電話予約LINE予約WEB予約

【胸ニキビの原因と予防法】跡を残さずキレイに治療するには?

「胸元にできたニキビのせいで鏡を見るたびに落ち込む」

「ニキビを早く治して、おしゃれを楽しみたいのに」

胸ニキビは目立ちやすく、周りの視線も集まりやすい部位なのでお悩みの方は多いです。

胸は汗をかきやすく、下着のせいで蒸れやすい場所。肌の面積が広いため、お風呂上りや秋冬は肌が乾燥しやすく、胸に赤いブツブツがたくさんできてしまうことも。

胸ニキビなんて早く治して、おしゃれを思う存分楽しみたいですよね。

そこで今回は、胸ニキビの原因と治し方をわかりやすく解説します。

この記事を読めば、胸ニキビをキレイに治す方法がわかり、ドレスや水着も堂々と着こなせるようになります。

胸ニキビの原因とは?

胸ニキビの原因

胸ニキビにはさまざまな原因があります。また、ニキビではなくカビが原因の疾患もありますので、胸ニキビにお悩みの場合は原因に応じた適切な対策を取ることが大切です。

胸ニキビの主な原因は以下の5つです。

・皮脂や洗い残しの汚れ

・ホルモンバランスの乱れ

・食生活の乱れ

・乾燥や刺激

・マラセチア毛包炎の場合も

それぞれを解説します。

皮脂や洗い残しの汚れ

ニキビは、毛穴の中の皮脂腺から分泌される皮脂が古い角質や肌の汚れによって詰まってしまったり、皮脂の分泌量が多くなってしまったりすることで発症する肌の病気です。

そのため、皮脂の過剰分泌を抑えたり、毛穴が詰まらないようにするスキンケアが大切です。

胸は皮脂腺が多く、汗もかきやすい場所なので、ニキビが発生しやすい部位。しっかりと皮脂を洗い流し、保湿を行いましょう。

また、胸はシャンプーやリンス、洗顔料などの洗い残しやボディーソープのすすぎ不足によって、毛穴に泡や石鹸のかすが残りやすい部分でもあります。こうした汚れは、ニキビの原因菌であるアクネ菌の栄養源となって菌の増殖を促してしまいます。

入浴時は頭、顔、身体の順番で上から下に洗い落とすようにしていくと、身体に余計な汚れが残らずに済みます。泡や石鹸かすが残らないように、しっかりとすすぎ洗いを行って胸ニキビの発生を防いでいきましょう。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは、ニキビ発生の原因になります。また、ニキビが悪化しやすくもなりますので、ホルモンバランスを整えるようにしていきましょう。

特に睡眠は大切です。寝不足になると、身体の調子を整えるために必要な成長ホルモンの分泌が減少してしまいます。成長ホルモンを分泌するには、早寝早起きをするようにしましょう。

夜22時~深夜2時にかけて、成長ホルモンは活発に分泌されますので、早めにベッドに入って身体を休めると良いです。寝る前にスマホやテレビを見ないようにすると、脳が休息の準備に入りやすいので熟睡しやすくなります。

また、ホルモンバランスを整えるには、ストレスを発散して心身をリラックスさせることも大切。趣味や運動で気分転換をしたり、休日や家族や友人とゆったりとした時間を過ごすようにしましょう。

食生活の乱れ

食生活が乱れると、老廃物が増えニキビができやすくなってしまいます。外食やインスタント食品、カップラーメン、ジュースなどはできるだけ控えましょう。甘いもの、脂っこいものも、皮脂の分泌を増やしてしまうので、ニキビを抑えるためにはできるだけ我慢すると良いでしょう。

その上で、野菜や果物、海藻類などのビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含む食品を摂るようにしていきましょう。また、大豆、鶏むね肉、ササミ、白身魚などの良質なたんぱく質もしっかり摂るようにしましょう。

食事は1日3回で規則正しく、間食や夜食は控え、よく噛んで胃腸に負担をかけすぎないことも大切です。

乾燥や刺激

胸の乾燥や刺激

胸は常に下着と接触しているため、蒸れたり乾燥したりしやすく、また摩擦による刺激によってニキビが発生しやすくなります。アクセサリーや長髪の場合も、胸元が刺激を受けやすくなるためニキビの原因にも。

しっかりと保湿をしたり、下着を天然素材のものに変えてみたりして、乾燥や刺激から肌を守るようにしていきましょう。

肌が乾燥すると、肌を守るために皮脂の分泌量が多くなります。しかし、乾燥によって古い角質が溜まりやすく皮脂も詰まりやすくなるのでニキビが発生します。

初期のニキビは治りやすいものですが、下着やアクセサリーなどによって刺激を受けてしまうと炎症を起こしやすくなってニキビが悪化してしまいます。

肌を乾燥させないこと、肌を刺激しないことで、ニキビの発生や悪化を抑えていきましょう。

マラセチア毛包炎の場合も

ニキビとよく似た症状の疾患で、マラセチア毛包炎というものがあります。マラセチア毛包炎は、マラセチア菌というカビの一種が毛穴で増殖してしまうことによって引き起こされます。

身体に赤いポツポツができるので、市販のニキビ治療薬を使ってしまいがち。しかし、マラセチア毛包炎はアクネ菌によるものではないので、ニキビ治療薬は効果がありません。ニキビ治療薬を使っているのに改善しない場合は、マラセチア毛包炎の可能性が高いです。

マラセチア毛包炎は自然治癒が難しい疾患。しかし、抗真菌薬などの適切な治療を行えば改善することができます。

ニキビケアを行っているのにニキビが改善しない場合は、早めにクリニックへ相談してみましょう。

胸ニキビを予防するには?

胸ニキビを予防

胸ニキビを予防するためには、

・身体をしっかりと洗い流す

・肌を乾燥させない、刺激しない

・下着は肌にやさしい素材のものを

・バランスの良い食生活を

・睡眠や運動をしっかりと

・気分転換でリフレッシュ

こうした取り組みが大切です。

すべてのニキビ予防を実践できれば良いのですが、全部をやり切るのは難しいと感じてしまう方も多いかもしれません。

その場合は、まずは自分にできそうなことから見直してみて、ニキビを着実に改善していきましょう。例えば、いつも以上に保湿をしてみたり、ファストフードやコンビニ食を控えてみたりすることから始めていくと良いと思います。

ニキビをしっかりと予防できれば、ニキビのお悩みからも解放されていきます。

胸ニキビの注意点

胸ニキビの注意点

ニキビができてしまったら、以下の注意点を守る様にしましょう。

ニキビを悪化させないためには、

・ニキビは潰さない、触らない

・汗をかいたらしっかりふき取る

ニキビは潰さない、触らない

早くニキビを治したいあまり、ニキビを潰してしまう方もいますが、これは絶対にやめてください。ニキビを潰してしまうと、肌の組織が壊れてしまうことでニキビ跡になってしまうからです。

また、つい気になってニキビを触ってしまうこともあるかと思いますが、ニキビを触ると手から細菌が移りニキビを悪化させてしまいます。

ニキビは絶対に潰さない、触らないということを徹底していきましょう。

汗をかいたらしっかりふき取る

胸は下着で締め付けられたり、肌が圧迫されたりしやすい場所です。汗をかきやすく、皮脂腺も多いため、常に清潔でいるために汗をかいたらしっかりとふき取りましょう。

汗をかくと蒸れたり皮脂が多くなったりして、アクネ菌やマラセチア菌が増殖しやすくなり、ニキビが発生しやすくなったり悪化しやすくなってしまいます。

夏場は特に注意して、胸元を快適な状態に保つようにしていきましょう。

胸ニキビが治らない場合は、早めにクリニックへご相談を

スマホで検索する女性

胸ニキビが気になる場合は、早めにクリニックへ相談しに行きましょう。

なぜなら、ニキビが悪化してしまうとセルフケアでの改善が難しくなるからです。ニキビは初期段階の白ニキビ、角栓が酸化した黒ニキビ、炎症を起こした赤ニキビ、化膿した黄ニキビと悪化していきます。

赤ニキビ、黄ニキビまで悪化すると、ニキビが治りにくいだけでなく、ニキビ跡が残りやすくなってしまいます。最悪の場合、クレーターや色素沈着が残り、元の肌の状態に戻せなくなる場合もあります。

胸ニキビをキレイに治して、ドレスや水着も堂々と楽しみたいとお考えの方は、美容皮膚科のフェミークリニックへご相談ください。

美容皮膚科フェミークリニックでは、ニキビ治療の症例が豊富にあり、さまざまなニキビ治療のメニューをご用意しています。初期のニキビ治療はもちろん、赤ニキビや黄ニキビのように悪化してしまったニキビ治療にも対応できます。

ニキビ治療は再発を防止する根本治療が大切。フェミークリニックなら、胸ニキビの根本原因を突き止め、ニキビをできる限り再発させないよう治療を行います。やっかいな胸ニキビをキレイに治療して、美肌の継続をしていきたい方は、フェミークリニックの無料カウンセリングにぜひご相談ください。

フェミークリニック総院長 北山 英美子 (東邦大学医学部卒業 日本形成外科学会所属)

このページの監修医師

フェミークリニック総院長北山 英美子

東邦大学医学部を卒業後、東邦大学形成外科に入局。経験を積んだのち、渋谷フェミークリニックを開院。2006年よりフェミークリニック全6院の総院長を務める。

  • 最終学歴
  • 東邦大学医学部
  • 所属学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本皮膚科学会
ニキビ治療コラム トップへ戻る

各院のご紹介

Introduction

フェミークリニックでは、各院ごとの特徴や治療内容など、患者さまへしっかりとお伝えするために各院ごとに専門サイトをご用意しております。治療メニューの詳細や料金は、各院サイトをご覧ください。※外部サイトへ移動します。