電話予約LINE予約WEB予約

こんなお悩みをお持ちの方におすすめ!

肌のハリがなくなってきた

小じわが気になる

シミやすくみが気になる

ニキビ・ニキビ跡を改善したい

レチノールピールで 新陳代謝を促進&美肌力アップ!

レチノールピール

レチノールピールは、加齢によって起こりやすい肌トラブルに効果を発揮する「レチノール」を主成分とするピーリング治療です。

レチノールとはビタミンAの一種で、加齢によって滞りがちなお肌のターンオーバー(新陳代謝)を正常化するとともに、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進させ、シワやハリの改善や、シミ・くすみ改善といった皮膚の色調を明るく整える効果があります。

体内のビタミンAは、光⽼化や加齢により減少し、ビタミンAが減るとバリア機能の低下や肌トラブルを引き起こします。

ピーリング効果で余分な角質を除去しつつレチノールを肌に浸透させることで、年齢肌に⾼い美容効果を発揮します。

「レチノールピール」は、年齢を重ねたことでなんとなくお肌の調子が悪いと感じている方に試してほしい施術です。

1回の施術でも効果を実感できるため、さらなる美容効果を求めて定期的に通われる患者さまが増えた治療の1つです。

【正しい毛穴ケア・角質ケア】ピーリング選びについて美容皮膚科医が徹底解説

【正しい毛穴ケア・角質ケア】ピーリング選びについて美容皮膚科医 北山先生が徹底解説します。正しいピーリング剤を使うことでお悩みの肌トラブルを防いだり、解消することができるかもしれません。

レチノールピールの効果

ターンオーバーを促進し、エイジングケア効果を発揮します。

レチノールピールの効果

レチノールピールに配合された「レチナール」「レチノール」「レチニール」の3つの物質は、それぞれ直後の効果、活性・持続型効果、貯蓄・遅延型効果があり、3つの役割で力を発揮することで、継続的な効果をもたらします。

肌にハリを与えるコラーゲンの生成を促進するだけでなく、シミの原因となるメラノサイトの活動を調整し、美白効果が期待できます。

さらに、お肌のバリア機能を整え、乾燥や赤み、くすみを改善したり、皮脂の分泌を抑え皮脂量をコントロールする効果があります。

レチノール

レチノイン酸へ変化し、お肌に美肌効果をもたらします。

レチニール

体内でレチナールやレチニールに変化し、継続的にお肌へ働きかけます。

レチナール

レチナール誘導体。お肌に有効成分を留め、美肌効果を維持します。

レチノールの効果を高める 2つの成分

レチノールピールにはレチノールの他にも2種類の成分が配合されています。

亜鉛

細胞を傷つける有害な成分「フリーラジカル」からお肌を守る作用があります。

ヒアルロン酸

レチノールを助け、新たなヒアルロン酸の生成を促します。

undefined症例 Before矢印undefined症例 After

年齢

40代

治療内容

ダーマペン・レチノールピール

リスク・副作用

肌の⾚み、ひりつき、乾燥、かゆみ、薄い皮むけ(施術2、3⽇後〜1週間)などがみられる場合があります。

費用目安

¥33,000(税込)

レチノールピールを受けられない可能性がある方

以下の項目に当てはまる場合は、レチノールピールでの治療を受けられない可能性があります。

・ヘルペスウイルスの方

・妊娠の可能性がある方

・妊娠中、および授乳中の方

また、以下の薬剤の使用している方は前後2週間使用は控えてください

・ゼオスキンなどのビタミンA製品を使用している方

・レーザー治療中の方

・トレチノインやハイドロキノンを使用している方

・剥離作用のある外用薬を使用している方

レチノールピールの副作用・注意点

フェミークリニック北山総院長

肌の⾚み、乾燥、ひりつき、かゆみ、薄い皮むけ(施術2、3⽇後〜1週間)がみられることがあります。

レチノールピールの料金

レチノールピール

1回

5回

顔全体

¥16,500

¥77,000

レチノールピールと相性の良い治療

レチノールピールと相性の良い治療

肌質や症状は患者様一人ひとり異なります。

患者様の肌質を根本改善し、美肌を継続していただくために、美容皮膚科フェミークリニックでは、カウンセリングや診療のお時間を大切にしています。

「同じ治療を継続したほうがよい」

「複数の治療を併用したほうが良い」

一人ひとりにあわせた治療プランを提案しています。

レチノールピールのよくある質問

レチノールピールの施術時間はどのくらいですか?

レチノールピールの施術時間は15分程度です。

レチノールピールを受ける前の注意点を教えてください。

レチノイン(トレチノイン)の使用や、剥離作用のある治療・外用を行っている場合は2週間空けていただくようお願いしています。

ゼオスキンのセラピューティックも中止してから2週間後にお受けいただけます。

ダウンタイムはありますか?

レチノールピールの施術翌日から1週間程度は、赤み・乾燥・つっぱり感があります。また、施術2日後くらいから皮むけの症状がでてきます。1週間程度で落ち着いてきますので、無理に剥がしたりしないでください。

施術中に痛みはありますか?

痛みはほとんどありません。まれに、ヒリヒリ感やピリピリ感を感じる方もいらっしゃいます。

施術後に気を付けることはありますか?

レチノールピールの薬剤を塗布したままご帰宅いただきます。マスクやお洋服に薬剤が付着しますので、使い捨てのマスクや汚れても良い服装でご来店ください。

アフターケアはどうすればいいでしょうか?

当院では、1週間分の保湿剤を処方しています。施術当日から1週間程度は続けてお使いください。また、治療後はお肌がデリケートな状態になっていますので、紫外と保湿対策を念入りにおこなってください。

フェミークリニック総院長 北山 英美子 (東邦大学医学部卒業 日本形成外科学会所属)

このページの監修医師

フェミークリニック総院長北山 英美子

東邦大学医学部を卒業後、東邦大学形成外科に入局。経験を積んだのち、渋谷フェミークリニックを開院。2006年よりフェミークリニック全6院の総院長を務める。

  • 最終学歴
  • 東邦大学医学部
  • 所属学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本皮膚科学会

各院のご紹介

Introduction

フェミークリニックでは、各院ごとの特徴や治療内容など、患者さまへしっかりとお伝えするために各院ごとに専門サイトをご用意しております。治療メニューの詳細や料金は、各院サイトをご覧ください。※外部サイトへ移動します。