電話予約LINE予約WEB予約
美容皮膚科フェミークリニックTOP医師監修美肌ケアアドバイスほうれい線のヒアルロン酸注入でよくある失敗5選!後悔しないためのポイントも解説
prop.template.title

ほうれい線のヒアルロン酸注入でよくある失敗5選!後悔しないためのポイントも解説

『ほうれい線のヒアルロン酸注入でよくある失敗は?』

『後悔しないためのポイントが知りたい!』

ヒアルロン酸注入は、手軽にエイジング効果が得られる美肌治療として人気が高まっています。ヒアルロン酸注入を行えば、ほうれい線を目立たなくすることも可能です。しかし、注射を使って体内に薬剤を入れる治療であるため、仕上がりや副作用が心配な方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、2003年の開業以来、美肌治療実績20年以上の美容皮膚科フェミークリニックが、ほうれい線のヒアルロン酸注入について解説します。

この記事を読めば、ヒアルロン酸注入でよくある失敗と後悔しないためのポイントもわかります。

フェミークリニックでは、ほうれい線でお悩みの方のために無料カウンセリングを実施しています。最適な治療プランを無料でご提案しておりますので、どうぞお気軽にご来院ください。

目次
1
ほうれい線のヒアルロン酸注入でよくある失敗
しこりができて凸凹になった
ほうれい線のしわがすぐに元に戻った
かえってほうれい線が目立つようになった
仕上がりが不自然で違和感がある
2
ほうれい線のヒアルロン酸注入で失敗しないための注意点
結果を急がない
安さを追求しすぎない
症例が豊富な信頼できるクリニックを選ぶ
美肌の総合クリニックを選ぶ
無料カウンセリングで治療プランをよく確認する
3
フェミークリニックのヒアルロン酸注入とは?
国内で承認されているヒアルロン酸を使用
アラガン社の認定医が施術
組み合わせ治療で高い相乗効果を発揮
4
【まとめ】ほうれい線のヒアルロン酸注入で失敗したくない方はフェミークリニックへご相談を
5
ヒアルロン酸注入のよくある質問

ほうれい線のヒアルロン酸注入でよくある失敗

ほうれい線のヒアルロン酸注入でよくある失敗

ヒアルロン酸は元々肌に存在する成分ですが、年齢とともに減少していくことがわかっています。

年齢

ヒアルロン酸が減少すると肌の潤いが失われていきます。また、筋肉が衰えたり、骨が細くなったりするため、しわや肌の凹みができやすくなります。

20代-60代

衰えた肌にヒアルロン酸を注入することで、肌に潤いが保たれ、しわや凹みが改善されます。肌のハリやつやがアップすることで、高いエイジングケア効果が期待できます。

しわ

一方、ヒアルロン酸の品質や量、注入の仕方によっては、かえって逆効果になってしまう場合もあります。特にほうれい線は顔の印象を大きく左右する部位であるため注意が必要です。

ほうれい線のヒアルロン酸注入でよくある失敗をまとめました。

● しこりができて凸凹になった

● ほうれい線のしわがすぐに元に戻った

● かえってほうれい線が目立つようになった

● 仕上がりが不自然で違和感がある

それぞれを解説します。

しこりができて凸凹になった

1つ目のほうれい線のヒアルロン酸注入でよくある失敗は、しこりができて凸凹になってしまうことです。
 
ほうれい線にヒアルロン酸を注入する際、均一に注入されなかったり、注入したヒアルロン酸が多すぎたりすると、余分なヒアルロン酸が塊となってしまう場合があります。また、注入した部分が浅い場合にも、皮膚の表面が凸凹になってしまう可能性があります。
 
多くの場合、時間の経過とともに改善されますが、しこりや凸凹がなかなか解消されない場合は、余分なヒアルロン酸を溶解する治療が必要になることも。大切なお金を使って注入したヒアルロン酸を、お金を使って再び溶かすなんて、あまりにももったいないことですよね。
 
そのため、ヒアルロン酸を使った美肌治療は、症例が豊富で信頼できる医療機関を選びましょう。
 
フェミークリニックでは、国に承認されているアラガン社のジュビダームビスタ®シリーズのヒアルロン酸を使用しています。また、ヒアルロン酸注入を施術する医師は、アラガン・ジャパン株式会社が発行する資格認定証書を取得し、施術の安全性と信頼性を高める取り組みを行っております。
 
ほうれい線のヒアルロン酸注入で失敗したくない方は、フェミークリニックまでご相談ください。無料カウンセリングでは、ほうれい線の症状を見極めた上で、最適な治療プランを無料でご提案しております。どうぞお気軽にご来院ください。

ほうれい線のしわがすぐに元に戻った

ほうれい線のしわがすぐに元に戻った

2つ目のほうれい線のヒアルロン酸注入でよくある失敗は、ほうれい線のしわがすぐに元に戻ってしまうことです。
 
注入されたヒアルロン酸の量が少なかったり、品質が低いものだったりすると、しわやたるみを支えることができず、皮膚を持ち上げることができません。

施術直後はほうれい線が改善されたように思えても、すぐにしわができてしまった場合は、ヒアルロン酸の量や質に問題がある可能性があります。

注入されたヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されていきます。そのため、半永久的な効果は期待できませんが、ほうれい線のしわがすぐに元に戻ってしまう場合は、ヒアルロン酸の量や質を見直す必要があるでしょう。

かえってほうれい線が目立つようになった

3つ目のほうれい線のヒアルロン酸注入でよくある失敗は、かえってほうれい線が目立つようになってしまうことです。
 
ヒアルロン酸の注入箇所が不適切だったり、注入するヒアルロン酸の量や質に問題があったりした場合、かえってほうれい線が目立ってしまう可能性があります。ほうれい線は鼻から口元にかけて形成される皮膚の溝ですが、頬や口元のふくらみのバランスが崩れれば、かえって溝が深くなりほうれい線が目立ちやすくなります。
 
ヒアルロン酸は数週間をかけて皮膚に馴染んでいくため、しばらく様子を見ることも必要です。しかし、ほうれい線が目立った状態が長く続くと、溝が深くなってしまう可能性もあるため注意が必要です。
 
こうした失敗をできるだけ避けるためには、症例が豊富で信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。

仕上がりが不自然で違和感がある

仕上がりが不自然で違和感がある

4つ目のほうれい線のヒアルロン酸注入でよくある失敗は、仕上がりが不自然で違和感があることです。
 
ヒアルロン酸の注入量が多かったり、注入する位置が適切でなかった場合、仕上がりが不自然になり違和感を覚える可能性があります。顔の印象はさまざまなパーツの位置や凹凸、質感によって大きな影響を受けるため、ヒアルロン酸注入で顔のバランスが変化すると、周囲に不自然な違和感を与えてしまうかもしれません。

ヒアルロン酸注入の効果を期待するあまり、ヒアルロン酸の量や注入の頻度が多くなりすぎると、仕上がりが不自然になる可能性があるため注意が必要です。

次に、ほうれい線のヒアルロン酸注入で失敗しないための注意点を解説します。

ほうれい線のヒアルロン酸注入で失敗しないための注意点

ほうれい線のヒアルロン酸注入で失敗しないための注意点

ほうれい線のヒアルロン酸注入で失敗をしないためには、以下の点に注意することが大切です、

● 結果を急がない

● 安さを追求しすぎない

● 症例が豊富な信頼できるクリニックを選ぶ

● 施術後のマッサージや激しい運動、日焼け、飲酒は控える

● 無料カウンセリングで治療プランをよく確認する

それぞれを解説します。

結果を急がない

ヒアルロン酸注入で失敗しないための1つ目の注意点は、結果を急がないことです。
 
ヒアルロン酸注入は、比較的効果を実感しやすい美肌治療です。しかし、結果を急ぎ過ぎてしまうと、ヒアルロン酸の注入量や施術頻度が多くなってしまい、かえって不自然な仕上がりになってしまう可能性があります。
 
結果を急ぐあまり、周囲に違和感を与えてしまっては元も子もありません。また、必要以上に時間とお金を消耗してしまう危険性もあるため注意が必要です。
 
ほうれい線のしわを無くすことも大切ですが、顔全体の調和を整え、違和感がない仕上がりにすることも大切です。結果を急ぎ過ぎず、医師と相談しながら無理のない治療を続けていくことをおすすめします。

安さを追求しすぎない

安さを追求しすぎない

ヒアルロン酸注入で失敗しないための2つ目の注意点は、安さを追求しすぎないことです。
 
ヒアルロン酸注入は、使用する薬剤やクリニックの技量によって料金が変わります。料金は安い方が魅力的ですが、薬剤の安定性やクリニックの信頼性、施術後の仕上がりは何よりも大切です。安さを追求しすぎるあまり、かえって違和感のある仕上がりにならないように注意しましょう。
 
特にほうれい線は顔の印象を決める大切なパーツのひとつです。

そのため、安さよりも品質や満足度も含めた全体的なコストパフォーマンスを重視することをおすすめします。

症例が豊富な信頼できるクリニックを選ぶ

ヒアルロン酸注入で失敗しないための3つ目の注意点は、症例が豊富な信頼できるクリニックを選ぶことです。
 
治療経験が豊富な医師やクリニックを選ぶことは、自然な仕上がりや高い満足感を得るためには非常に大切なポイントです。数多くの症例があるということは、さまざまな症状に対応できる技術力を持っているという証です。また、開院歴が長いクリニックの方が、多くの患者さまの信頼を積み上げてきた安心感があります。
 
フェミークリニックなら、2003年の開業以来、20年以上の美肌治療実績があるため、ほうれい線のお悩みを解消する適切なヒアルロン酸注入が可能です。

美肌の総合クリニックを選ぶ

美肌の総合クリニックを選ぶ

ヒアルロン酸注入で失敗しないための4つ目の注意点は、美肌の総合クリニックを選ぶことです。
 
ほうれい線のお悩みはヒアルロン酸注入だけでは解決できない場合があります。しわやたるみの原因は複雑であり、ヒアルロン酸だけでなくコラーゲンやエラスチンが不足している可能性があるからです。また、顔の筋肉や骨は年齢とともに衰えて弱くなっていくため、寝不足や運動不足を解消してホルモンバランスを整えたり、肌と心身の健康に最適な食習慣を継続していく必要もあります。

フェミークリニックは、しわやたるみ、シミ、ニキビなどの治療も可能な美肌の総合クリニックです。患者さまお一人お一人に最適な治療プランをご提案できるだけでなく、ホームケアのアドバイスや生活習慣改善のご相談も可能です。

ほうれい線でお悩みの方は、美肌の総合クリニックであるフェミークリニックまでご相談ください。

無料カウンセリングで治療プランをよく確認する

ヒアルロン酸注入で失敗しないための5つ目の注意点は、無料カウンセリングで治療プランをよく確認することです。
 
美肌治療を行うクリニックでは、事前に無料カウンセリングに参加できる場合が多いです。無料カウンセリングでは、ヒアルロン酸の成分やほうれい線治療の症例、料金、アフターフォロー、クリニックの雰囲気、スタッフの応対など、さまざまな点を確認しておきましょう。
 
特に医師とのコミュニケーションは大切です。患者さまのお悩みを親身になってヒアリングし、予算や希望にあった治療プランを考えてもらえているかどうかをしっかりと確認しましょう。
 
無料カウンセリングでは、不明な点や不安な点を納得いくまで質問することをおすすめします。大切なお金と時間を使って施術をするわけですから、無料カウンセリングで治療プランをよく確認しましょう。
 
クリニック選びでお悩みの方は、フェミークリニックの無料カウンセリングにご参加ください。次に、フェミークリニックのヒアルロン酸注入についてご紹介します。

フェミークリニックのヒアルロン酸注入とは?

フェミークリニックのヒアルロン酸注入とは?

ほうれい線のヒアルロン酸注入をお考えであれば、美容皮膚科フェミークリニックへご相談ください。フェミークリニックのヒアルロン酸注入の主な特徴をご紹介します。

● 承認済みヒアルロン酸を使用

● アラガン社の認定医が施術

● 組み合わせ治療で高い相乗効果を発揮

それぞれを解説します。

国内で承認されているヒアルロン酸を使用

国内で承認されているヒアルロン酸を使用

1つ目のフェミークリニックのヒアルロン酸注入の特徴は、国に承認されているヒアルロン酸を使用することです。
 
フェミークリニックが使用するヒアルロン酸は、日本の厚生労働省が安全性と効果を承認したヒアルロン酸であるアメリカ・アラガン社のジュビダームビスタ®シリーズです。注射直後の状態が長期間続くように作られており、美肌効果は最大で2年間持続します。

世の中にはもっと安価なヒアルロン酸もありますが、安全性や効果が国内で承認されていません。

フェミークリニックでは、患者さまの安全性と満足度を最優先で考えているため、日本の厚生労働省が承認したアラガン社製のヒアルロン酸を使用しています。

アラガン社の認定医が施術

アラガン社の認定医が施術

2つ目のフェミークリニックのヒアルロン酸注入の特徴は、アラガン社の認定医が施術することです。
 
フェミークリニックでヒアルロン酸注入を行う医師は、アラガン・ジャパン株式会社が発行する資格認定証書を取得しております。アラガン社の認定医になることで、より安全で効果的なヒアルロン酸注入が可能になります。
 
ヒアルロン酸は、注入する量や位置、薬剤の硬さの調整によって施術の仕上がりに大きな影響があります。

フェミークリニックでは、ナチュラルでバランスの良い仕上がりとリスクや副作用を抑えた安全性の高い施術にこだわっているため、ヒアルロン酸注入を行う医師全員がアラガン社の認定資格を取得しています。

組み合わせ治療で高い相乗効果を発揮

組み合わせ治療で高い相乗効果を発揮

ほうれい線を効果的に改善するには、ヒアルロン酸注入だけでは難しい場合もあります。特にほうれい線ができてから時間が経過している場合、ほうれい線の溝が深く刻まれているため、より強力なアプローチが必要です。
 
フェミークリニックでは、2003年の開業以来、しわやたるみなどの治療を20年以上行ってきた実績があるため、ヒアルロン酸との相乗効果を発揮できる最新の美肌治療メニューを多数ご用意しています。

例えば、ヒアルロン酸注入と表情筋の働きを弱めるボトックス注射を組み合わせれば、ほうれい線が悪化することを防げます。

また、コラーゲンの生成を促すコラーゲンピールや患者さま自身の血小板から抽出した成分でお肌を改善するPRP治療(再生治療)なら、肌を内側から持ち上げる力が回復し、ヒアルロン酸注入との高い相乗効果が期待できます。
 
年齢だからと諦めていたほうれい線の治療も、フェミークリニックなら効果的な改善が期待できます。ハリのある若々しいピンと張った肌を目指したい方は、ぜひフェミークリニックの無料カウンセリングをご利用ください。お一人お一人の肌質に合わせた最適な治療プランを無料でご提案いたします。

【まとめ】ほうれい線のヒアルロン酸注入で失敗したくない方はフェミークリニックへご相談を

ほうれい線のヒアルロン酸注入で失敗したくない方はフェミークリニックへご相談を

今回は、ほうれい線のヒアルロン酸注入のよくある失敗について解説しました。

ほうれい線のヒアルロン酸注入のよくある失敗には以下のものがあります。

● しこりができて凸凹になった

● ほうれい線のしわがすぐに元に戻った

● かえってほうれい線が目立つようになった

● 仕上がりが不自然で違和感がある

● 痛み、腫れ、内出血などの副作用が起きた

ヒアルロン酸注入は、ヒアルロン酸の注入量や注入箇所、品質によって結果が大きく変わります。そのため、症例が豊富な信頼できるクリニックでの施術をおすすめします。
 
ほうれい線でお悩みの方、ほうれい線のヒアルロン酸注入で失敗したくない方は、フェミークリニックまでご相談ください。
 
●      国内で承認されているヒアルロン酸を使用
●      アラガン社の認定医が施術
●      組み合わせ治療で高い相乗効果を発揮
 
フェミークリニックのヒアルロン酸注入なら安全性と信頼性が高い施術が可能です。
 
フェミークリニックでは、ほうれい線でお悩みの方のために無料カウンセリングを実施しています。最適な治療プランを無料でご提案しておりますので、どうぞお気軽にご来院ください。

ヒアルロン酸注入のよくある質問

ヒアルロン酸注入のよくある質問

ほうれい線のヒアルロン酸注入に関するよくある質問をまとめました。

ほうれい線のヒアルロン酸注入で失敗しないためにはどうすれば良いですか?

ヒアルロン酸は注入量や注入箇所によって結果が変わります。そのため、ヒアルロン酸注入で失敗しないためには、症例が豊富な信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。

また高品質なヒアルロン酸の方が、効果が持続しやすく、腫れや痛みなどの副作用のリスクも少ないため、安価なヒアルロン酸にはご注意ください。

フェミークリニックは、2003年の開業以来、20年以上の美肌治療実績があるため、ほうれい線のヒアルロン酸注入も安心して施術いただけます。また、フェミークリニックが使用するヒアルロン酸は、アラガン社のジュビダームビスタ®シリーズとなります。アラガン社のジュビダームビスタ®シリーズは、厚生労働省が安全性と効果を承認しているヒアルロン酸となります。

ほうれい線のヒアルロン酸注入のデメリットは?

ヒアルロン酸注入のデメリットは、過剰な注入や不適切な施術によって不自然な仕上がりになる場合があること、効果の持続期間が限られていること、ほうれい線の溝が深い場合は効果を感じられない場合があることなどです。

ヒアルロン酸注入で失敗しないためには、症例が豊富な信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。

ほうれい線にヒアルロン酸を打った後はどうなりますか?

ヒアルロン酸を注入すると、ほうれい線部分の皮膚がボリュームアップし、しわやたるみの改善効果が期待できます。ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分なので、重篤な副作用が起きる心配はほとんどありません。

ただし、ヒアルロン酸の品質は製品によって異なります。おすすめは、国内で承認されているアラガン社のジュビダームビスタ®シリーズとなります。アラガン社のジュビダームビスタ®シリーズのヒアルロン酸を注入したい方は、フェミークリニックまでご相談ください。

ほうれい線を完全になくす方法はありますか?

年齢や肌質、ほうれい線の溝の深さにもよりますが、完全になくすことは難しい場合もあります。

ただし、ヒアルロン酸注入に加えて、ボトックス注射やコラーゲンピール、PRP治療(再生治療)などの美肌治療を組み合わせることで、ほうれい線の大幅な改善が期待できます。

ほうれい線でお悩みの方は、フェミークリニックまでご相談ください。多彩な美肌治療メニューの中から、最適な組み合わせ治療をご提案させていただきます。

フェミークリニック総院長 北山 英美子 (東邦大学医学部卒業 undefined所属)

このページの監修医師

フェミークリニック総院長北山 英美子

東邦大学医学部を卒業後、東邦大学形成外科に入局。経験を積んだのち、渋谷フェミークリニックを開院。2006年よりフェミークリニック全7院の総院長を務める。

  • 最終学歴
  • 東邦大学医学部
  • 所属学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本皮膚科学会
医師監修美肌ケアアドバイス トップへ戻る

各院のご紹介

Introduction

フェミークリニックは、東京4院、大阪3院ございます。

各院ごとの特徴や治療内容など、患者さまへしっかりとお伝えするために各院ごとに専門サイトをご用意しております。

治療メニューの詳細や料金は、各院サイトをご覧ください。

※外部サイトへ移動します。