電話予約LINE予約WEB予約

【背中ニキビの原因と予防法】跡を残さずキレイに治療するには?

「背中にニキビができて、おしゃれが楽しめない」

「市販のニキビ薬を使っているのに、全然良くならない」

保湿やニキビケアをしていても、背中ニキビがまったく改善されない場合もあり、背中ニキビでお悩みの方は多くいらっしゃいます。

背中は皮膚の面積が広く、皮脂腺も多く汗をかきやすいので、背中はニキビができやすい部位です。しかし、背中のセルフケアは難しいですし、服やベッドとの摩擦も起きやすいので、ニキビがどんどん悪化してしまうことも。

背中は周りの視線が集まりやすい目立つ場所。背中ニキビをキレイに治して、背中の開いたおしゃれな服や水着を思いっきり楽しみたいですよね。

そこで今回は、背中ニキビの原因と治し方をわかりやすく解説します。

この記事を読めば、背中ニキビをキレイに治す方法がわかり、堂々とおしゃれを楽しめるようになります。

背中ニキビの原因とは?

ニキビが気になる女性の背中

背中ニキビにはさまざまな原因があります。実はニキビではなく、カビが原因の場合もあるので、原因に応じた適切な対策を取ることが大切です。

背中ニキビの主な原因は以下の5つです。

皮脂や洗い残しの汚れ

ホルモンバランスの乱れ

食生活の乱れ

乾燥や刺激

マラセチア毛包炎の場合も

それぞれを解説します。

皮脂や洗い残しの汚れ

そもそもニキビは、毛穴から分泌される皮脂が詰まることによって引き起こされます。毛穴は古い角質が残ったり、皮脂が過剰に分泌されたり、シャンプーや石鹸の洗い残しがあったりして詰まりやすくなります。

毛穴に詰まった汚れは、ニキビの原因菌であるアクネ菌の栄養源に。アクネ菌が増殖してしまうと、ニキビはどんどん悪化して、炎症を起こしたり、化膿したりしてしまいます。

つまり、背中ニキビの原因となる毛穴の詰まりをしっかりと取り除き、清潔な状態を保つことが大切です。

背中は入浴時に泡や石鹸のすすぎ残しが多くなりがちです。そうならないためには、頭、顔、身体と上から下へ洗っていくと良いでしょう。シャンプーやリンス、洗顔料のすすぎ残しが背中についていても、そのあとに身体を洗うことによって残りにくくなるからです。

背中は自分ではよく見えない部分なので、ぬるめのお湯でしっかりと洗い流しましょう。入浴後は背中にもたっぷりと保湿を。

まずは背中の皮脂などの汚れが毛穴に詰まらないようにしていきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

背中が気になる女性

ホルモンバランスが乱れると、ニキビを発生させる原因となります。皮脂の分泌量を増やしたり、肌が乾燥しやすくなったりするからです。

ニキビは皮脂が毛穴に詰まることが原因で起こります。また、肌が乾燥すると、肌を乾燥から守るために皮脂が多く分泌されます。ホルモンバランスを整えれば、皮脂の分泌や肌の乾燥を抑えることができます。

ホルモンバランスを整えるには、疲れやストレスを溜め込まず、睡眠や運動をしっかりと行うことが大切です。疲れやストレスを溜めないためには、ゆったりと入浴を楽しんだり、趣味や運動で気分をリフレッシュしましょう。

特に睡眠は大切です。睡眠時間は6-7時間は確保して、早寝早起きを心がけましょう。夜22時~朝2時の間に成長ホルモンが活発に分泌されます。この時間帯にしっかりと睡眠を取っていることが大切です。

早く熟睡するために、寝る前にスマホやテレビを見ないようにしましょう。モニターの光が脳を活性化してしまい、入眠や熟睡の妨げになるからです。

ホルモンバランスを整える生活を心がければ、背中ニキビの改善だけでなく、心身ともに健康でいられます。気分転換をしっかりと行い、しっかりと睡眠を取るようにしていきましょう。

食生活の乱れ

食生活の乱れは、ニキビの原因となります。ファストフードや加工食品、甘いもの、脂っこいものは、身体からの老廃物が多くなり毛穴が詰まりやすくなるため、ニキビを発生させたり悪化させたりします。

外食やお菓子、ジュースなどはなるべく控え、野菜や果物、海藻類などを積極的に摂るためにできるだけ自炊をしていきましょう。ビタミンやミネラル、食物繊維を含む食品は、肌や胃腸の調子を整え、健康な肌のターンオーバーを促進していきます。

また、大豆、鶏むね肉、ササミ、白身魚などの良質なたんぱく質もしっかり摂るようにしましょう。

食事は1日3食を規則正しく、よく噛んでゆっくり食べることによって、栄養の吸収も良くなり、胃腸の調子も整え、より肌の健康を促進します。

ニキビは毛穴の老廃物によって発生しやすくなったり悪化しやすくなります。食生活の乱れを改善して、健康な美肌を継続できるようにしていきましょう。

乾燥や刺激

ニキビができている女性の背中

背中は皮膚の面積が広く、皮脂腺も多い部位のため、ニキビが発生しやすい部位です。お風呂上りなどに乾燥しやすく、洋服や髪の毛の刺激も受けやすいです。

肌の乾燥はニキビを発生しやすくします。肌の乾燥を防ごうとして、皮脂の分泌が活発になってしまうからです。また、肌の刺激もニキビを発生させたり、炎症を起こしたりする原因に。

衣類や下着を肌に優しい天然素材ものに変えてみたり、寝具やタオルを清潔に保ったりして、背中ニキビの発生を抑えていきましょう。お風呂上りにはたっぷりの保湿を行い、背中ニキビができにくい肌環境を整えることも大切です。

マラセチア毛包炎の場合も

市販のニキビ治療薬を使っても、ニキビがまったく改善しない場合、マラセチア毛包炎の可能性があります。マラセチア毛包炎の症状はニキビによく似ていますが、ニキビとはまったく違う原因により発症します。

マラセチア菌と呼ばれるカビの一種が原因による炎症を起こしている場合、アクネ菌を抑えるニキビ治療薬は効果を発揮できません。カビの繁殖を抑える抗真菌薬を使う必要があります。

カビによる炎症と聞くと怖いですが、マラセチア菌は普段から肌に存在する常在菌です。普段は問題ありませんが、汗をかいたり背中が蒸れたりすると、皮脂の分泌が多くなりマラセチア菌が繁殖しやすくなって炎症を引き起こします。

マラセチア毛包炎は医師の処方する外用薬によって改善することが可能です。しかし、セルフケアでの改善は難しいので、ニキビ治療薬が効かない場合は早めにクリニックの診断を受けてください。

背中ニキビを予防するには?

女性のキレイな背中

背中ニキビを予防するためには、乾燥を防ぐスキンケアが大切です。背中は表面積が広いため乾燥しやすく、汗をかきやすいため皮脂の分泌量も多くなりがち。

皮脂や老廃物が毛穴に詰まるのを防ぐために、しっかりと保湿して古い角質が蓄積されないようにしつつ、皮脂の分泌を抑える必要があります。

また、ストレスや睡眠不足、偏った食生活もニキビ発生の要因に。気分転換ができる趣味やスポーツを楽しみ、野菜や果物、海藻類、大豆製品などを積極的に食事に取り入れましょう。

夜はゆったりと入浴して、背中に泡や石鹸が残らないようしっかりと洗い流します。睡眠不足にならないように、規則正しい生活習慣を身につけて、ニキビを予防していきましょう。

背中ニキビの注意点

女性のキレイな背中

背中ニキビを悪化させてしまうと、ニキビ跡が残ったりクレーターや色素沈着を起こしたりしてキレイに治すのが難しくなります。ニキビの悪化を防ぐために、以下の点に注意していきましょう。

・ニキビは潰さない、触らない

・汗をかいたらしっかりふき取る

ニキビは潰さない、触らない

背中ニキビに限りませんが、ニキビは潰したり触ったりしないようにしましょう。ニキビを潰したり触ったりすると、ニキビが悪化してキレイに治らなくなってしまうからです。

背中はつい手でかいてしまいがち。また、寝ている時や椅子に座った時にもニキビを刺激してしまう場合があります。

背中ニキビはかゆみや痛みを伴う場合もあるので、ニキビを潰してしまったり触ったりしてしまうこともあります。しかし、ニキビ跡を残さないようにキレイに治すためには、絶対にニキビを潰したり触ったりしないようにしていく必要があります。

汗をかいたらしっかりふき取る

背中は皮脂腺が多く、汗もかきやすい部位です。背中が蒸れてしまうと、ニキビの原因菌も活動が活発に。

背中に汗をかいたら、しっかりとふき取るようにしましょう。その際は、ゴシゴシと強くふき取るのではなく、そっとやさしく汗をタオルに吸収させるようにして、皮膚を刺激しないようにしてください。

汗は寝ている時にもかいています。夏場の寝苦しい夜や体調の悪化で寝汗をかいた場合にも、背中を清潔に保つことが背中ニキビの予防には大切です。

背中ニキビが治らない場合は、早めにクリニックへご相談を

スマホで検索する女性

背中ニキビが治らない場合は、早めにクリニックへ相談しに行きましょう。

ニキビは初期段階の白ニキビ、角栓が酸化した黒ニキビ、炎症を起こした赤ニキビ、化膿した黄ニキビと悪化していきます。また、ニキビだと思ったものが、マラセチア毛包炎という別の菌が原因の炎症である場合もあります。

間違えたセルフケアを行っていると、ニキビが改善しないどころか悪化してしまう場合も。ニキビが悪化して、赤ニキビや黄ニキビになるとニキビ跡が残ってしまったり、クレーターや色素沈着を起こしてしまったりします。

ニキビをキレイに治せなかったら、背中の開いた洋服や水着も思いっきり楽しめなくなってしまいます。背中ニキビをキレイに治したいとお考えの場合は、早めにクリニックへご相談ください。

美容皮膚科フェミークリニックでは、ニキビ治療の症例が豊富にあり、さまざまなニキビ治療のメニューをご用意しています。初期のニキビ治療はもちろん、赤ニキビや黄ニキビのように悪化してしまったニキビ治療にも対応できます。

ニキビ治療は再発を防止する根本治療が大切。フェミークリニックなら、背中ニキビの根本原因を突き止め、ニキビを再発させない治療を行います。キレイな背中を取り戻し、堂々とおしゃれなファッションを楽しみたいとお考えの方は、フェミークリニックの無料カウンセリングにぜひご相談ください。

フェミークリニック総院長 北山 英美子 (東邦大学医学部卒業 日本形成外科学会所属)

このページの監修医師

フェミークリニック総院長北山 英美子

東邦大学医学部を卒業後、東邦大学形成外科に入局。経験を積んだのち、渋谷フェミークリニックを開院。2006年よりフェミークリニック全6院の総院長を務める。

  • 最終学歴
  • 東邦大学医学部
  • 所属学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本皮膚科学会
ニキビ治療コラム トップへ戻る

各院のご紹介

Introduction

フェミークリニックでは、各院ごとの特徴や治療内容など、患者さまへしっかりとお伝えするために各院ごとに専門サイトをご用意しております。治療メニューの詳細や料金は、各院サイトをご覧ください。※外部サイトへ移動します。