電話予約LINE予約WEB予約

ピアスの穴あけ

Pierce

おしゃれを心から楽しみたい方へ

医療機関で不安のない

ピアスの穴あけを

安全なピアスの穴あけならフェミークリニック

ピアスホールを安全に開けたいとお考えの方は、美容皮膚科 フェミークリニックにご相談ください。

当院では正しい知識と技術で痛みを抑え、衛生管理に配慮して感染症などのリスクを極力減らしつつ、仕上がりにこだわったピアスの穴あけを行っております。

こんな方におすすめです

ピアスの穴あけを失敗したくない

自分では難しいので病院で穴あけしたい

痛みが苦手で穴あけできない

清潔な医療器具で穴あけしたい

穴あけ後のアフターケアが心配

フェミークリニックのピアスの穴あけの特徴

01

徹底された衛生管理

徹底された衛生管理

美容皮膚科 フェミークリニックでは、衛生管理を徹底し、医療器具や医療用ピアスは完全滅菌されたものを使用しています。

細菌の感染による化膿や炎症のリスクを抑え、清潔で安全なピアスの穴あけを行っております。

02

医療機関としての高い技術力

医療機関としての高い技術力

ピアスの穴あけには繊細な技術が必要です。

ホールが曲がらないよう角度や厚みをはかって血管の位置を避けたり、タイミング次第で痛みを軽減させることも可能です。

これらは、美容皮膚科として多くの症例を重ねてきた当院ならではの技術になります。施術が不安な方でも、安心してお任せください。

03

ファーストピアスの種類が豊富

ファーストピアスの種類が豊富

当院のファーストピアスは、金属アレルギーを起こさないようチタンやステンレス製となっています。

複数の種類からお好きなデザインを選んでいただけますので、穴あけした当日からピアスを楽しむ事ができます。

ファーストピアスは当日から数か月間、装着したままお過ごしいただけます。ピアス本体代金は表示価格に含まれますので、別途ご用意いただく必要はありません。

04

ピアスホール完成までのアフターケア

ピアスホール完成までのアフターケア

施術後は化膿や炎症を抑える軟膏を処方いたしますので、2週間程は1日1回塗布してください。軟膏は施術料金に含まれていますので、追加費用は発生いたしません。

ピアスホールが安定しましたら、セカンドピアスに付け替えていただけます。

ファーストピアス後のトラブル対応について

ピアスのトラブル

ファーストピアスの装着後に痛みや腫れなどの肌トラブルがあった場合は、速やかに当院までご相談ください。

当院では、万が一の事態に備え、柔らかい素材でできた「シリコンチューブ」もご用意しております。

シリコンチューブに装着し直すことによって、肌トラブルを抑えながら、ピアスホールをふさがず維持することが可能になります。

ピアスの穴あけの種類

耳たぶピアス(イヤーロブ)

イヤーロブはピアスの定番であり、若い方から3、40代の方まで幅広く人気があります。

耳たぶピアス(イヤーロブ)

耳軟骨ピアス(へリックス)

ヘリックスは耳の一番外側のフチの軟骨部分です。

痛みに関しては個人差がありますが、「耳たぶと変わらない」という方もいるため、初心者の方でも開けやすいと思います。

耳軟骨ピアス(へリックス)

耳軟骨ピアス(トラガス)

トラガスは、耳の顔側にある三角形の軟骨部分にあけるピアスです。人によって形やサイズ・厚みが違うので、クリニックでの穴あけがおすすめです。

※トラガスは銀座院のみ施術

耳軟骨ピアス(トラガス)

ヘソピアス

露出の機会が増える時期に人気のへそピアス。約半年程でピアスホールが安定するため、肌が見えない冬の時期に穴を開ける方が多くいらっしゃいます。

ヘソピアス

ピアスの穴あけ施術について

施術時間

15~60分

※カウンセリング・ピアスの位置決め・アフターケアのレクチャーでおよそ30分程度となります

痛み

痛みの感じ方には個人差や部位によって変りますが、痛みや出血はほとんどありません。耳に比べて痛みの出やすいへそには麻酔(無料)を使い、ほぼ無痛で穴あけすることが可能です。

安定までの期間

個人差がありますが、耳たぶで約1~3か月、耳軟骨、へそで約半年程度が目安となります。

リスク・副作用

発赤、熱感、腫れといった症状が現れます。

また、ごくまれに、穴あけ時に出血する可能性があります。アレルギー症状により、化膿する可能性もあります。

注意事項

施術当日は炎症を防ぐため、飲酒や激しい運動は控えてください。また、患部を清潔に保ち、処方された軟膏を継続して塗布してください。

ピアスの穴あけ メニューの紹介

ピアスの穴あけのよくある質問

当日予約できますか?

予約枠に空きがあれば、当日でもご予約可能です。お電話またはメールにてご予約ください。※メールの場合、返信にお時間を要する場合があります。そのためお電話でのご連絡をお勧めいたします。

持参するピアスで処置してもらうことはできますか?

大変申し訳ございません。患者さまご自身でご用意したピアスを用いて処置することは出来かねます。これは、処置後の感染症・炎症を避けるため、当院でご提供する完全滅菌された医療用ピアスでのみ処置となります。

ピアスの穴が膿んでしまっているのですが診てもらえますか?

もちろん診察いたします。施術後に炎症を抑えるための軟膏を処方し、セルフケアについてもしっかりとご説明しておりますが、何らかの症状がでましたらすぐにご連絡ください。

※ピアス穴開け後の再診料は1,100円です。

へそピアスはあけられますか?

へそピアスもお受けいただけます。

ファーストピアス本体・麻酔・軟膏の処方を含めた料金となっております。

フェミークリニック総院長 北山 英美子 (東邦大学医学部卒業 日本形成外科学会所属)

このページの監修医師

フェミークリニック総院長北山 英美子

東邦大学医学部を卒業後、東邦大学形成外科に入局。経験を積んだのち、渋谷フェミークリニックを開院。2006年よりフェミークリニック全6院の総院長を務める。

  • 最終学歴
  • 東邦大学医学部
  • 所属学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本皮膚科学会

各院のご紹介

Introduction

フェミークリニックでは、各院ごとの特徴や治療内容など、患者さまへしっかりとお伝えするために各院ごとに専門サイトをご用意しております。治療メニューの詳細や料金は、各院サイトをご覧ください。※外部サイトへ移動します。