電話予約LINE予約WEB予約
美容皮膚科フェミークリニックTOP医師監修美肌ケアアドバイス【Oライン医療脱毛】メリットは?痛みや通う回数、自己処理について
prop.template.title

【Oライン医療脱毛】メリットは?痛みや通う回数、自己処理について

Oライン、つまりヒップの肛門周りの体毛は誰にでも生えるもので、自然なことです。ただ見た目や衛生面から、スッキリさせたいと思うのもまた自然な考えでしょう。

しかしOラインは大変デリケートな部分であるため、誰にも相談できず、自分でムダ毛処理を行っている方も多いのではないでしょうか。

Oラインのムダ毛の自己処理は自分からはよく見えない分、きれいに完了するには手間と時間がかかる上に、あやまってデリケートな皮膚を傷つけてしまう可能性もある箇所です。

そのため、医療脱毛によって永久脱毛してしまうのが特におすすめの部位といえます。

この記事では、2003年の開業以来、医療脱毛症例数40万件以上の美容皮膚科フェミークリニックが、Oラインの医療脱毛を考えている方に向けて、そのメリットや脱毛完了までの道のりについて解説します。

目次
1
Oライン脱毛の基礎情報
V・I・Oをまとめ脱毛をするパターンも
2
Oラインを医療脱毛する理由・メリット
清潔さを保てる
水着や下着姿に自信が持てる
永久に自己処理の手間を省ける
介護を受ける未来を見通して
3
Oライン脱毛、脱毛クリニックと脱毛サロンの比較
4
フェミークリニックのOライン脱毛について詳しく解説
Oライン脱毛の完了まで通う回数・期間
Oライン脱毛の痛みについて
フェミークリニックのOライン脱毛への痛みへの配慮
麻酔のオプションもございます
保湿をしっかりすることで痛みを軽減できます
生理前・生理中の施術を避けることも重要
生理中のOライン脱毛について
5
Oライン脱毛の恥ずかしさについて
6
Oライン脱毛の自己処理のコツ
用意するもの
シェービングを行う体勢を決める
電気シェーバーで慎重に剃っていく
保湿をして終了
7
Oライン脱毛が気になるなら、まずは無料カウンセリングへ
8
Oライン脱毛に関するよくあるご質問

Oライン脱毛の基礎情報

Oライン脱毛の基礎情報

Oライン脱毛とは、ヒップの奥、肛門周りに生えている体毛の毛根に光やレーザーを照射し、ムダ毛が生えてこないようにする美容施術です。部位の形が英語のOに見えることから「O(オー)ライン」と呼ばれています。
Oラインのムダ毛や産毛は誰でも生えている、自然現象ですが、体毛が濃いと気になる女性は多いようです。

V・I・Oをまとめ脱毛をするパターンも

V・I・Oをまとめ脱毛をするパターンも

Oライン(肛門周り)のムダ毛を脱毛する際には、どうせならとビキニライン上部の「Vライン」、陰部サイドの「Iライン」も一緒に脱毛してしまう「VIO脱毛」をする患者さまも多いです。

VIO脱毛では、Vラインの毛量や形を調整して残すケースと、VIO全てのアンダーヘアを脱毛して無毛にするケースがあります。

Vラインを残す場合、IラインもVライン側を少し残して自然な繋がりを作るケースもありますが、その場合でもOラインはすべて脱毛します。

VIOのすべての毛を無くしてアンダーヘアすべてを無毛にする施術はVIO脱毛と区別して「ハイジニーナ脱毛」と呼ばれています。

Oラインを医療脱毛する理由・メリット

デリケートゾーン、特にOラインのお手入れに関する悩みは多くの方が抱えています。自己処理が難しく、繊細な部位であるため、医療脱毛によるケアが推奨されます。

この章では、Oラインの医療脱毛を行う理由と、そのメリットについて詳しく説明します。

清潔さを保てる

清潔さを保てる

Oラインに体毛が生えているのは、自然なことであります。しかしムダ毛があることで排泄物や経血が付着しやすくなったり、ムレやすくなったりするのは事実です。
医療脱毛を完了してしまえば、二度とムダ毛が生えてくることはないので、常に清潔を保ちやすくなり、ムレやかぶれ、匂いなどのトラブルが軽減されます。

水着や下着姿に自信が持てる

水着や下着姿に自信が持てる

セクシーなデザインの水着や、下着のラインがボトムスに響かないようにTバックの下着を履いた時に、Oラインのムダ毛がはみ出して見えてしまうのを防ぐことができます
自己処理が不要でいつでもツルツルになれば、急に誘われたプールや海、お泊りでもムダ毛を気にすることなく心から楽しむことができるでしょう。

永久に自己処理の手間を省ける

永久に自己処理の手間を省ける

Oラインは自分から見えにくく手も届きにくいため、自己処理でムダ毛を処理しようとすると大変な部位です。
時間をかけてもきれいに処理するのが難しいのはもちろん、カミソリやシェーバーでデリケートな皮膚を傷つけて雑菌などが入ってしまう可能性もあります。
また繰り返しシェービングを行なうことで色素沈着を起こして黒ずんでしまう可能性も否定できません。
医療脱毛で永久脱毛してしまえば、そういった自己処理の手間やリスクから解放されます。

介護を受ける未来を見通して

Oライン脱毛をはじめデリケートゾーンの脱毛には、老後、介護されるときに備えるという側面もあります。
年を重ねて体が上手く動かせなくなったり、寝たきりになって介護してもらう立場になった際、介護者が清拭や排せつ後のふき取りなどがしやすいように予めアンダーヘア(とくにIライン、Oライン)を脱毛しておくという考えです。
 
最近注目を集めるこの考え方は、OラインをはじめVIO脱毛を迷っている方の背中を押す一助になっています。
 
ただ医療レーザー脱毛や光脱毛は、毛に含まれる黒いメラニン色素に反応させて脱毛するため、白髪になった毛には効果がありません。Oライン脱毛やVIO脱毛を受けたい方は、アンダーヘアに白髪が増える前に施術を受けることをおすすめします。

Oライン脱毛、脱毛クリニックと脱毛サロンの比較

Oライン脱毛に興味を持っている方の中には、脱毛クリニックと脱毛サロン、どちらで施術を受けようかな?とお悩みの方もいらっしゃると思います。
 
そのふたつの違いはレーザーを使うか、光を使うかです。
医療脱毛は医療用レーザーの熱によって毛を生やす機能を完全に破壊します。これは医療機関でしかできない施術になります。
一方サロン脱毛は、光の熱で毛を生やす機能にダメージを与えます。医療用レーザーよりも弱い熱になるため、毛が生える機能を完全に破壊することはできません。
そのため、永久的に脱毛効果が得られるのは医療脱毛だけです。また、毛が生えてこなくなるまでの照射回数も医療脱毛のほうが少なく済むのも医療脱毛の特徴です。
 
医療脱毛は出力が強い分、照射の痛みが強いという特徴もあります。ただし麻酔も使えるのも医療脱毛ならではです。
 
以下に医療脱毛のサロン脱毛の違いについて簡潔に表にしました。ぜひ参考にしてみてください。

医療脱毛のVIO脱毛

サロン脱毛(エステ脱毛)のVIO脱毛

脱毛方法

レーザー脱毛

光脱毛

脱毛効果

永久的な脱毛効果が得られる

一時的な減毛

施術回数

3回~減毛効果を感じ始める

5回~減毛効果を感じ始める

完了までに通う期間

1年~1年半

1年半~2年

施術者の資格の有無

国家資格を持った医師や看護師が行う

資格の有無は関係ない。研修を受けたスタッフが行う

肌トラブルへの対応

医師がその場で対応し、薬を処方できる

医師がいないため、提携病院か近く病院へ

痛み

ゴムで弾かれたような痛み(部位による) ※オプションで麻酔を使えるケースも

熱を多少感じる痛み(部位による)

費用

一回ごとでは高価だが、少ない回数で脱毛が完了するので、結果として安く抑えられる可能性がある

一回ごとでは安価だが、効果に満足するまで施術回数がかさむ可能性があるため、結果高額になってしまうことも

フェミークリニックのOライン脱毛について詳しく解説

Oライン脱毛を受けたいとお考えの方に向けて、フェミークリニックのOライン脱毛について解説します。フェミークリニックは、2003年の開業以来、40万件以上の医療脱毛の施術経験があります。ぜひご検討ください。

Oライン脱毛の完了まで通う回数・期間

Oラインをはじめとしたアンダーヘアは、全身の体毛のなかでも1本1本の毛が濃くしっかりとしているため、レーザーがメラニンに反応しやすく、効果が出やすい部位です。
Oライン脱毛では、だいたい3回目の照射後くらいから減毛効果を実感できます。
すべての毛を無くしてツルツルにしたい場合は、個人の毛質や肌の状態によって異なりますが、5回以上通う場合が多いです。
 
通う期間は、毛周期に合わせて2~3カ月ごとに施術を行い、おおむね1年から1年半で脱毛施術は完了します。

Oライン脱毛の痛みについて

Vライン、Iライン、Oラインといったデリケートゾーンの体毛は、他の部位に比べて脱毛の際の痛みを感じやすい箇所です。その理由は主に以下のことが挙げられます。
 
・毛が太くて黒い
・皮膚が薄くて敏感
・皮膚が他の箇所に比べて黒ずんでいる
 
医療脱毛は体毛のメラニンにレーザーを反応させ、毛の生成機能を破壊します。そのため体毛が太く濃いとレーザーが強く反応するため、破壊する際の衝撃が、薄い皮膚に痛みとなって伝わります。
また、下着の擦れなどによって皮膚に色素沈着があるため、メラニンが反応してしまい、痛みを感じやすくなります。
 
以下は、Oライン脱毛の痛みを和らげる方法についての解説です。

フェミークリニックのOライン脱毛への痛みへの配慮

痛みの強さについては、一般的には「ゴムでバチンと弾かれるような痛み」と例えられます。
しかし痛みの感じ方は人により異なります。
 
そこでフェミークリニックでは脱毛施術の際は都度お声がけさせていただき、痛みが強いようであれば適宜出力の調整を行います
※出力を下げるとその分効果も薄れるため、施術回数が増える可能性があります。予めご了承ください。

麻酔のオプションもございます

フェミークリニックでは、痛みに不安を感じる方や痛みに敏感な方が安心して施術を受けられるよう、麻酔クリームの有料オプションもご用意しています。
カウンセリングの際、痛みが心配なことをご相談ください。
※麻酔クリームは塗布してからしばらく時間を置く必要があるため、事前のお申し込みが必要です。

保湿をしっかりすることで痛みを軽減できます

皮膚が乾燥していると痛みを感じやすくなります。普段から保湿を心がけると良いでしょう。脱毛をした直後は特に乾燥しやすくなるので、保湿剤を忘れずに塗布するようにしましょう。
デリケートゾーンの皮膚は敏感であるため、刺激の強い成分の保湿剤は避け、低刺激のローションなどがおすすめです。

生理前・生理中の施術を避けることも重要

生理前2週間の「黄体期」や生理中は、ホルモンバランスの関係で皮膚が敏感になり、痛みを感じやすくなります。
そのため、Oラインをはじめ痛みを感じやすい部位の脱毛は、生理が終わった後~排卵するまでの「卵胞期」に施術を受けるのがおすすめです。
もし生理周期が安定していて、毛周期と噛み合うようであれば考慮して予約を取るといいでしょう。

生理中のOライン脱毛について

生理期間中はVIO脱毛のみをNGとしているサロンやクリニックは多いです。
デリケートゾーンは衛生的に注意すべき繊細な箇所であり、生理の経血による感染症を懸念してのことと思います。
施術が不可のクリニック・サロンでは、生理と重なってしまったらすぐに予約変更の連絡をいれましょう。
 
一方、フェミークリニックでは生理中であってもタンポンをご使用いただければOライン脱毛の施術を受けていただけます。※天王寺院をのぞく
フェミークリニックは、VIO脱毛に限らず、照射部分に触れるものをすべて滅菌消毒し、使い捨てのものを使用しているため感染症の心配はありません。
 
ただ、生理期間中はお肌が敏感になるため施術の痛みを感じやすくなります。したがって施術日をずらすことも可能なようであれば、ご予約日変更をご検討ください。
 
参考:生理中でもサロンやクリニックで脱毛してもらえる?VIOは?【美容皮膚科監修】

Oライン脱毛の恥ずかしさについて

Oライン脱毛は恥ずかしさについて

Oライン脱毛やVIO脱毛は、プライベートな部分を看護師に見せることになるため、気恥ずかしさもあって躊躇してしまうという方もいらっしゃるかと思います。
しかしフェミークリニックのOライン脱毛は医療脱毛ですので、施術は医学知識を持った看護師が行います。医療従事者としてきちんと安全に施術を終えることに集中しているので、見られているからと恥ずかしがる必要はありません
 
最初は少し恥ずかしいかもしれませんが、プロフェッショナルに作業をこなしていく姿にすぐ気にならなくなるでしょう。どうか気負わずに施術にお臨みください。
 
具体的な体勢として、うつ伏せになっていただき、足を軽く開いた状態で施術を行っていきます。

フェミークリニックでは、脱ぎ着し易い施術着や、施術箇所以外のお肌を隠すタオル・毛布のご用意、適温に温めたお部屋など、リラックスしてお過ごしいただけるように最大限の工夫をしております。

Oライン脱毛の自己処理のコツ

医療脱毛や光脱毛の前には、体毛をシェービングしておく必要があります。

サロンやクリニックよってOラインの脱毛はスタッフが行なうこともありますが、自分で行う必要がある場合に備えて安全な剃毛方法を解説します。

用意するもの

・眉毛用などの小さいハサミ or ヒートカッター

・VIO専用電気シェーバー

・自立する鏡

・保湿剤

シェービングを行う体勢を決める

Oラインを処理する時は、床に鏡を置いてそれを跨ぐようにしてしゃがんで行います。

しゃがんだ体勢をキープするのがツラいようであれば、椅子の上に上向きに鏡を置き、片足をその鏡を跨ぐように上げて覗き込むようにして見て行うと良いでしょう。その場合は片方ずつ上げる足を変えて仕上げて行きます。

皮膚を傷つけることのないよう、処理する箇所がよく見えて、身体がグラつかない体勢を見つけることがまずは重要です。

電気シェーバーで慎重に剃っていく

お尻の皮膚を片方ずつ引っ張り、外から内に向けて少しずつ剃りましょう。

脱毛施術の前処理としてのシェービングの場合、この時に施術箇所の皮膚を傷つけてしまうと当日の施術ができなくなってしまうケースがあります。

難しいと思ったら無理をせずに、看護師やスタッフにお願いしましょう。Oライン脱毛では、剃り残しがある場合も有料または無料でシェービングを行ってくれるクリニックやサロンがほとんどです。

事前に料金やルールを確認しておくと安心です。

保湿をして終了

脱毛後は皮膚が乾燥しやすいのでしっかり保湿をしましょう。乳液やクリームだと流れにくいのでおすすめです。

保湿をしっかりしておくことで、脱毛施術の痛みを抑える効果も期待できます。

Oライン脱毛が気になるなら、まずは無料カウンセリングへ

Oライン脱毛が気になるなら、まずは無料カウンセリングへ

Oラインの脱毛が気になっていても、デリケートな部分であるためなかなか決心がつかないという方もいらっしゃると思います。

施術に興味があるけれど、いきなり申し込むのは心配……という方は、ぜひ一度無料カウンセリングへお越しください。

経験豊富なカウンセラーや医師が、疑問点や不明点について丁寧にお答えいたします。施術に関してご納得いただいた上で、施術を受けるかどうかゆっくりご検討いただければと思います。

Oライン脱毛に関するよくあるご質問

Oライン脱毛を検討・希望される方からよくいただく質問をまとめました。

なぜOラインの脱毛をするのですか?

Oライン、つまり肛門周りの体毛を脱毛することは、見た目がきれいになるのはもちろん、排泄物や経血の付着が軽減され、清潔に保ちやすくなります。

医療脱毛によって永久脱毛を完了することで、手間暇がかかるOラインの自己処理も行う必要がなくなり、シェービングによる色素沈着や怪我のリスクもなくなります。

Oラインの脱毛は何回くらいすれば完了しますか?

Oラインの医療脱毛は平均して5回から8回のレーザー照射が推奨されています。レーザーの照射は、毛周期の「成長期」にあたる毛にしか効果がなく、生え変わりごとに繰り返し照射する必要があるためです。

ただし毛の濃さや太さなど毛質には個人差があり、また使用するマシンによっても必要な回数は異なります。

Oラインの脱毛は完了までどれくらいの期間がかかりますか?

Oラインの医療脱毛の完了までは、平均で約1年から1年半かかるとされています。

毛の生え変わるサイクルに合わせて2~3カ月に一度、施術を受けていただきます。

Oライン処理をするとチクチクするのはなぜですか?

Oラインの自己処理や脱毛施術をしたあとに肛門周りがチクチクするのは、伸びてきた毛が皮膚に当たるためです。

シェービングによって切り口がまっすぐになっているため、自然な状態より先端が皮膚に障りやすいという側面もあります。

ある程度長さが出てくると当たらなくなるため、気になるからと擦ったりはせず、安静にして伸びるのを待ちましょう。乾燥していると刺激を感じやすくなるため、施術前後はとくに保湿を心がけると良いでしょう。

医療脱毛を重ねるごとに毛質が柔らかく変わってくるため、だんだんと気にならなくなります。

痔でもOライン脱毛はできますか?

痔の症状がある方も、Oラインの医療脱毛を受けられるケースがあります。

切れ痔で炎症がある場合は治療を優先し、施術を延期する必要があることもありますが、症状が落ち着いていたり、炎症を伴わない軽度のイボ痔であれば脱毛を受けられます。

医師が診断して施術に進むため、安心してカウンセリングにお越しください。

フェミークリニック総院長 北山 英美子 (東邦大学医学部卒業 undefined所属)

このページの監修医師

フェミークリニック総院長北山 英美子

東邦大学医学部を卒業後、東邦大学形成外科に入局。経験を積んだのち、渋谷フェミークリニックを開院。2006年よりフェミークリニック全7院の総院長を務める。

  • 最終学歴
  • 東邦大学医学部
  • 所属学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本皮膚科学会
医師監修美肌ケアアドバイス トップへ戻る

各院のご紹介

Introduction

フェミークリニックは、東京4院、大阪3院ございます。

各院ごとの特徴や治療内容など、患者さまへしっかりとお伝えするために各院ごとに専門サイトをご用意しております。

治療メニューの詳細や料金は、各院サイトをご覧ください。

※外部サイトへ移動します。