<\/noscript>
電話予約LINE予約WEB予約
美容皮膚科フェミークリニックTOP医師監修美肌ケアアドバイス【目の下のたるみを取るには?】原因や効果的な治療法を解説
prop.template.title

【目の下のたるみを取るには?】原因や効果的な治療法を解説

『目の下のたるみを取りたい』

『セルフケアで改善できるの?』

加齢とともに目立っていく目の下のたるみ。市販の化粧品やマッサージで改善しようとされる方も多いです。しかし、目の下のたるみは、セルフケアでの改善が難しく、間違ったケアによってシワやクマができてしまう場合も。そのため、目の下のたるみを改善するには、クリニック治療がおすすめです。

今回は、目の下のたるみの原因や治療法について解説していきます。

この記事を読んで、パッチリした目元美人を目指していきましょう。

目次
1
目の下のたるみができる原因
加齢による筋力や肌の衰え
紫外線による肌へのダメージ
目周りへの摩擦
生活習慣の乱れや目の酷使
2
目の下のたるみをセルフケアで改善するのが難しい理由
肌の内側にアプローチできないから
肌に有効な成分の量が少ないから
間違ったセルフケアをすると肌トラブルが悪化するから
3
目の下のたるみを改善するにはクリニック治療がおすすめな理由
安全性が高い治療を行えるから
肌の内側にアプローチできるから
効果の高い医療用の薬剤や機器が使えるから
4
目の下のたるみを改善!フェミークリニックのおすすめ治療法とは?
サーマクール・サーマクールアイ
ヒアルロン酸注射
HIFU(ウルトラフォーマー3)
リジュラン(サーモン注射)
コラーゲンピール
ベビーコラーゲン
5
目の下のたるみに関するよくある質問
6
【まとめ】目の下のたるみを治すならフェミークリニックへ

目の下のたるみができる原因

目の下のたるみができる原因

そもそも、なぜ目の下にたるみができてしまうのでしょうか?目の下にたるみができる主な原因は以下の3つです。

● 加齢による筋力や肌の衰え

● 紫外線による肌へのダメージ

● 目周りへの摩擦

● 生活習慣の乱れや目の酷使

それぞれを解説します。

加齢による筋力や肌の衰え

目の下にたるみができる主な原因の1つ目は、加齢による筋力や肌の衰えです。

目の周りには、眼輪筋(がんけんきん)という筋肉があり、眼球や眼球の周りの脂肪をしっかりと支えています。若い頃は、この眼輪筋が発達しているため、目の周りがスッキリとしてハリがあります。また、肌の奥にある真皮層には、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸がたっぷりと蓄積されていますので、肌に弾力があり皮膚をしっかりと支えることができます。

しかし、加齢とともに眼輪筋の筋力は徐々に衰えていき、真皮層のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸も徐々に減っていきます。すると、目の周りの脂肪や皮膚が支えきれなくなり、目の下にたるみとして現れるようになっていきます。

このように、目の下のたるみは肌の表面の問題ではなく、肌の内側の筋力や組織の衰えであるため、市販の化粧品や目の周りのマッサージで改善することは難しいです。根本的な原因にしっかりとアプローチし、目の下のたるみを改善するにはクリニックで治す必要があります。

紫外線による肌へのダメージ

目の下にたるみができる主な原因の2つ目は、紫外線による肌へのダメージです。

紫外線によって肌がダメージを受けると、真皮層にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少していきます。また、紫外線のダメージによって肌のターンオーバーが乱れ、肌が乾燥しやすくなったり硬くなったりしていきます。

肌のハリや弾力がなくなった目の周りの皮膚は、徐々に皮膚の重みや目の周りの脂肪を支えきれなくなり、目の下にたるみが現れるようになっていきます。

紫外線は目の下のたるみだけでなく、シワやくすみ、クマなどの原因にもなっていきます。そのため、日ごろからできるだけ紫外線を浴びないようにしたり、日焼け止めを塗ったりして紫外線対策を万全に行っていきましょう。

目周りへの摩擦

目の下にたるみができる主な原因の1つ目は、目周りへの摩擦です。

目をこすったり、強いマッサージをするなどの摩擦によってたるみが起こりやすくなります。

マッサージなどは適度な強さで行うことがたるみを防止するために重要になります。

生活習慣の乱れや目の酷使

目の下にたるみができる主な原因の3つ目は、生活習慣の乱れや目の酷使です。偏った食生活や運動不足による血行不良、寝不足による成長ホルモンの分泌低下は、肌を衰えさせますので注意が必要です。

また、パソコンやスマートフォンの見過ぎなどで目を酷使すると、目の周りの筋肉が硬直して血行を悪化させます。まばたきの回数も減り、目の筋肉も衰えて目の下にたるみができやすくなります。

肌の健康を保つためには、生活習慣を改善しましょう。栄養バランスの取れた食事で健康な肌を作り、適度な運動で身体の血行を促進、十分な睡眠で成長ホルモンの分泌を促進しましょう。また、パソコンやスマートフォンを使用する際には、こまめに目を休めることも大切です。目を閉じてリラックスしたり、遠くの景色を眺めたりして、画面ばかりを見過ぎないように注意しましょう。

目の周りの筋肉の緊張をほぐし、血行を促進することで目の周りの肌や筋肉の衰えを防ぐことができます。目の下のたるみを少しでも改善するために、積極的に取り組んでいきましょう。

ただし、目の下のたるみをセルフケアだけで改善するのは難しいです。次にその理由を解説していきます。

目の下のたるみをセルフケアで改善するのが難しい理由

目の下のたるみをセルフケアで改善するのが難しい理由

目の下のたるみをセルフケアだけで改善することは難しいです。その主な理由は以下の3つです。

● 肌の内側にアプローチできないから

● 肌に有効な成分の量が少ないから

● 間違ったセルフケアをすると肌トラブルが悪化するから

それぞれを解説します。

肌の内側にアプローチできないから

目の下のたるみをセルフケアで改善するのが難しい1つ目の理由は、肌の内側にアプローチすることができないからです。

目の下のたるみの原因は、目の周りの筋肉や肌が衰え、目の周りの脂肪や肌の重さを支えきれなくなることで起こります。つまり、目の下のたるみを根本的に解決するには、肌の内側にアプローチする必要があるわけです。

しかし、市販の化粧品やマッサージでは、肌の内側の筋肉や組織にアプローチすることは難しいです。目の下のたるみを軽減するための対処療法に過ぎないため、セルフケアで根本的な解決は期待できません。

肌に有効な成分の量が少ないから

目の下のたるみをセルフケアで改善するのが難しい2つ目の理由は、肌に有効な成分の量が少ないからです。

たるみを改善する化粧品やグッズは多く市販され、肌に有効な成分が含まれているものもあります。しかし、これらの製品は医療用ではないため、有効成分の量は限られます。また、医療で使用されるような効果が高い成分を含めることはできません。

一方、クリニック治療では、豊富な量の有効成分を使うことができます。医師は医療用の効果の高い成分を処方することができるため、目の下のたるみを改善することができます。

間違ったセルフケアをすると肌トラブルが悪化するから

目の下のたるみをセルフケアで改善するのが難しい3つ目の理由は、間違ったセルフケアをすると肌トラブルが悪化するからです。

目の下のたるみを取ろうとして、目の下を強くマッサージしたり、市販のパックを使いすぎたりすると、肌の表面を痛めてしまい色素沈着や炎症を起こす可能性があります。結果的に、シワやクマができてしまい、余計な肌トラブルを抱えてしまう場合も。

目の周りの皮膚は非常にデリケートなため、間違ったセルフケアは禁物です。目の下のたるみを改善したいなら、早めにクリニック治療に切り替えることをおすすめします。

フェミークリニックでは、2003年の開業以来、多くの患者さまの目の下のたるみを治療してきました。セルフケアでは改善が難しいたるみでも、フェミークリニックの美肌治療なら効果的な改善が見込めます。

フェミークリニックでは、目の下のたるみでお悩みの方のために無料カウンセリングを実施しています。無料カウンセリングでは、目の下のたるみに関するご相談はもちろん、最低な治療プランも無料でご提案いたします。どうぞお気軽にご利用ください。

目の下のたるみを改善するにはクリニック治療がおすすめな理由

目の下のたるみを改善するにはクリニック治療がおすすめな理由

目の下のたるみを改善するには、クリニック治療がおすすめです。クリニック治療をおすすめする主な理由は以下の3つです。

● 安全性が高い治療を行えるから

● 肌の内側にアプローチできるから

● 効果の高い医療用の薬剤や機器が使えるから

それぞれを解説します。

安全性が高い治療を行えるから

目の下のたるみ改善にクリニック治療をおすすめする1つ目の理由は、安全性が高い治療を行えるからです。

クリニックは医療機関であるため、国家資格を有する医師や看護師が治療にあたります。安全で効果的な治療を行えることはもちろん、万が一のトラブルにも医療スタッフが迅速に対応できます。

また、クリニックで使用する薬剤や機器は、日本の厚生労働省やFDA(米国食品医薬品局)が認可したものが中心となります。そのため、高い信頼性や安全性が確保されており、副作用や事故などが起きるリスクを最小限に抑えられます。

目は人間にとって非常に大切な器官であり、美容の観点からも大切な部位となります。間違ったセルフケアで余計な肌トラブルを抱えないためにも、目の下のたるみを改善するにはクリニック治療がおすすめです。

肌の内側にアプローチできるから

目の下のたるみ改善にクリニック治療をおすすめする2つ目の理由は、肌の内側にアプローチできるからです。

クリニックは医師の指導の下で施術が行われるため、市販の化粧品やマッサージではアプローチが困難な肌の内側を治療することができます。

目の下のたるみの原因は、加齢などによって眼輪筋が衰えたり、真皮層のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少したことによって引き起こされます。つまり、肌表面が変化したことによるものではないため、市販の化粧品やマッサージでは改善が難しいです。

一方、クリニック治療では、真皮層や目の周りの筋肉など肌の奥にアプローチすることができます。目の下のたるみの根本的な原因を治療できるので、優れたアンチエイジング効果が期待できます。

効果の高い医療用の薬剤や機器が使えるから

目の下のたるみ改善にクリニック治療をおすすめする3つ目の理由は、効果の高い医療用の薬剤や機器が使えるからです。

医療機関であるクリニックでは、医療用に開発された薬剤や治療機器を使うことができます。医療用の薬剤や機器は、医学的なエビデンスに基づいた効果の高い治療が可能です。

フェミークリニックでは、日本の厚生労働省やFDA(米国食品医薬品局)などが承認した信頼性の高い薬剤や医療機器を主に使用しています。また、フェミークリニックは東京と大阪に7院を展開しているので、豊富な症例経験によって薬剤や機器の高い安全性を確認しております。

目の下のたるみを治したいとお考えなら、フェミークリニックにご相談ください。フェミークリニックでは、最新の美肌治療を提供し、効果的に目の下のたるみを改善することができます。

目の下のたるみを改善!フェミークリニックのおすすめ治療法とは?

フェミークリニックのおすすめ治療法

目の下のたるみを改善できるフェミークリニックのおすすめ治療法を紹介していきます。

● サーマクール・サーマクールアイ

● ヒアルロン酸注射

● HIFU(ウルトラフォーマー3)

● リジュランアイ

● コラーゲンピール

● ベビーコラーゲン

それぞれを解説します。

サーマクール・サーマクールアイ

サーマクール・サーマクールアイ

サーマクールアイとは、シワやたるみを引き上げる効果が高いサーマクールを、目元の治療に適用したものです。熱の発生深度を浅くし、目元専用のアイチップと保護コンタクトレンズで眼球を保護することで、目の周りに対してもサーマクールの治療が可能となりました。

サーマクールは、FDA(米国食品医薬品局)から承認を受けている医療機器で、RF(高周波電流)を肌に当てることで高エネルギーの熱が真皮層の深部にまで届きます。コラーゲンやエラスチン、繊維芽細胞に刺激を与え、創傷治癒力を活性化させます。熱ダメージを受けた組織とその周辺に新たなコラーゲンが生成され、ハリと潤いのある肌を取り戻すことができます。

しかし、通常のサーマクールは熱の発生深度が最大で皮下5mmに及ぶため、眼球に熱が到達する可能性があります。そのため、眼球に熱が加わらないように熱の発生深度を浅くし、アイチップやコンタクトレンズを使用することで、眼球を保護します。

サーマクールアイなら、メスを使わないためリスクの低いたるみ治療が行えます。コラーゲンの収縮作用により、施術後48時間以内にハリ・弾力アップを実感していただけます。ダウンタイムが少ないながら、リフトアップ効果は約半年間持続しますので、頻繁に通院することなくたるみの改善効果を実感していただけます。

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸は、もともと人体にあるゼリー状の物質で、皮膚の真皮層に多く含まれています。ヒアルロン酸があることによって、細胞同士の繋がりが強くなり、肌を持ち上げる力を発揮しています。

しかし、加齢によって体内のヒアルロン酸は徐々に減少していきます。ヒアルロン酸が減少することで、骨や筋肉、肌の組織の繋がりが弱くなるため、皮膚にたるみが生じていきます。

目の下のたるみは、眼輪筋の衰えによって目の周りの脂肪を皮膚が支えきれなくなったことで現れますので、ヒアルロン酸注射によってたるみによって生じた溝を埋めることで目立ちにくくします。

なお、フェミークリニックで使用するヒアルロン酸は、国内で唯一厚生労働省より認可を受けている「ジュビダームビスタ ウルトラシリーズ・ボルベラ」となっております。安全性の高い薬剤を使用することで、副作用のリスクが少なく、より効果的なたるみ治療を可能にしています。

HIFU(ウルトラフォーマー3)

HIFU(ウルトラフォーマー3)

HIFU(ウルトラフォーマー3)は、手軽でダウンタイムが少ないたるみ治療を可能にした治療器です。外科手術やスレッドリフトなどの大がかりな治療ではなく、効果がありつつも痛みが少なく、料金も手ごろであるというメリットがあります。

HIFUとは、High Intensity Focused Ultrasoundの略で、「高密度焦点式超音波」という意味です。高エネルギーの超音波を1点に集中させることができるので、これまで外科手術でしか届かなかった深層部にあるSMAS(スマス:筋膜層)に直接アプローチでき、”切らないフェイスリフト手術”を可能にしました。

ただし、目の周辺の組織は非常にデリケートであるため、フェミークリニックでは皮膚の浅い部分にアプローチできる2.0㎜のカートリッジを使って目の下のたるみ治療を行います。HIFUの超音波を真皮層に当てることでコラーゲンの生成を活性化し、たるんだ目の下の肌をリフトアップすることが可能です。

なお、フェミークリニックでは、渋谷院と大阪梅田院でHIFU(ウルトラフォーマー3)の施術を受けていただけます。

リジュラン(サーモン注射)

リジュラン(サーモン注射)

リジュランとは、サケのDNAから抽出したポリヌクレオチド(PN)を注射することで、皮膚の再生力を高め、若々しいお肌へと導く治療法です。肌の奥深くにある真皮層に働きかけることで、コラーゲンやエラスチンの生成を促し、ハリや弾力を内側から回復させます。

リジュランは、人工物や精製物質を使わないため、皮膚の自己回復力そのものを高め、美肌効果が持続しやすいという特徴があります。加齢による肌の変化を完全に抑制することは難しいですが、肌を自然に美しく仕上げることができます。

リジュランアイは、通常のリジュランよりも粘度を低くした目元用のリジュランです。通常のリジュランに比べ、皮膚の凸凹が生じにくく肌に肌馴染みやすいという特徴があります。そのため、目の下のたるみ改善や目尻のちりめんジワの改善など、皮膚の薄い目元に最適な治療が行えます。

リジュランは、皮膚に最も高い適合性を持っているため、ダウンタイムが少なく、副作用のリスクもほとんどありません。肌そのものを活性化させるため、持続的な効果を実感できる嬉しい治療法となっています。

コラーゲンピール

コラーゲンピール

コラーゲンピールは、肌の奥深くにある真皮層に働きかけ、コラーゲンやエラスチンの生成を促すピーリング治療です。従来のピーリング治療のように肌の表面を剥離するのではなく、薬剤をやさしくマッサージしながら浸透させていくため、マッサージピールとも呼ばれます。施術直後から肌のハリや潤いを実感いただけ、痛みやダウンタイムが少ないというメリットがあります。

コラーゲンピールの薬剤(PRX-T33)は、高濃度トリクロロ酢酸(TCA)、低濃度過酸化水素水(H₂O₂)、コウジ酸の3種類からできています。肌に浸透してコラーゲンやエラスチンを生成し、皮膚にハリと潤いを与えることで、目の下のたるみを改善していきます。

コラーゲンピールは、コラーゲンの生成を強力に促進できるため、目の下のたるみ治療だけでなく、ニキビ跡のクレーターや毛穴の縮小、ニキビ跡の色素沈着・妊娠線などの改善にも効果があるアンチエイジング治療です。

ベビーコラーゲン

ベビーコラーゲン

ベビーコラーゲンは、唯一のヒト胎盤由来のコラーゲン製剤で、厳重な衛生管理のもとに製造されています。

赤ちゃんのお肌のコラーゲン組成に近く、Ⅰ型コラーゲンとⅢ型コラーゲンを50:50で配合しています。皮膚の下・真皮層に注入することで、目元に自然なハリをもたらし、目の下のたるみを改善することができます。

目の下のたるみに関するよくある質問

目の下のたるみに関するよくある質問

目の下のたるみに関するよくある質問をまとめました。

目の下のたるみはどうしたら治りますか?

目の下のたるみは、主な原因として目の周りにある眼輪筋という筋力が衰えることにあります。そのため、表面的なセルフケアでの改善は難しく、クリニックでの治療が有効です。

クリニック治療では、肌の奥にある真皮層に働きかけ、コラーゲンやエラスチンの生成を促したり、ヒアルロン酸を注入することで溝を埋めることで目立ちにくくします。クリニック治療なら、目の下のたるみの原因にアプローチできるので、効果的な改善が期待できます。

なお、フェミークリニックでは、メスを使わないたるみ治療を提供していますので、手術による傷やダウンタイムが気になる方も安心して施術を受けていただけます。

目の下のたるみはどうしたら治りますか?

目の下の膨らみを目立たなくする方法は?

根本的な治療は外科手術となりますが、最新のクリニック治療では、メスを使わずに肌にハリを与え、たるみを改善できるようになっています。

目の下にヒアルロン酸やベビーコラーゲン、リジュランを注入したり、コラーゲンピールでマッサージをすることによって、目の下の膨らみを目立たなくすることが可能です。目の下の膨らみはセルフケアでの改善が難しいため、早めにクリニック治療に切り替えることをおすすめします。

目の下の膨らみを目立たなくする方法は?

目の下のたるみは何が不足していることが原因ですか?

目の周りには、眼輪筋(がんけんきん)という筋肉があり、眼球や眼球の周りの皮膚をしっかりと支えています。若い頃は、この眼輪筋が発達しているため、目の周りがスッキリとしてハリがあります。また、肌の奥にある真皮層には、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸がたっぷりと蓄積されていますので、肌に弾力があり皮膚をしっかりと支えることができます。

目の下のたるみは何が不足していることが原因ですか?

目の下のたるみ取りは何年持ちますか?

持続期間が比較的長いヒアルロン酸注入やHIFU治療では、1年程度の持続が可能です。ただし、加齢や生活習慣の変化などによって持続期間は変わりますので、効果を長く持続させたい場合は定期的な施術がおすすめです。

目の下のたるみ取りは何年持ちますか?

目の下のたるみ治療は何歳から出来るの?

早い方は20代からでも目の下のたるみが気になり始めることがあります。たるみが進行すると、シワが深くなったり、クマのように見えやすくなったりします。目の下の皮膚がたるみで伸びてしまうと、メスで切ったり糸で引っ張ったりしないと改善できなくなってしまいます。

しかし、たるみ治療を早く開始すれば、メスを使わない安全性の高い治療が可能です。そのため、目の下のたるみが気になり始めたら、早めにフェミークリニックまでご相談ください。

目の下のたるみ治療は何歳から出来るの?

目の下が膨らんでくるのはなぜ?

眼球周辺の筋肉が衰えることによって、目の周りにある脂肪分が肌を押し出してしまうからです。目の下の膨らみやたるみは、肌表面の問題ではなく、肌の内側に原因があります。そのため、目の下の膨らみを改善するならクリニック治療がおすすめです。

目の下の膨らみをセルフケアで改善しようとしても、肌の内側にはアプローチできないため効果を発揮することは難しいです。また、セルフケアによって肌を摩擦してしまうと、シミやクマの原因になる場合もあります。

目の下の膨らみが気になる方は、フェミークリニックまでご相談ください。

目の下が膨らんでくるのはなぜ?

目の下のたるみ取りは痛くないですか?

最新のクリニック治療では、メスを使わずに治療するため、強い痛みを感じることはほとんどありません。ヒアルロン酸などの有効成分を肌に注入したり、HIFUのようなやや強い熱感を感じる超音波を当てたりする場合には、人によって痛みを感じることもあります。

いずれも我慢できないような痛みではありませんが、フェミークリニックでは患者さまの痛みに最大限に配慮した治療を行っております。表面麻酔を使ったり、機器の出力を調整することができますので、痛みが不安な患者さまはご遠慮なく施術時にお申し出ください。

目の下のたるみ取りは痛くないですか?

【まとめ】目の下のたるみを治すならフェミークリニックへ

目の下のたるみを治すならフェミークリニックへ

今回は、目の下のたるみの原因や効果的なクリニック治療について解説しました。

目の下のたるみは、加齢による筋力や肌の衰えや紫外線による肌へのダメージ、生活習慣の乱れや目の酷使が原因となります。目の周りにある眼輪筋という筋肉が衰え、眼球の下にある脂肪分を肌が支え切れなくなることで、目の下にたるみが現れはじめます。

目の下のたるみは、肌表面の問題ではなく肌の内部に原因があるため、市販の化粧品やマッサージでは改善することが難しいです。そのため、目の下のたるみを改善したいとお考えなら、早めにクリニック治療に切り替えることがおすすめです。

フェミークリニックでは、メスを使わないたるみ治療をご提案しています。肌そのものを活性化させる治療なので、痛みやダウンタイムが少なく、肌のハリや弾力を実感していただけます。

フェミークリニックでは、目の下のたるみにお悩みの方のために無料カウンセリングを実施しています。新宿、渋谷、池袋、銀座、大阪梅田、心斎橋・天王寺に7院を構えており、どの院もターミナル駅から数分なので、仕事帰りやおでかけついでにお気軽に立ち寄っていただけます。

無料カウンセリングについても、患者さまのプライバシーを最大限に配慮した完全予約制・完全個室で実施しております。どうぞ安心してご来院ください。目の下のたるみを改善する最適な治療プランを、無料にてご提案させていただきます。

フェミークリニック総院長 北山 英美子 (東邦大学医学部卒業 undefined所属)

このページの監修医師

フェミークリニック総院長北山 英美子

東邦大学医学部を卒業後、東邦大学形成外科に入局。経験を積んだのち、渋谷フェミークリニックを開院。2006年よりフェミークリニック全7院の総院長を務める。

  • 最終学歴
  • 東邦大学医学部
  • 所属学会
医師監修美肌ケアアドバイス トップへ戻る

各院のご紹介

Introduction

フェミークリニックは、東京4院、大阪3院ございます。

各院ごとの特徴や治療内容など、患者さまへしっかりとお伝えするために各院ごとに専門サイトをご用意しております。

治療メニューの詳細や料金は、各院サイトをご覧ください。

※外部サイトへ移動します。