を行いニキビを予防していきましょう。

そもそもニキビは毛穴に皮脂が詰まることが原因です。皮脂の分泌を抑え、肌のターンオーバーを促進することでニキビは予防できます。

生活習慣を整えて、ストレスを溜めこまないように趣味や運動で気分をリフレッシュして、健康な心身と肌をキープしていきましょう。

おしりニキビの注意点

おしりニキビの注意点

ニキビができてしまったら、以下の注意点を守る様にしましょう。

・ニキビは潰さない、触らない

・おしりが蒸れにくい工夫を

ニキビは潰さない、触らない

ニキビを潰したり、触ったりすることは、絶対にやめましょう。なぜなら、ニキビ跡が残ってしまったり、クレーターや色素沈着が起こったりして、元のキレイな肌に戻らなくなってしまうからです。

ニキビを潰してしまうとニキビ周辺の皮膚の組織が破壊されてしまいます。キレイな肌に戻りにくくなったり黒ずみが残ったりしてしまいます。

また、ニキビを触ると手から細菌が移り、ニキビを悪化させてしまいます。ニキビが炎症を起こしたり化膿したりすると、セルフケアでは手に負えなくなってしまいます。

ニキビは潰さない、触らないをぜひ徹底してください。

おしりが蒸れにくい工夫を

おしりは衣類や下着の圧迫を受けるため、蒸れやすくニキビを悪化させやすい環境にあります。また、女性の場合は生理もあるため、余計に蒸れてしまい肌を快適に保ちにくいです。

おしりニキビを悪化させないためには、できるだけ蒸れにくい工夫をしていきましょう。

例えば、パンツスタイルよりはスカートの方が蒸れにくいです。また、ストッキングはひざ丈のものにすることも有効です。

下着も締め付けが強いものを避け、肌触りのやさしいゆったりしたものをつけるようにしてみましょう。

おしりニキビが治らない場合は、早めにクリニックへご相談を

スマホで検索する女性

おしりニキビが気になる場合は、早めにクリニックへ相談しに行きましょう。

おしりは蒸れやすく、衣類との摩擦やイスに座った際の刺激によって、ニキビが悪化しやすい場所だからです。また、ニキビとよく似た症状のマラセチア毛包炎である場合、市販のニキビ治療薬では改善ができません。

ニキビが悪化してしまうと、ニキビ跡やクレーター、黒ずみが残ってしまい、キレイな元の肌に戻りにくくなってしまいます。美しいヒップを保ちたいとお考えの方は、早めにクリニックへ相談すると良いでしょう。

美容皮膚科フェミークリニックでは、ニキビ治療の症例が豊富にあり、さまざまなニキビ治療のメニューをご用意しています。初期のニキビ治療はもちろん、赤ニキビや黄ニキビのように悪化してしまったニキビ治療にも対応できます。

ニキビ治療は再発を防止する根本治療が大切。フェミークリニックなら、おしりニキビの根本原因を突き止め、ニキビを可能な限り再発させないよう治療を行います。かわいい下着や水着を身に着けて、楽しいデートを満喫したいとお考えの方は、フェミークリニックの無料カウンセリングにぜひご相談ください。

フェミークリニック総院長 北山 英美子 (東邦大学医学部卒業 日本形成外科学会所属)

このページの監修医師

フェミークリニック総院長北山 英美子

東邦大学医学部を卒業後、東邦大学形成外科に入局。経験を積んだのち、渋谷フェミークリニックを開院。2006年よりフェミークリニック全6院の総院長を務める。

  • 最終学歴
  • 東邦大学医学部
  • 所属学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本皮膚科学会
ニキビ治療コラム トップへ戻る

各院のご紹介

Introduction

フェミークリニックでは、各院ごとの特徴や治療内容など、患者さまへしっかりとお伝えするために各院ごとに専門サイトをご用意しております。治療メニューの詳細や料金は、各院サイトをご覧ください。※外部サイトへ移動します。