<\/noscript>
電話予約LINE予約WEB予約
美容皮膚科フェミークリニックTOP医師監修美肌ケアアドバイス妊娠中の医療脱毛・サロン脱毛施術はNG!赤ちゃんへの影響の有無や妊婦の脱毛の注意事項は?
prop.template.title

妊娠中の医療脱毛・サロン脱毛施術はNG!赤ちゃんへの影響の有無や妊婦の脱毛の注意事項は?

脱毛に通うことを検討中で、いずれ妊娠をすることを希望されている方や、脱毛通いの最中に妊娠が発覚した方は、レーザー脱毛や光脱毛が赤ちゃんに与える影響が気になりますよね。

また、妊娠中のムダ毛の処理はどうしたらよいかなど、妊娠と脱毛について色々知っておきたいという方も多いと思います。

そこでこのページでは、妊娠中の脱毛の影響や、自己処理の方法、また妊娠が発覚した場合のクリニック・サロンとの契約など、妊娠と脱毛に関する情報をまとめました。

これらを参考にして、少しでも安心して妊活や出産準備期間をお過ごしいただければ幸いです。

目次
1
妊娠中、レーザー脱毛や光脱毛がNGの理由
施術中の体勢維持が負担になるため
毛周期の変化によって脱毛効率が落ちる
肌トラブルが起きやすくなる
2
脱毛中に妊娠が発覚!胎児への影響は?契約はどうすれば?
妊娠に気づかず脱毛してしまっても胎児に影響はなし
脱毛をお休みできる「休会制度」を活用しよう
脱毛を中断してももとには戻らないのでご安心を
出産後、脱毛はいつから再開できる?
3
妊娠中の自己処理と注意点
自己処理のリスクと適切な方法
保湿をしっかりして肌荒れを防ぐ
4
永久脱毛は妊娠前に完了しておくと◎
自己処理ができなくなっても大丈夫
出産時にムダ毛が恥ずかしくない
蒸れやかゆみ、万が一の感染症を防げる
5
動画で解説!フェミークリニックのVIO脱毛
6
妊娠前に脱毛をしたいと思ったらまずはフェミークリニックの無料カウンセリングへ
7
妊娠中の脱毛に関するよくあるご質問

妊娠中、レーザー脱毛や光脱毛がNGの理由

まず最も大切なことを結論から申し上げれば、妊娠中は、医療脱毛(レーザーを用いた永久脱毛)も、光脱毛(脱毛サロンやエステで行う脱毛)も、受けないことが望ましいです。
お腹の赤ちゃんに直接影響が出るわけではありませんが、以下の理由から施術をお断りしています。

施術中の体勢維持が負担になるため

施術中の体勢維持が負担になるため

脱毛の施術中は、レーザーや光を照射している間、同じ体勢を長時間続ける必要があります。また、施術部位によってはうつ伏せになったり、身体を横向きになってベッドに横になったりと、妊娠中の方には長時間取るのが難しい体勢になっていただく必要があります。
妊娠している方が無理な体制を長時間とっていると、血行不良やむくみなどのご負担がかかる可能性があり、万が一のトラブルに備えて施術は通常断りしています。

毛周期の変化によって脱毛効率が落ちる

毛周期の変化によって脱毛効率が落ちる

妊娠中の体は多くの変化を経験します。その一つがホルモンバランスの大きな変動で、これが女性の体毛の成長に影響を与えます。
この変動により、脱毛施術の効果が期待通りに得られないケースがあります。
体内ホルモンの変化により、毛周期が乱れたり一時的に体毛が太く、濃い色になったりすることがあり、これが原因で脱毛施術の効果が低下することがあります。

肌トラブルが起きやすくなる

肌トラブルが起きやすくなる

妊娠中は皮膚が乾燥して敏感になり、肌トラブルが起きやすくなります。これまで肌トラブルや乾燥肌とは無縁だった方も妊娠してはじめてそれらのトラブルに見舞われるというケースがあるほどです。
 
レーザーや光を照射した時の刺激や、施術前の自己処理の刺激が、敏感になった皮膚にいつも以上のダメージを与えてしまう可能性が高まります。
結果、肌が強いストレスを感じ、かゆみや赤み、湿疹等の皮膚トラブルを誘発する可能性があり、これも理由として通常は施術を断りしています。

脱毛中に妊娠が発覚!胎児への影響は?契約はどうすれば?

脱毛中に妊娠が発覚!胎児への影響は?契約はどうすれば?

妊娠に気がつかずに脱毛施術を受けてしまった、妊娠したけど契約回数が残っている、そんな場合の影響や対処について解説します。

妊娠に気づかず脱毛してしまっても胎児に影響はなし

妊娠初期は妊娠がわかりにくいため、妊娠が発覚してから遡ったら気が付かずに脱毛施術を受けてしまっていた、という場合も多々あります。でもご安心ください。結論からいうと、現行の医学的見地では、レーザー脱毛・光脱毛が胎児に直接影響を与えるという研究結果はありません
ただし、妊娠期間中はホルモンバランスが変化し、肌の状態もそれに伴い変わる可能性がありますので、脱毛施術が肌への負担を考えて、また施術中の体制への負担も鑑みて一般的に妊娠中の脱毛は避けられています。

脱毛をお休みできる「休会制度」を活用しよう

脱毛中に妊娠がわかった場合、出産して身体が落ち着くまでしばらく通うことができなくなります。
妊娠がわかった時点で解約することもひとつですが、大抵の脱毛サロンや脱毛クリニックでは、一時的な「休会」を選ぶことができます。脱毛の進行状況を通わずにいる間も保持することが可能です。
フェミークリニックでも、妊娠中はご契約をそのままに一時休会をしていただけます。ただし必ず休会する旨をお電話か受付でお伝えください。
 
妊娠を望む女性は、安心して施術を受けるためにも、そういったサポート体制にも注目しつつ合うサロン・クリニックを探すことをお勧めします。

脱毛を中断してももとには戻らないのでご安心を

妊娠により始めた脱毛施術を途中で中断した場合、これまで取り組んだ脱毛効果が無駄になるのではないかと心配になるでしょう。
しかし、施術を受けた毛根部分は既に破壊されており、再び毛が生えてくることはありません(医療脱毛の場合)。
そのため、何らかの理由で脱毛施術を一時的に中断したとしても、これまでの成果が台無しになる事態は避けられます。無駄になることはなく、長期的に効果は持続し、後々の自己処理の負担を軽減するメリットがあります。

出産後、脱毛はいつから再開できる?

出産後、いつから脱毛が再開可能なのか疑問を感じている女性は少なくないでしょう。一般的に、出産後2~3ヶ月経過後くらいから再開する方が多いようです。授乳期間もまだ発毛が増えたままであったり、減耗効果が落ちたままであったりする場合があります。その場合は授乳を終える時期を目安にしてください。
しかし脱毛の再開タイミングは、体調や子育て状況等個々の事情に大きく左右されますから、無理せずに自身の状況に合う計画を立てることが重要です。

妊娠中の自己処理と注意点

妊娠中は実は、ホルモンバランスの変化によって体毛が濃くなる傾向になります。脱毛施術をお休みしている間も、そんなムダ毛は生えてきてしまうため、自己処理はどうしたらいいかと疑問にお悩みの方もいらっしゃると思います。
ここからは、妊娠中のムダ毛の自己処理について解説していきます。

自己処理のリスクと適切な方法

妊娠中はホルモンの影響でムダ毛が濃くなりがちなこともあり、気になるかもしれません。ただ、レーザー脱毛や光脱毛をお休みしたほうが良い理由の通り、妊娠中は肌が敏感になり、肌トラブルが起きやすくなります
そのため、妊娠中は基本的に自己処理もお休みしたほうが安心です。

自己処理のリスクと適切な方法

しかし、マタニティフォトや結婚式、お出かけなどどうしてもムダ毛を処理しておきたい日というのはありますよね。
そんな時の自己処理は、電気シェーバーでの処理をおすすめしています。電気シェーバーは構造上、刃は肌に直接当たらないので敏感になった肌にも優しい処理方法です。カミソリは使わないほうがいいでしょう。また特に、脱毛ワックス毛抜きなどの処理は特に刺激が強いので避けましょう

保湿をしっかりして肌荒れを防ぐ

保湿をしっかりして肌荒れを防ぐ

妊娠中は特に肌は乾燥しやすくなります。どうしてもムダ毛の自己処理が必要になった場合は、電気シェーバーを使う前後にいつも以上にしっかり保湿をすることを心がけてください。
乾燥を放置すると肌荒れに繋がります。
特にお腹の皮膚は、お腹が大きくなるのに連れてどんどん皮が伸びて乾燥しやすくなります。乾燥した状態でお腹の皮が伸びるとコラーゲン繊維が切れて妊娠線(ストレッチマーク)と呼ばれる線が出るので、お腹の皮膚は念入りに保湿を行いましょう。

永久脱毛は妊娠前に完了しておくと◎

永久脱毛は妊娠前に完了しておくと◎

ここまで解説してきた通り、妊娠中はクリニックやサロンでの脱毛ができず、自己処理も推奨されていません。そのため、VIO脱毛、とくにVIOの永久脱毛を妊娠前に終えておくと、自己処理の手間がずっと省けるだけでなく、妊娠中、出産後にも様々なメリットがあります。

自己処理ができなくなっても大丈夫

妊娠中、特に妊娠中期以降はお腹が大きくなり、脚やデリケートゾーンの自己処理が難しくなることがあります。体型の変化に伴い、自分の身体を確認するのが困難になり、自己処理のリスクが高まります。

ムダ毛による見た目気になる方はもちろん、特にVIOのムダ毛を予め無くしておくことで、大切な妊娠期間を、素肌を清潔に保ちながら母子共に健康で安全な毎日を送ることができます。

出産時にムダ毛が恥ずかしくない

体毛が生えていることは自然なことですから、お医者さんや助産師、周りのスタッフも特に気にしません。無事に赤ちゃんを産んでもらうことに全力で、それどころではないでしょう。

ただ、出産をされる御本人がどうしても気になるということでしたら、事前に永久脱毛を終えておけば、妊娠中に自己処理が難しくなってもストレスなく出産に臨めます。

蒸れやかゆみ、万が一の感染症を防げる

妊娠初期は、ホルモンバランスの変動により体温が上がる傾向があります。そんな中特に陰毛の存在は、蒸れや不快なかゆみを誘発し感染症のリスクを高める可能性があります。

また、妊娠中はおりものが増えるため、脱毛を完了しておくことでデリケードゾーンを清潔に保つことができます。

出産後については悪露と呼ばれる分泌物が排出されます。これがアンダーヘアに付着すると蒸れやかぶれを引き起こす場合があります。

また、出産時に会陰切開を行った場合、アンダーヘアが脱毛されていれば傷口付近を常に清潔に保つことに繋がります。

このような理由から、特にVIO、つまりアンダーヘアの脱毛をあらかじめ完了しておけば、細菌の繁殖を抑えられ、ニオイや肌トラブル、感染症などのリスクを軽減できます。

動画で解説!フェミークリニックのVIO脱毛

フェミークリニック公式YouTubeチャンネルでは、皆さまが気になるVIO脱毛について、北山総院長自ら動画で解説しています。

VIOの医療脱毛を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

妊娠前に脱毛をしたいと思ったらまずはフェミークリニックの無料カウンセリングへ

妊娠前に脱毛をしたいと思ったらまずはフェミークリニックの無料カウンセリングへ

いつか赤ちゃんを産みたいと考えているなら、妊娠前に永久脱毛を完了させてしまうのがおすすめです。

もし迷っているのであれば、まずはフェミークリニックの無料カウンセリングにいらっしゃってみませんか?

経験豊富な医師やスタッフが、医療脱毛に関する様々な疑問に丁寧にお答えします。

妊娠中の脱毛に関するよくあるご質問

妊娠中、レーザー脱毛はできませんか?

ほぼすべてのクリニックやサロンが、妊娠中の医療レーザー脱毛や光脱毛は基本的にお断りしています。

その理由は、施術中の体勢が負担になる、肌が敏感になるため予期せぬ肌トラブルに繋がる可能性がある、ホルモンバランスの変化により毛周期が乱れて照射による脱毛効果が落ちるなどといった要素があるためです。

ただ、仮に妊娠初期に気づかずに施術を受けてしまったとしても赤ちゃんに影響があるわけではないため、その点はご安心ください。

契約が残っている状態で妊娠がわかったらどうなりますか?

フェミークリニックでは、契約はそのままで一時脱毛施術をお休みいただける「休会」という選択ができます。

安心してご出産していただき、体調が落ち着きましたら残りの回数の施術を受けていただければと思います。

妊娠で脱毛を中断したら元に戻ってしまいますか?

脱毛に通っている途中で中断しても、破壊が終わった毛根は二度と再生しないので、照射した分が戻ることは基本的にはありません。(医療脱毛の場合)。

光脱毛の場合は、毛根を破壊するわけではないため一時的な減毛にとどまり、永久脱毛効果は得ることができません。中断の有無に関わらず一度完了した脱毛箇所から再び毛が生えてくることがあります。

妊娠中、アンダーヘアの処理はしてもいいですか?

妊娠中は肌がデリケートになるため、ムダ毛の自己処理は推奨されていません。

どうしてもしたいという場合は、カミソリは使わず、刃が直接肌に触れない電気シェーバーを使って行いましょう。

また、もしお腹が出てきていて少しでも体勢が厳しいと感じたら、無理に剃ろうとするのは絶対にやめましょう。

妊娠中にお腹の毛を剃ってもいいですか?

肌表面への刺激が赤ちゃんに影響を及ぼすことはほぼないため、お腹のムダ毛を剃ることは大きな問題はありません。

ただ、妊娠中は肌が乾燥しやすくデリケートになるため、推奨はしておらず、特にカミソリなど皮膚に刺激を与える自己処理はおすすめできません。

もしどうしても自己処理をしたいということであれば、乾燥を予防するため保湿を怠らないようにしましょう。保湿は妊娠線(ストレッチマーク)の予防にも繋がります。

フェミークリニック総院長 北山 英美子 (東邦大学医学部卒業 undefined所属)

このページの監修医師

フェミークリニック総院長北山 英美子

東邦大学医学部を卒業後、東邦大学形成外科に入局。経験を積んだのち、渋谷フェミークリニックを開院。2006年よりフェミークリニック全7院の総院長を務める。

  • 最終学歴
  • 東邦大学医学部
  • 所属学会
医師監修美肌ケアアドバイス トップへ戻る

各院のご紹介

Introduction

フェミークリニックは、東京4院、大阪3院ございます。

各院ごとの特徴や治療内容など、患者さまへしっかりとお伝えするために各院ごとに専門サイトをご用意しております。

治療メニューの詳細や料金は、各院サイトをご覧ください。

※外部サイトへ移動します。