<\/noscript>
電話予約LINE予約WEB予約
美容皮膚科フェミークリニックTOP医師監修美肌ケアアドバイス医療脱毛の熱破壊式と蓄熱式の違いは?フェミーが熱破壊式を採用する理由
prop.template.title

医療脱毛の熱破壊式と蓄熱式の違いは?フェミーが熱破壊式を採用する理由

医療脱毛(医療レーザー脱毛)は、医療用の高出力レーザーの熱によって毛を作り出す機関を破壊し、ムダ毛を永久的に生えなくする脱毛技術です。

医療レーザー脱毛は、脱毛サロンやエステなどで受けられる「光脱毛/エステ脱毛」とは異なり、毛を作り出す機能を完全に壊すため永久的な脱毛効果が期待でき、ムダ毛の定期的な処理の煩わしさから生涯開放される人気の施術です。

ただ「医療レーザー脱毛」とひと口にいっても、使う機器によって実は違いがあり、大きく「熱破壊式(別名:ショット式)」と「蓄熱式」に分かれています。

このページではしばしば「一体どっちの機器がいいの?」と話題なる「熱破壊式(ショット式)」と「蓄熱式」の違いや、フェミークリニックが扱う医療脱毛機器の種類について解説していきます。

目次
1
まずは熱破壊式と蓄熱式の脱毛メカニズムの違いを解説
熱破壊式(ショット式)の場合
蓄熱式の場合
2
熱破壊式(ショット式)と蓄熱式、結局どっちがいいの?
3
フェミークリニックが熱破壊式(ショット式)を採用している理由
熱破壊式(ショット式)は永久的な脱毛効果が確認されている
熱破壊式(ショット式)はうぶ毛が苦手と聞いたけど?
4
様々な毛質に対応するフェミークリニックの脱毛機器のご紹介
熱破壊式(ショット式)のレーザーの種類は3種類
フェミークリニックで扱う主な脱毛機械の解説
脱毛機器の違いを動画でも解説
5
熱破壊式(ショット式)は痛みが心配?フェミークリニックの痛みを抑える工夫
①毛質や肌質に合わせた脱毛機器の使い分け
②リラックスして施術を受けていただける環境づくり
③麻酔クリームのご用意もあります
ご自身で痛みを軽減する工夫も
●保湿をしっかりする
●紫外線対策をしっかり
●生理中は施術を避ける
6
医療脱毛で、つるすべ素肌を手に入れましょう

まずは熱破壊式と蓄熱式の脱毛メカニズムの違いを解説

毛を作り出す機関は主に、毛の細胞が作られる「毛母細胞」、毛母細胞に細胞を作るための栄養を送る「毛乳頭」、毛を作る命令を送る「バルジ領域」からなります。

「熱破壊式(ショット式)」と「蓄熱式」は、それらに働きかける箇所がそれぞれ異なります。

熱破壊式(ショット式)の場合

熱破壊式(ショット式)のメカニズム

熱破壊式脱毛器は、毛の黒い色(メラニン色素)に反応するレーザーの熱を当てることで、「毛母細胞」と「毛乳頭」、そして「バルジ領域」すべてを破壊します。

毛を作る組織全体を破壊するため、基本的には二度と毛が生えてくることはありません。

レーザー脱毛で施術を行った時に感じる「パチッ」という痛みは、これらの毛を生産する組織が破壊される衝撃を感じる痛みです。

蓄熱式の場合

蓄熱式のメカニズム

蓄熱式の脱毛マシンは、毛母細胞や毛乳頭まで届かない浅い部分にレーザーを当て、その名前の通り弱い熱をじわじわと「蓄積」して、「バルジ領域」のみを壊します。

「毛母細胞」や「毛乳頭」は基本的にそのまま残ります。

使われるエネルギーが少ないため、蓄熱式(ショット式)に比べて痛みが少ないと言われています。

熱破壊式(ショット式)と蓄熱式、結局どっちがいいの?

結論から言うと、早く確実な永久脱毛効果を得たいなら熱破壊式をおすすめします。

熱破壊式と蓄熱式は、破壊する箇所が異なるとはいえ、どちらも永久脱毛効果が期待できます。

単純に比べるなら、「痛みが少ないなら蓄熱式がいいな」と思う方がいらっしゃるかと思います。

しかし蓄熱式の脱毛方法は、毛を作る司令を送る「バルジ領域」のみを破壊し、毛を作り出す「毛乳頭」や「毛母細胞」は生きています。バルジ領域が破壊され、司令が送れなくなっても、残った毛乳頭や毛母細胞はしばらく毛の生産を行います。

そのため、施術後の脱毛効果がわかりにくい場合があります(毛周期が巡ることで段々と脱毛効果が実感できます)。

それに比べて熱破壊式(ショット式)は、レーザーを当てた瞬間に毛を作り出す組織をすべて破壊されるため、ムダ毛がすぐに脱毛しはじめ、わかりやすい脱毛効果を感じることができます。

もちろん、毛周期によって次の毛を作る組織が生まれるため、何度か照射をする必要はありますが、都度毛の生成組織をまるごと破壊するため、蓄熱式に比べて、完全に完了するまでの照射回数も少なくて済む傾向にあります。

フェミークリニックが熱破壊式(ショット式)を採用している理由

熱破壊式(ショット式)は永久的な脱毛効果が確認されている

蓄熱式レーザー脱毛は誕生してからまだ歴史が浅く、本当に「永久的な脱毛効果」があるか確認できるほど、施術を受けた人の時間が経過していません。

医療脱毛は医療保険が使えない全額自費診療であるため、費用が高額になりがちです。

せっかく永久脱毛をしたくて施術を受けても、また生えてきてしまったらショックですよね。

そのため、フェミークリニックでは、歴史が長く確実な脱毛効果の持続が確認されている熱破壊式(ショット式)を採用しています。

熱破壊式(ショット式)はうぶ毛が苦手と聞いたけど?

熱破壊式(ショット式)は毛の黒い部分(メラニン色素)に反応させてレーザー熱を当てるため、色素が薄いうぶ毛などの脱毛は、蓄熱式に比べて苦手とされています。

しかしフェミークリニックでは、4種以上のショット式の脱毛機器を使い分け、うぶ毛程度のメラニン色素にも反応する機器を使用したり、出力を調整したりして、うぶ毛の処理も確実に行えるように工夫をしています。

様々な毛質に対応するフェミークリニックの脱毛機器のご紹介

熱破壊式(ショット式)のレーザーの種類は3種類

熱破壊式(ショット式)のレーザーの種類は3種類

熱破壊式(ショット式)で照射するレーザーは主に3種類あり、部位によって生えている位置がことなる毛根に、それぞれ対応する深さのレーザーを当てます。

レーザーの種類

対応する機器

アレキサンドライトレーザー

・ジェントルレーズ

・ジェントルマックス

・ジェントルマックスプロ

YAGレーザー

・ジェントルマックスプロ

ダイオードレーザー

・ライトシェア

・ベクタス

・メディオスターNeXT PRO

フェミークリニックで扱う主な脱毛機械の解説

熱破壊式(ショット式)を採用しているフェミークリニックで扱う脱毛機器をご紹介します。

それぞれ出力や特徴が異なるため、部位や患者様の肌質によって機器を使い分けています。

ジェントルレーズ

ジェントルレーズ

レーザー

アレキサンドライトレーザー

波長

755nm

照射方式

ショット式

特徴

太い毛にもしっかり反応。

顔やVIOといった凹凸の多い部位も形に合わせて照射可能。

冷却方法

レーザーの照射と同時に冷却ガスを噴射し、熱傷を防ぐ。

ジェントルマックス

ジェントルマックス

レーザー

アレキサンドライトレーザー

波長

755nm

照射方式

ショット式

特徴

照射スポットや照射スピードを調整できるため、広範囲の部位やVIOなどのデリケートな部位の照射に適している。

冷却方法

レーザーの照射と同時に冷却ガスを噴射し、熱傷を防ぐ。

ジェントルマックスプロ

ジェントルマックスプロ

レーザー

アレキサンドライトレーザー・YAGレーザー

波長

1064nm

照射方式

ショット式

特徴

厚生労働省より認可を受けた脱毛機器。

YAGレーザーは波長が長く、肌表面の色素には反応せずに照射が可能なため、日焼け肌・色黒肌の方も安心。

シミの改善にも効果が認められています。

冷却方法

レーザーの照射と同時に冷却ガスを噴射し、熱傷を防ぐ。

ライトシェア

ライトシェア

レーザー

ダイオードレーザー

波長

800nm

照射方式

ショット式

特徴

アトピー肌・敏感肌の方におすすめの低刺激な脱毛機器。

深く生えている毛にもしっかり反応します。

冷却方法

照射面を5℃にキープし、痛みや熱感を軽減。

ベクタス

ベクタス

レーザー

ダイオードレーザー

波長

800nm

照射方式

ショット式

特徴

数ある脱毛機器の中でも最大級のハンドピースが特徴で、よりスピーディーに施術が可能です。

肌のメラニン量を自動測定する機能が搭載さており、日焼け肌や色素の濃い方でも安全に施術をお受けいただけます。

冷却方法

5℃まで冷やせる冷却機能を搭載

メディオスター NextPRO

メディオスター NextPRO

レーザー

ダイオードレーザー

波長

810nm+940nm

照射方式

ショット式(蓄熱式もできるが当院ではショット式のみ)

特徴

短時間で効率よく脱毛できます。

モードをショット式に切り替えることで、細かい場所でもレーザーの照射が可能。

冷却方法

照射面4~5℃にキープし、痛みや熱感を軽減

脱毛機器の違いを動画でも解説

フェミークリニックの公式You Tubeチャンネルでは、よりじっくりと脱毛機器の違いについて解説しています。

ぜひご覧いただき、参考にしてください。

熱破壊式(ショット式)は痛みが心配?フェミークリニックの痛みを抑える工夫

一般的に熱破壊式の痛みは「ゴムでパチンと弾かれるような痛み」と例えられ、蓄熱式より痛みの感じ方が強いとされています。

しかし前述の通り、熱破壊式のほうが脱毛効果に期待が高いため、フェミークリニックでは熱破壊式(ショット式)の脱毛レーザーを採用しています。

そこで、熱破壊式で行う脱毛の痛みを最小限に抑えるために、フェミークリニックで行っている工夫をご紹介します。

①毛質や肌質に合わせた脱毛機器の使い分け

フェミークリニックでは、各院常時4~5種類の脱毛機器を導入しており、患者さまの毛質や肌質はもちろん、脱毛部位や施術当日のコンディションに合わせて機器を使い分けています。(※院によって導入されているマシンが異なります)

また、照射出力や角度なども細かな調節を行います。

②リラックスして施術を受けていただける環境づくり

当院では、脱毛の施術の際に適度にお声をかけさせていただいております。緊張した状態で施術を受けると痛みをより感じやすいためです。

まずはテイスト照射で痛みの程度を見ていただきますので、我慢できないと感じたら遠慮なく看護師にお伝えください。

その後もお声がけしながら施術を進めるなど、できるだけ緊張や不安を感じさせない環境づくりを心がけています。

③麻酔クリームのご用意もあります

フェミークリニックでは、痛みに弱い方や不安があるという方のために、麻酔クリームのオプションもご用意しています。

麻酔の使用は病院でのみ認められているため、医療機関だからこそできる対応です。

痛みを強く感じやすい部位

ワキ・VIO

濃く太い毛が密集しているワキやVIOは、レーザーが反応しやすく痛みを感じやすい部位です。

とくにVIOは皮膚が薄いこともあり、全身の中でも痛みがでやすい部位と言われています。

顔・指

顔や指は軟らかい産毛が多い部位です。

毛質・毛量的には痛みが少ないよう思われますが、皮膚が薄く、骨に近い場所は刺激が伝わりやすく痛みを感じやすいのが一般的です。

ご自身で痛みを軽減する工夫も

●保湿をしっかりする

お肌が乾燥していると、レーザーの熱を吸収するはずの水分が足りず、細胞に刺激が伝わりやすくなります。

また、乾燥はお肌のバリアのも低下している証でもあります。肌トラブルのリスクを避けるために、施術前、施術期間中は特にいつもよりしっかり保湿をしてください。

●紫外線対策をしっかり

熱破壊式はメラニン色素に反応させる施術です。日焼けはお肌にメラニンが増えた状態であるため、レーザーの痛みが出やすくなります。

日焼け止めをしっかり塗る、日傘をさす、肌の露出を抑えるなど、紫外線対策に力を入れましょう。

●生理中は施術を避ける

ホルモンバランスによっても痛みの感じ方は異なります。生理中はお肌の状態が敏感なため、レーザーの刺激を受けやすくなります。

生理中でも医療脱毛の施術は可能ですが、できれば生理予定日以外の日にご予約を入れることをおすすめします。

医療脱毛で、つるすべ素肌を手に入れましょう

フェミークリニックの無料カウンセリング

ここまで熱破壊式と蓄熱式の違い、フェミークリニックが熱破壊式を採用している理由などについて解説しました。

永久脱毛の施術について悩んでいる方の一助になれば幸いです。

疑問点などがあれば、ぜひ一度無料カウンセリングにお越しください。お肌や毛質を拝見しながら、最適な脱毛方法をご提案いたします。

フェミークリニック総院長 北山 英美子 (東邦大学医学部卒業 undefined所属)

このページの監修医師

フェミークリニック総院長北山 英美子

東邦大学医学部を卒業後、東邦大学形成外科に入局。経験を積んだのち、渋谷フェミークリニックを開院。2006年よりフェミークリニック全7院の総院長を務める。

  • 最終学歴
  • 東邦大学医学部
  • 所属学会
医師監修美肌ケアアドバイス トップへ戻る

各院のご紹介

Introduction

フェミークリニックは、東京4院、大阪3院ございます。

各院ごとの特徴や治療内容など、患者さまへしっかりとお伝えするために各院ごとに専門サイトをご用意しております。

治療メニューの詳細や料金は、各院サイトをご覧ください。

※外部サイトへ移動します。