電話予約LINE予約WEB予約
美容皮膚科フェミークリニックTOP医師監修美肌ケアアドバイスシミ治療コラム【シミを取る方法】輝く美肌へ!即効性やエイジング効果を実感できる治療法とは?
prop.template.title

【シミを取る方法】輝く美肌へ!即効性やエイジング効果を実感できる治療法とは?

『シミを取る方法が知りたい』

『シミをキレイに消すには?』

シミが徐々に濃くなってしまい、シミを取る方法でお悩みの方も多いです。自宅やエステで手軽にシミが取れたら嬉しいですよね。しかし、シミは誤ったケアをすると悪化する場合があるため注意が必要です。シミを取る方法は何がベストなのでしょうか?

そこで今回は、2003年の開業以来、シミ治療症例数15万件以上の美容皮膚科フェミークリニックが、シミを取る方法について解説します。

この記事を読めば、即効性やエイジング効果を実感できるシミ治療がわかります。

フェミークリニックでは、シミでお悩みの方のために無料カウンセリングを実施しています。最適な治療プランを無料でご提案しておりますので、どうぞお気軽にご来院ください。

目次
1
シミを取る方法とは?医療機関をおすすめする理由
2
即効性やエイジング効果を実感!フェミークリニックのシミ治療
シミ取りレーザー
レーザートーニング
フォトSR(IPL)
ゼオスキンヘルス
アクシダーム
ケミカルピーリング
レチノールピール
コラーゲンピール
内服・外用薬
3
セルフケアでシミが取れにくい3つの理由
市販品の有効成分は弱いから
シミの見極めが難しいから
セルフケアではアプローチできないシミがあるから
4
エステサロンではシミが取れにくい3つの理由
エステの機械は威力が弱いから
医療的なアプローチができないから
火傷などの肌トラブルのリスクを回避するから
5
シミを薄くするために自分でできることは?
紫外線対策を徹底する
生活習慣を改善する
食事
睡眠
運動
ストレスの発散をする
正しい洗顔・スキンケアを行う
メイクでカバーする
6
【まとめ】シミを取る方法でお悩みの方はフェミークリニックにご相談を
7
シミのよくある質問

シミを取る方法とは?医療機関をおすすめする理由

シミを取る方法とは?医療機関をおすすめする理由

シミを取る場合は、美容皮膚科などの医療機関にかかることをおすすめします。

なぜなら、シミにはいくつもの種類があり、対処法を間違えるとシミは悪化することがあるからです。

シミは複数の種類を併発する場合があり、シミによって適切な対処法も異なります。そのため、市販のシミ取りクリームやフェイシャルエステなどで誤った対処法を行うと、シミが改善するどころか濃くなってしまう可能性があります。

誤った対処法にお金と時間をかけてシミを悪化させては本末転倒です。シミをできるだけキレイに取りたいとお考えであれば、はじめから医療機関でシミ治療を受けていただくことをおすすめします。

即効性やエイジング効果を実感!フェミークリニックのシミ治療

即効性やエイジング効果を実感!フェミークリニックのシミ治療

即効性やエイジング効果を実感できるフェミークリニックのシミ治療をご紹介します。

シミ取りレーザー

シミ取りレーザー

医療機関ならではの強力なレーザー出力で、シミを短期間で除去する治療法です。シミの元となるメラニン色素だけを狙い撃ちし、周囲の細胞にダメージを与えることなくシミを取ることができます。

施術後は保護テープを貼り、かさぶたが取れるまで1~2週間ほどのダウンタイムがありますが、およそ1回の照射で高いシミ改善効果が期待できます。

レーザートーニング

レーザートーニング

レーザートーニングは、低出力のレーザーを肌に均一に照射することで、少しずつシミを改善していく治療です。強い刺激を与えると悪化してしまう肝斑の治療や広範囲の肌の色ムラを改善するために使われる治療法となります。

痛みやダウンタイムがほとんどなく、数回の施術で肌質の改善効果を実感できますので、美肌治療初心者の方や痛みが苦手な方におすすめです。

フォトSR(IPL)

フォトSR(IPL)

フォトSR(IPL)は、光エネルギーを真皮層にまで届け、メラニン色素を分解するとともにコラーゲン生成を促す治療法です。

肌の若返りや引き締め効果も期待でき、痛みやダウンタイムも少ないため、気軽に受けられる治療として人気があります。

ゼオスキンヘルス

ゼオスキンヘルス

ゼオスキンヘルスは、医師がカスタマイズする医療用スキンケア製品です。患者さまの肌質にあわせたケアを行うことで、肌の再生力を高め、シミを根本から改善することを目指したトータルスキンケアプログラムとなっています。

アクシダーム

アクシダーム

アクシダームは、肌に電流を流すことで有効成分を肌の奥深くにまで浸透させる治療です。90%以上という高い経皮浸透率で、「針のない注射器」とも呼ばれています。

さまざまな薬剤を使い分けることで、シミや肝斑の改善はもちろん、ニキビや毛穴、たるみの改善にも効果を発揮できます。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、肌表面の古い角質や汚れを酸の力で除去するピーリング治療です。肌のターンオーバーを正常化し、シミや肝斑、そばかすなどの改善に効果を発揮します。

ニキビやニキビ跡、毛穴の改善も期待できるため、肌トラブルを解決する治療法として人気があります。薬剤はサリチル酸マクロゴール、グリコール酸、乳酸の3種類をご用意し、患者さまの肌質によって使い分けていきます。

レチノールピール

レチノールピール

レチノールピールは、レチノール(ビタミンA誘導体)を主成分とするピーリング治療です。肌のターンオーバーを促進し、メラニン色素の排出を促します。メラノサイトの活性化も抑制できるため、新たなシミが作られるのを防ぐ効果もあります。

ニキビやニキビ跡の改善、高いエイジング効果も期待できるので、肌の調子やハリつやが気になる方にもおすすめの治療法です。

コラーゲンピール

コラーゲンピール

コラーゲンピールは、肌の奥にある真皮層にまで薬剤(PRX-T33)を浸透させ、コラーゲン生成を促進するピーリング治療です。肌の内側からハリと弾力を高め、ふっくらした若々しい美肌を目指します。

肌の負担が少なく、施術直後から美肌効果を実感できるため、非常に人気の高い治療法となっています。複数回の施術を受けていただくことで、治療効果を長く持続することも可能です。

内服・外用薬

内服・外用薬

シミの改善に有効な飲み薬のシナール(ビタミンC)やトランサミン(トラネキサム酸)、外用薬のハイドロキノン・レチノールなどを処方することが可能です。

他の美肌治療と組み合わせることで、高い相乗効果が生まれ、シミを効率的に改善することが期待できます。

セルフケアでシミが取れにくい3つの理由

セルフケアでシミが取れにくい3つの理由

そもそも、なぜセルフケアではシミが取れにくいのでしょうか?それには3つの理由があります。

● 市販品の有効成分は弱いから

● シミの見極めが難しいから

● セルフケアではアプローチできないシミがあるから

それぞれを解説します。

市販品の有効成分は弱いから

セルフケアでシミが取れにくい1つ目の理由は、市販品の有効成分は弱いからです。
 
市販されている美白製品には、シミに効果があるとされる成分が含まれていますが、その濃度は非常に低く設定されています。これは、一般の消費者が安全に使用できるように、刺激が少なく、副作用のリスクを最小限に抑えるためです。
 
また、医療用に許可されている成分であっても、市販品には含むことができないものも多くあります。例えば、シミに効果的とされている「トレチノイン」という成分は、日本では医療機関でのみ処方が可能です。「トレチノイン」を含む治療薬は市販で購入することはできません。(※ネット通販や個人輸入で入手することは副作用のリスクがあります。)
 
市販のシミ治療薬には、シミに有効な成分が弱かったり、医療用の成分を含めることができなかったりするため、セルフケアで十分な効果を得ることが難しくなっています。

シミの見極めが難しいから

セルフケアでシミが取れにくい2つ目の理由は、シミの見極めが難しいからです。
 
シミには様々な種類があり、それぞれ原因や適切な治療法が異なります。シミは複数種類が混在することも多く、シミの見極めは非常に難しいため、誤ったセルフケアでシミを悪化させる可能性があります。
 
例えば、老人性色素斑の下に肝斑が隠れている場合があります。市販のシミ取りクリームなどで刺激を与えてしまうと、肝斑が悪化してシミが濃くなってしまう可能性があります。
 
シミの見極めは非常に難しいため、正確な診断と治療を行うには、美容皮膚科などの医療機関を受診することをおすすめします

セルフケアではアプローチできないシミがあるから

セルフケアでシミが取れにくい3つ目の理由は、セルフケアではアプローチできないシミがあるからです。
 
シミの種類の中でも、そばかす(雀卵斑)や脂漏性角化症、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)は、そもそもセルフケアでは改善ができません。
 
そばかすの原因は遺伝による影響が大きく、セルフケアで遺伝的影響にアプローチすることはできません。また、脂漏性角化症はCO2レーザーで削る必要があり、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)はシミではなく肌の奥の真皮層にできたアザであるため、いずれも医療的なアプローチが必要です。
 
セルフケアでシミを薄くできる可能性があるのは、肌の表面部分に残るメラニン色素に対するアプローチに限られます。セルフケアでアプローチできないシミの改善には、医療機関で治療を行う必要があります。

エステサロンではシミが取れにくい3つの理由

エステサロンではシミが取れにくい3つの理由

エステサロンでシミが取れにくい理由は以下の3つです。

● エステの機械は威力が弱いから

● 医療的なアプローチができないから

● やけどなどの肌トラブルのリスクを回避するから

それぞれを解説します。

エステの機械は威力が弱いから

エステサロンでシミが取れにくい1つ目の理由は、エステの機械は威力が弱いからです。

エステサロンで使用される機器は、医療機関で使用されるものに比べて出力が低く設定されています。エステは医療機関ではないため、医師や看護師が常駐しません。そのため、出力の強い機械は使用できないのです。

エステのシミ治療で使われるフォトフェイシャルは、医療用のものに比べて効果が低いため、医療機関よりも何度も施術しなければいけません。また、エステサロンではそもそもレーザー治療が行えないため、医療機関であれば1~2回の施術で完了するシミでも、何回も施術する必要があります。

エステサロンの機械は威力が弱いため、深い層のシミや頑固なシミに対しては効果がほとんどありません。肌表面のシミであっても、威力が弱いため何度も通う必要があります。

医療的なアプローチができないから

エステサロンでシミが取れにくい2つ目の理由は、医療的なアプローチができないからです。

エステサロンは医療機関ではないため、医療行為にあたる治療は提供できません。例えば、医療用のレーザー治療機器や医療用の薬剤を用いた治療などをエステサロンで行うことは禁止されています。

シミに対する医療的なアプローチができないため、エステサロンでシミを根本から解消することは難しいです。そのため、エステサロンではシミが取れにくいのです。

火傷などの肌トラブルのリスクを回避するから

エステサロンでシミが取れにくい3つ目の理由は、火傷などの肌トラブルのリスクを回避するからです。

エステサロンは医療機関ではないため、火傷などの肌トラブルのリスクを回避する必要があります。火傷などの肌トラブルのリスクを回避するためには、シミに対するアプローチを弱める必要があります。その結果、シミが取れにくくなるのです。

万が一、火傷などの肌トラブルが発生した場合、エステサロンでは応急処置しかできないため、治療するためには自分で医療機関に行く必要があります。

一方、医療機関であれば、医師や看護師が常駐するため、すぐに適切な治療をすることが可能です。できるだけ効果的に早くシミを取るには、セルフケアやエステサロンではなく、医療機関である美容皮膚科などがおすすめです。

シミを薄くするために自分でできることは?

シミを薄くするために自分でできることは?

セルフケアで可能な限りシミを薄くするための対策として、以下の5つをご紹介します。

● 紫外線対策を徹底する

● 生活習慣を改善する

● ストレスの発散をする

● 正しい洗顔・スキンケアを行う

● メイクでカバーする

それぞれを解説します。

紫外線対策を徹底する

紫外線対策を徹底する

シミを薄くするために、まずは紫外線対策を徹底していきましょう。

シミの主な原因は紫外線です。紫外線を浴びた肌は、有害な紫外線から肌を守るために、メラノサイトからメラニン色素を生成します。生成されたメラニン色素は、肌のターンオーバーによって体外に排出されたり、体内に吸収されたりして徐々に元の肌色に戻っていきます。

しかし、加齢やストレス、ホルモンバランスの乱れなどで肌のターンオーバーが衰えると、排出しきれなかったメラニン色素が肌の内側に定着してシミとして残るようになります。

そのため、紫外線対策を徹底して新たなシミの元を作らないようにすることが大切です。

紫外線から肌を守るためには、1年を通して日焼け止めを使用し、帽子やサングラス、日傘なども使って、肌へ日光が当たらないようにしていきましょう。室内の窓際や曇りの日にも紫外線は降り注いでいるため、日常的に対策を行うことが大切です。なるべく日陰を選んで歩く、日中の長時間の外出や運動を可能なかぎり控えるようにするのもおすすめです。

生活習慣を改善する

生活習慣を改善する

シミを薄くするためには、生活習慣を改善することも有効です。食事、睡眠、運動の基本的な生活習慣を見直していきましょう。

食事

栄養バランスの取れた食事は、肌のターンオーバーを整え、健康な美肌を作ることができます。肉や魚、大豆などのタンパク質、特にビタミンCやEを多く含む野菜や果物、海藻やきのこ、ナッツなどの食物繊維が豊富な食品を多く食べましょう。

栄養バランスを整えるためには、外食やインスタント食品、甘いジュースやお菓子はできるだけ控え、なるべく自炊をするのがおすすめです。1日3食を規則正しく食べ、よく噛んでゆっくり食べることで胃腸の負担が減り、肌の調子もアップしていきます。

睡眠

質の良い睡眠は、肌の再生と健康をサポートする重要な役目があります。睡眠中に分泌される成長ホルモンは、肌細胞の修復やターンオーバーを活発にし、シミを改善することができます。

1日7~8時間の睡眠時間を確保することで、心身をリラックスさせ、ストレスを低減する効果もあります。どんなに忙しくても、睡眠時間を削らないようにしていきましょう。

運動

適度な運動は血行を促進し、肌の再生や健康をサポートします。運動によってストレスも発散され、気分が落ち着き、肌のターンオーバーが正常化。シミを薄くしたり、できにくくしたりする効果が期待できます。

1日30分程度の軽い有酸素運動を習慣化し、肌の健康を促進していきましょう。運動する時間が取れない場合は、1駅歩いてみたり、なるべく階段を使ったりすることで、運動量を増やすことができます。ウォーキングやジョギング、ストレッチなど、無理なく続けられる運動が良いでしょう。

ストレスの発散をする

ストレスの発散をする

ストレスはホルモンバランスを乱し、肌トラブルの原因となります。ストレスを感じたときは、趣味の時間を持つ、家族や友人との団らんを楽しむ、深呼吸やストレッチをするなど、自分にあった方法でストレスを発散させましょう。リラックスすることで肌のターンオーバーが活性化し、シミの予防や改善につながります。

強いプレッシャーのかかる仕事や複雑な人間関係からはできるだけ距離を置き、ストレスから心身を守るようにしていきましょう。

正しい洗顔・スキンケアを行う

正しい洗顔・スキンケアを行う

過剰な洗顔は肌の必要な油分を取り除き、乾燥や肌荒れの原因になります。しっかりホイップした泡でやさしく洗顔する、洗浄力がマイルドな弱酸性の洗顔料を使用する、洗顔後はしっかりと保湿をするなど、正しい洗顔やスキンケアを行いましょう。

肌をごしごしと擦らない、メイクや汚れを残さないようにしっかりとすすぎ洗いをする、清潔なタオルを使うことも心がけていきましょう。

メイクでカバーする

メイクでカバーする

メイクでカバーすれば、シミを薄く見せることも可能です。

カラーコントロール(CC)クリームやコンシーラーを使用してシミをカバーし、ファンデーションで自然な肌色を整えます。ただし、メイクはあくまで一時的な対策であり、肌への負担を最小限に抑えることが大切。また、メイクをする際には、肌を擦らないように注意して、シミを増やさないように気をつけましょう。

夜はしっかりとメイクを落とし、肌を十分に休ませることも大切です。

上記のような対策で、シミを薄くすることは可能です。しかし、シミの根本原因にアプローチし、肌の奥からシミを取り除くためには、医療機関によるシミ治療が欠かせません。

シミのない輝く美肌を目指したい方は、美容皮膚科フェミークリニックまでご相談ください。

【まとめ】シミを取る方法でお悩みの方はフェミークリニックにご相談を

シミを取る方法でお悩みの方はフェミークリニックにご相談を

今回は、シミを取る方法について解説しました。

シミには複数の種類があり、原因や治療法が異なるため、セルフケアやエステサロンの施術では改善が難しい場合が多いです。また、誤ったケアでシミを悪化させてしまう場合もあるため、美容皮膚科などの医療機関でシミ治療を行うことをおすすめします。

医療機関であれば、複雑なシミの原因も正確に見極め、最適な治療を選択することができます。シミでお悩みの方は、美容皮膚科フェミークリニックまでご相談ください。

フェミークリニックは、2003年の開業以来、シミ治療症例数15万件以上の実績があり、治りにくいシミでも効果的な改善が期待できます。新宿、渋谷、池袋、銀座、大阪梅田、心斎橋、天王寺の各院では、無料カウンセリングを実施していますので、どうぞお気軽にご来院ください。最適な治療プランを無料でご提案いたします。

シミのよくある質問

シミのよくある質問

シミに関するよくある質問をまとめました。

顔のシミはどうしたら取れますか?

医療機関であれば、医療用のレーザー治療やピーリング治療、投薬治療によって効果的なシミ改善が期待できます。シミをできるだけキレイに取るには、医療機関での治療とあわせて日焼け対策や生活習慣の改善、ストレス発散なども心がけましょう。

シミにはさまざまな種類があり、その原因や治療法が異なりますので、シミを悪化させないためにも医療機関での治療をおすすめします。美容皮膚科フェミークリニックでは、シミでお悩みの方のために無料カウンセリングを実施しておりますので、どうぞお気軽にご来院ください。

できてしまったシミは消えますか?

シミの種類や深さによりますが、医療機関によるシミ治療であれば大幅な改善が期待できます。ただし、シミの濃さや肌の状態によっては、完全に消すことが難しい場合もあります。

できるだけキレイにシミを消したい場合は、早めに治療を開始することをおすすめします。

時間が経ってしまったシミはどうやって落としますか?

発生から時間が経ってしまったシミを取るには、レーザー治療やピーリング治療、投薬治療などを組み合わせてシミの原因にアプローチしていきます。同時に紫外線対策や生活習慣の改善、ストレスの発散なども行っていくことが大切です。

時間が経ってしまったシミでも、根気強く治療を続ければ改善が期待できます。まずはフェミークリニックの無料カウンセリングでシミの状態をご相談ください。

なんのシミか分からないけどどうすればいい?

シミの種類を判断できない場合は、医療機関で正確な診断を受けていただくことをおすすめします。シミは複数種類を併発することも多く、非常に見極めが難しいです。誤ったセルフケアでシミを悪化させないためにも、美容皮膚科などの医療機関での治療をおすすめします。

ビタミンCでシミは消えますか?

ビタミンCは肌の明るさを促進し、シミを薄くする効果が期待できます。ただし、ビタミンCの摂取だけでシミを消すことは難しいと思われます。その他のビタミン類やタンパク質、食物繊維などの栄養素をバランスよく摂取し、十分な睡眠時間を確保することや適度な運動の習慣もシミ改善には欠かせません。

こうした生活習慣の改善とともに、医療機関でのシミ治療を並行して行えば、シミの大幅な改善が期待できます。

シミを早く消す方法はありますか?

シミを早く消すためには、医療用のレーザー治療が効果的です。老人性色素斑などの輪郭がはっきりしたシミであれば、1回の治療で大幅な改善が期待できます。

ただし、シミには複数の種類があり、レーザー治療が適しない場合もあります。また、シミを早く消すことよりも、肌質を内側から改善することが大切な場合もありますので、医療機関でシミの種類を見極めたうえで、適切な治療を受けることが大切です。

医療機関での治療とあわせて日焼け対策や生活習慣の改善、ストレスの発散なども行えば、より効果的にシミを改善することができるでしょう。

シミができやすい人の特徴は?

シミができやすい人の特徴は、色白肌の方、10代の頃に日焼けをしていた方、加齢やストレスなどの影響でホルモンバランスが乱れがちな方、妊娠・出産、栄養バランスが偏った食事や睡眠不足、運動不足などの生活習慣が乱れがちな方です。

ただし、シミができる原因を正確に見極め、根気強く治療を続ければ、シミは改善が期待できます。シミでお悩みの方はフェミークリニックまでご相談ください。

フェミークリニック総院長 北山 英美子 (東邦大学医学部卒業 undefined所属)

このページの監修医師

フェミークリニック総院長北山 英美子

東邦大学医学部を卒業後、東邦大学形成外科に入局。経験を積んだのち、渋谷フェミークリニックを開院。2006年よりフェミークリニック全7院の総院長を務める。

  • 最終学歴
  • 東邦大学医学部
  • 所属学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本皮膚科学会
シミ治療コラム トップへ戻る

各院のご紹介

Introduction

フェミークリニックは、東京4院、大阪3院ございます。

各院ごとの特徴や治療内容など、患者さまへしっかりとお伝えするために各院ごとに専門サイトをご用意しております。

治療メニューの詳細や料金は、各院サイトをご覧ください。

※外部サイトへ移動します。