電話予約LINE予約WEB予約
美容皮膚科フェミークリニックTOP医師監修美肌ケアアドバイスシミ治療コラムシミ取りレーザーのダウンタイムとは?痛みが少なくテープも不要なシミ治療も解説
prop.template.title

シミ取りレーザーのダウンタイムとは?痛みが少なくテープも不要なシミ治療も解説

『シミ取りレーザーのダウンタイムはどのくらい?』

『ダウンタイムの少ない治療法は?』

シミ取りレーザーは非常に効果の高い治療法となります。しかし、痛みやダウンタイムが気になってしまい、治療に踏み切れない方も多いです。シミ取りレーザーの施術後はどんな状態になり、どんな過ごし方をすれば良いのでしょうか?ダウンタイムが不安な場合、シミ取りレーザー以外の選択肢はないのでしょうか?

そこで今回は、2003年の開業以来、シミ治療症例数15万件以上の美容皮膚科フェミークリニックが、シミ取りレーザーのダウンタイムについて解説します。

この記事を読めば、痛みやダウンタイムの少ないシミ治療もわかります。

フェミークリニックでは、シミでお悩みの方のために無料カウンセリングを実施しています。最適な治療プランを無料でご提案しておりますので、どうぞお気軽にご来院ください。

目次
1
シミ取りレーザーのダウンタイムについて
シミ取りレーザーのダウンタイムはどのくらい?
大人気!フェミークリニックの「シミ取り治療」の全貌に密着!
シミ取りレーザーの痛みは?
シミ取りレーザーのダウンタイムの過ごし方や注意点は?
シミ取りレーザーのダウンタイムをできるだけ少なくするには?
2
シミ取りレーザーよりダウンタイムの少ないシミ治療法は?
レーザートーニング
フォトSR(IPL)
ケミカルピーリング
アクシダーム
コラーゲンピール
3
【まとめ】シミ取りレーザーのダウンタイムでお悩みの方はフェミークリニックへご相談を
4
シミ取りレーザーに関するよくある質問

シミ取りレーザーのダウンタイムについて

シミ取りレーザーのダウンタイムについて

シミ取りレーザーは、強力な医療レーザーをシミに照射し、シミの原因であるメラニン色素を破壊することで、シミを体外に排出して改善する治療法です。輪郭のはっきりした色の濃いシミであれば、1回の治療で大幅な改善が期待できるほど効果の高い治療となります。
 
一方、シミ取りレーザーの出力は強力であるため、施術後にダウンタイムが生じます。ダウンタイムとは、施術で傷ついた患部や心身の状態が通常通りの生活に戻れるまでに必要な期間をいいます。

シミ取りレーザーのダウンタイムはどのくらい?

シミ取りレーザーのダウンタイムはどのくらい?

シミ取りレーザーのダウンタイムは、10日前後です。当日から洗顔、シャワー、患部以外のメイクは可能ですし、翌日からは飲酒もOKとなります。シミ取りレーザーは、仕事や学業、家事などを長期で休む必要がなく、深刻なダウンタイムを過ごす心配はほとんどありません。
 
ただし、施術後の患部は擦り傷のような状態となりますので、物理的な刺激や紫外線から患部を守るために、1週間~10日程度は保護テープを貼っていただきます。患部には、赤みやほてりを感じる場合がありますが、患部の肌は擦らないようにご注意ください。

かさぶた

また、施術後2~3日で患部に瘡蓋(かさぶた)ができはじめますが、瘡蓋は無理に剥がそうとせず、自然に剥がれ落ちるのをお待ちください。ダウンタイム中は、ご自宅で患部のケアができるように、軟膏と保護テープをお渡しします。

ダウンタイム

10日から2週間ほどで瘡蓋とともにシミが剥がれ落ち、新しい肌に生まれ変わります。赤みが残る場合がありますが、2~3カ月ほどで症状が落ち着きますので、引き続き保湿や紫外線対策を徹底し、摩擦にもご注意ください。

フェミークリニックでは、痛みやダウンタイムの少ないシミ治療をご提案しています。

● シミ取りレーザーはどんな治療なの?

● フェミークリニックではどんな手順でシミ治療を行うの?

● シミ取り治療のアフターケアは?

そんな疑問や不安をお持ちの方は、こちらの動画をぜひ参考にしてみてください。

大人気!フェミークリニックの「シミ取り治療」の全貌に密着!

シミ取りレーザーの痛みは?

シミ取りレーザーの痛みは?

シミ取りレーザーの痛みは、パチパチとした輪ゴムではじかれるような軽い刺激となります。我慢できないような激しい痛みを感じることはありませんが、初めてシミ取りレーザーを照射する瞬間は不安を感じてしまうかもしれません。
 
フェミークリニックでは、シミ取りレーザーの痛みや不安をできるだけ軽減できるよう、レーザー出力や照射スピードの調整を行っております。また、こまめにお声がけすることで、患者さまの痛みや不安に寄り添った施術を行っていきます。

シミ取りレーザーは、耐えられない痛みではありません。そのため、多くの患者さまは麻酔なしで施術を行っています。しかし、どうしても痛みや不安に耐えられないという場合には、麻酔クリーム(別料金)のご用意もあります。麻酔クリームを使えば、施術中に痛みを感じることはほとんどありませんので、安心して治療が受けられます。
 
シミ取りレーザーの痛みに不安を感じる方は、フェミークリニックまでお気軽にご相談ください。痛みや不安をできるだけ軽減できるよう、最大限の配慮を行いながらシミ治療を行っていきます。

シミ取りレーザーのダウンタイムの過ごし方や注意点は?

シミ取りレーザーのダウンタイムの過ごし方や注意点は?

シミ取りレーザーの施術後は、一時的に肌のバリア機能が低下しています。そのため、ダウンタイム中は以下の点に注意しながらお過ごしください。

● 瘡蓋が取れるまで保護テープを貼る

● 瘡蓋は無理に剥がさない

● 保湿や紫外線対策を徹底する

● 患部を触ったり擦ったりしない

● 痛みを感じる場合は医師に相談する

ダウンタイム中は、シミ取りレーザーを照射した部分に瘡蓋ができます。10日ほどで自然に剥がれ落ちますので、無理に瘡蓋を剥がさないようにしてください。患部は非常にデリケートな状態になっていますので、保湿や紫外線対策を徹底して行いましょう。
 
患部を触ったり擦ったりすると、傷がついたり色素沈着が残ったりするリスクがあるため、できるだけ摩擦や刺激を与えないようにご注意ください。なお、患部に痛みを感じる場合やダウンタイム中に不安を感じる場合は、遠慮なく担当医までご相談ください。
 
フェミークリニックでは、シミ取りレーザーの施術後10日~2週間後に再度ご来院いただき、経過の観察と今後のホームケアのアドバイスなどをさせていただいております。再診料は無料ですので、施術後も安心して気になる点をご相談いただけます。

シミ取りレーザーのダウンタイムをできるだけ少なくするには?

シミ取りレーザーのダウンタイムをできるだけ少なくするには?

シミ取りレーザーのダウンタイムをできるだけ少なくするには、施術前後のスキンケアがとても大切です。特に、施術前には紫外線対策を徹底して行い、日焼けをしないようにご注意ください。
 
日焼けをしてしまうと、肌表面のメラニン色素にシミ取りレーザーが反応してしまい、痛みを感じやすくなる場合があるからです。また、シミ取りレーザーの威力が分散され、シミの治療効果が低下する可能性もあります。そのため、シミ取りレーザーの施術前には日焼けをしないように、紫外線対策をしっかりと行っていただくことをおすすめします。

また、施術後も保湿や紫外線対策を徹底していただくことで、患部のスムーズな回復が期待できます。ダウンタイム中でも運動や飲酒は可能ですが、できればなるべく控えていただく方が炎症や痛みのリスクを低減できると思います。
 
ダウンタイム中のスキンケアや生活習慣のアドバイスは、いつでもフェミークリニックまでご相談ください。医師や看護師がお悩みやご不安をしっかりと聞き取り、最適なアドバイスをさせていただきます。
 
シミ取りレーザーによる治療をご検討中の方は、まずはフェミークリニックの無料カウンセリングをご利用ください。患者さまの症状や肌質を医師が見極め、最適な治療プランを無料でご提案いたします。ダウンタイム中の過ごし方やシミ取りレーザーの痛みなど、不安な点や疑問点も遠慮なくご質問ください。
 
シミ取りレーザーは、強力な医療用のレーザーを使うことで、輪郭のはっきりした色の濃いシミなら1回の治療で大幅な改善が期待できます。また、薄く広がるシミであっても、さまざまな治療メニューを組み合わせることで、若々しい明るい素肌を目指すことが可能です。
 
フェミークリニックの無料カウンセリングは、新宿、渋谷、池袋、銀座、大阪梅田、心斎橋の5院で受け付けております。どうぞお気軽にご来院ください。

シミ取りレーザーよりダウンタイムの少ないシミ治療法は?

シミ取りレーザーよりダウンタイムの少ないシミ治療法は?

フェミークリニックでは、シミ取りレーザーよりもダウンタイムが少ないシミ治療メニューも多数取り揃えています。シミ取りレーザーのような即効性は期待できませんが、痛みが少なく、保護テープも不要となります。
 
シミはしっかりと治したいけれど、シミ取りレーザーの痛みやダウンタイムが不安で治療に踏み切れないという患者さまは、ぜひフェミークリニックへご相談ください。

レーザートーニング

レーザートーニング

レーザートーニングは、低出力のレーザーを広範囲かつ均一に照射することで、シミの原因となるメラニン色素を分解する治療法です。肌への刺激が弱く、瘡蓋もできないため、施術中の痛みや治療後のダウンタイムはほとんどありません。
 
施術後に赤みが出る場合もありますが、数日で症状は改善します。保護テープを貼る必要がないので、人目を気にして過ごす必要もありません。
 
レーザートーニングにはシミ取りレーザーのような即効性はありませんが、複数回の施術を繰り返すことで、肌のハリつや感のアップや肌色のトーンアップも期待できる嬉しい美肌治療です。

フォトSR(IPL)

フォトSR(IPL)

フォトSR(IPL)は、光エネルギーを広範囲に照射し、シミの原因であるメラニン色素を破壊します。また、肌の奥にある真皮層にまで熱を届けることができるので、コラーゲン生成も促進され、シミを効率的に改善することができる治療法です。施術時は冷却機能が働くため、痛みやダウンタイムがほとんどないというのも大きなメリットです。
 
フォトSR(IPL)の効き目はマイルドであるため、シミ取りレーザーのような即効性はありません。しかし、複数回の施術を繰り返せば、肌のハリやつやが回復し、若々しい弾力のある肌を目指せます。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、酸性の薬剤を使って古い角質や毛穴に詰まった皮脂を除去し、肌のターンオーバーを促進する治療法です。肌表面の角質層にのみ作用するため、肌を傷つけるリスクがなく、ダウンタイムや副作用もほとんどありません。シミはもちろん、ニキビやニキビ跡、しわ、たるみ、毛穴の開きなどの改善も期待できます。
 
フェミークリニックのケミカルピーリングでは3種類の薬剤をご用意しています。グリコール酸と乳酸は、当日から入浴とメイクが可能です。サリチル酸マクロゴールについては、治療後12時間は入浴やメイクはお控えいただきます。

アクシダーム

アクシダーム

アクシダームは、電流の力を使って薬剤を肌の奥にまで浸透させる治療法です。微弱な電流を使うため、痛みはほとんどありません。施術後のダウンタイムもほとんどありませんので、お仕事が休めない方や人と会う予定がある方にもおすすめの治療法です。
 
イオン導入の経皮吸収率は10%程度でしたが、アクシダームの経皮吸収率は90%以上を誇ります。アクシダームは薬剤を効率的に患部に届けることができるので、非常に効果的な美肌改善が期待できます。フェミークリニックでは、患者さまの症状や肌質にあわせてさまざまな薬剤をご用意していますので、シミ以外の肌トラブルでお悩みの方もお気軽にご相談ください。

コラーゲンピール

コラーゲンピール

コラーゲンピールは、コラーゲン生成を促進する薬剤(PRX-T33)をマッサージしながら肌の奥に浸透させる治療法です。肌表面を剥離せずに有効成分を浸透させていきますので、皮むけやひりつき、赤みなどのリスクが少なく、痛みやダウンタイムはほとんどありません。
 
コラーゲンピールに含まれるコウジ酸は、メラニン色素の沈着を防いだり、メラニン色素の生成を予防したりする効果があります。これにより、シミやくすみの改善が期待できます。1回の治療でもハリつや感のアップを実感していただけますが、複数回の施術を繰り返すことで若々しい明るい美肌を目指すことができます。

フェミークリニックでは、痛みやダウンタイムを抑えたシミ治療メニューもご用意しています。シミ取りレーザーとの違いやそれぞれの効果にご興味のある方は、無料カウンセリングをご利用ください。

【まとめ】シミ取りレーザーのダウンタイムでお悩みの方はフェミークリニックへご相談を

【まとめ】シミ取りレーザーのダウンタイムでお悩みの方はフェミークリニックへご相談を

今回は、シミ取りレーザーのダウンタイムについて解説しました。
 
シミ取りレーザーのダウンタイムは、10日前後となります。施術後は患部を刺激から守るために、保護テープを貼っていただきます。施術後2~3日後に患部に瘡蓋ができますので、自然に剥がれ落ちるまで保護テープは継続してください。
 
保護テープを貼っていただく必要はありますが、当日からメイクや洗顔、シャワーは可能です。翌日からは飲酒も可能となります。

シミ取りレーザーのダウンタイム中の症状は、赤みやひりつき、軽い痛みなどで済む場合がほとんどですが、強い痛みや不安を感じる場合はすぐに医師までご相談ください。
 
フェミークリニックでは、痛みやダウンタイムが少ないシミ治療をご提供しています。施術後も医師や看護師がしっかりとアフターフォローしますので、安心してシミ治療をお任せいただけます。
 
フェミークリニックは、2003年の開業以来、シミ治療症例数15万件以上の実績があるため、セルフケアやエステサロンではなかなか消えないシミも大幅な改善が期待できます。無料カウンセリングでは、患者さまの症状や肌質を医師が正確に見極め、最適な治療プランを無料でご提案しております。どうぞお気軽にご来院ください。

シミ取りレーザーに関するよくある質問

シミ取りレーザーに関する

シミ取りレーザーに関するよくある質問をまとめました。

シミ取りレーザーのダウンタイムは何日くらいですか?

シミ取りレーザーのダウンタイムは、10日前後です。シミの大きさや濃さ、肌質や年齢によって、ダウンタイムの長さは変わる場合があります。

シミ取りレーザーのダウンタイム中は、患部に保護テープを貼っていただきます。瘡蓋ができますので、自然に剥がれ落ちるまで患部には触らないでください。

シミ取りレーザーの瘡蓋は何日で取れますか?

シミ取りレーザー後の瘡蓋は、施術後1週間程度で自然に剥がれ落ちます。ダウンタイム中は、瘡蓋を無理に剥がさないでください。また、一時的に肌のバリア機能が低下していますので、保湿や紫外線対策をしっかりと行いましょう。

シミ取りレーザーは、いつから外出できますか?

シミ取りレーザーは、施術当日から洗顔、シャワー、患部以外のメイクが可能です。飲酒は翌日から可能なほど、ダウンタイムが少ない治療法となります。施術後は2週間程度保護テープを貼る必要がありますが、外出などは問題がなく、通常通りの生活を送っていただくことが可能です。

ただし、施術後の患部はデリケートな状態であるため、保湿や紫外線対策をしっかりと行ってください。瘡蓋が取れるまでは保護テープを継続していただきます。

シミ取りレーザー後に保護テープを貼らないとどうなりますか?

シミ取りレーザー後に保護テープを貼らない場合、瘡蓋が途中で取れて、患部に炎症や色素沈着が生じる恐れがあります。また、紫外線を浴びてしまうと、新たなシミが発生するリスクも高いです。

シミ取りレーザーを行ったのに、新しいシミやくすみができてしまっては元も子もありません。瘡蓋が自然に剥がれ落ちるまで、保護テープはしっかりと貼るようにしましょう。

シミ取りレーザー後の保護テープは何日で剥がせますか?

シミ取りレーザー後の保護テープは、通常2間程度で剥がせるようになります。フェミークリニックでは、シミ取りレーザーの施術後10日~2週間後に医師が患部の状態を確認させていただきます。再度ご来院いただく必要がありますが、再診料は無料となります。

シミ取りレーザーの当日はメイクしてもいいですか?

患部を避けていただければ、当日からメイクは可能です。シミ取りレーザー後は肌のバリア機能が一時的に低下していますので、できるだけ肌を擦らないようにご注意ください。

シミ取りレーザーよりもダウンタイムの少ないシミ治療はありますか?

フェミークリニックでは、ダウンタイムの少ないシミ治療として、レーザートーニングやフォトSR(IPL)、ケミカルピーリング、アクシダーム、コラーゲンピールなどの多彩なメニューをご用意しています。

シミ取りレーザーの痛みやダウンタイムが不安な方は、フェミークリニックの無料カウンセリングにてご相談ください。

フェミークリニック総院長 北山 英美子 (東邦大学医学部卒業 undefined所属)

このページの監修医師

フェミークリニック総院長北山 英美子

東邦大学医学部を卒業後、東邦大学形成外科に入局。経験を積んだのち、渋谷フェミークリニックを開院。2006年よりフェミークリニック全7院の総院長を務める。

  • 最終学歴
  • 東邦大学医学部
  • 所属学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本皮膚科学会
シミ治療コラム トップへ戻る

各院のご紹介

Introduction

フェミークリニックは、東京4院、大阪3院ございます。

各院ごとの特徴や治療内容など、患者さまへしっかりとお伝えするために各院ごとに専門サイトをご用意しております。

治療メニューの詳細や料金は、各院サイトをご覧ください。

※外部サイトへ移動します。