<\/noscript>
電話予約LINE予約WEB予約
美容皮膚科フェミークリニックTOP医師監修美肌ケアアドバイスアトピー肌のムダ毛対策なら医療脱毛が最適!その理由や注意点【美容皮膚科医監修】
prop.template.title

アトピー肌のムダ毛対策なら医療脱毛が最適!その理由や注意点【美容皮膚科医監修】

肌の乾燥やかゆみ、湿疹などに悩まされがちな慢性アトピーの方は、「アトピー肌でも脱毛は受けられる?」「脱毛効果はちゃんとある?」「悪化したりしたらどうしよう?」といった疑問や心配ごとがあるかと思います。

このページでは、そんなアトピー肌の患者さまのために「アトピーと脱毛」について解説します。

アトピーでも医療脱毛をしてツルツル肌を手に入れたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次
1
アトピー(アトピー性皮膚炎)とは?
2
アトピー肌であっても脱毛施術は受けられる!
3
アトピーのムダ毛処理には医療レーザー脱毛がおすすめな理由
①永久脱毛で自己処理の負担を少なくできる
②医療脱毛は医療機関での施術になるため安心
③永久脱毛完了までの通う期間・回数が短い
4
アトピー性皮膚炎の方が医療脱毛をする際の注意点
①強い症状、色素沈着が出ている場合は照射NG
②ステロイド剤を服用している場合も施術NG
③炎症が出ていない時期もアトピー体質であることを伝える
④施術前後のお手入れは入念に
5
フェミークリニックならアトピー体質の方も安心!
アトピーのお肌に対応する数種類のレーザー機器をご用意
2日前までであれば無料で予約変更いただけます
6
アトピー肌の方の医療レーザー脱毛体験レポート
7
アトピー性皮膚炎の脱毛に関するよくあるご質問

アトピー(アトピー性皮膚炎)とは?

アトピー(アトピー性皮膚炎)とは?

アトピー(アトピー性皮膚炎)は、もともとアレルギー体質の方や、肌のバリア機能が弱い方にみられる炎症を伴う皮膚の疾患です。

症状としてはかゆみを伴う乾燥や赤みを伴う湿疹が代表的で、良くなったり悪化したりを慢性的に繰り返すのが特徴です。

赤ちゃんの頃から発症することが多く、大人になっても症状が残っていることもあります。

アトピー肌であっても脱毛施術は受けられる!

アトピー肌であっても脱毛施術は受けられる!

アトピーの症状があっても、医療レーザー脱毛なら脱毛が可能です。

医療レーザー脱毛は、皮膚にレーザーを照射する治療ですが、アトピー症状に影響を与えません。

なぜなら、医療脱毛のレーザーが作用するのは皮膚そのものではなく、毛の毛根一本一本の発毛組織だからです。

専用のレーザーが毛根にあるメラニンという黒色の色素に反応し、熱で発毛組織ごと破壊します。

これによって、二度と毛が生えないようになるのです。

アトピーのムダ毛処理には医療レーザー脱毛がおすすめな理由

アトピーでも医療レーザー脱毛は可能というお話をしましたが、むしろ、アトピーの方こそ、医療レーザー脱毛でムダ毛を処理することをおすすめします。

その理由を解説します。

①永久脱毛で自己処理の負担を少なくできる

医療レーザー脱毛は、永久脱毛が可能です。

アトピー性皮膚炎にお悩みの方で、カミソリによる自己処理はしないほうがいいと主治医から言われている方もいらっしゃると思います。

それは、カミソリでムダ毛を処理してしまうと、肌の薄い表面が一緒に削られて肌に負担がかかり、弱っているバリア機能がいっそう傷ついてしまったり、乾燥を引き起こしたりしてしまうからです。

また、除毛クリームも、アルカリ性の薬剤で毛を溶かすため、特に敏感なアトピー肌にダメージがある場合があります。

また除毛クリームも肌の乾燥を加速させるリスクがあるため、肌トラブルになる可能性があります。

そういったムダ毛の自己処理を続けるよりも、医療脱毛で永久脱毛をしてしまったほうが、アトピー肌への負担は少なくて済み、治りやすくなります。

ちなみに、サロンでの光脱毛の場合は、発毛機関の「破壊」まで至らないため、永久脱毛とはいえずまた生えてくる可能性が高いです。

②医療脱毛は医療機関での施術になるため安心

医療レーザー脱毛は、医療機関でのみ施術ができる脱毛メニューです。

そのため、施術には医師による診察が必要で、施術も看護師免許を持ったスタッフが行います。

アトピーの肌の状態を見極め、レーザーを当てても大丈夫と判断された上で施術が行われます。

レーザーを当てる看護師もしっかり肌の様子を観察しながらレーザーを当てていくので、なにか異常があればすぐに照射を中止して、その場で医師に確認します。

また万が一肌トラブルが起きても、医師がいるためその場で処置が可能です。

医療レーザー脱毛ではなく、脱毛サロンやエステサロンで行う光脱毛の場合、アトピーの患者さまへの施術を断るケースがありますが、それは、このようなアトピーに由来する肌トラブルが起きた場合、その場での処置がむずかしいためと考えられます。

それでも心配な場合は、アトピーを見てくれている主治医の先生に訊いてみてから施術を決めるようにしましょう。

③永久脱毛完了までの通う期間・回数が短い

毛は複数回生え変わるため、完全に生えてこなくなるまで生え変わり周期に合わせて何度かレーザーを当てる必要があります。

その回数が、サロン脱毛に比べて医療脱毛は短く済むため、肌への負担が少なくて済みます。

一生涯に渡って何度もカミソリで自己処理をするよりも、数回のレーザー照射で永久脱毛を完了してしまったほうが、肌への負担が少なく、結果としてアトピー肌にとって良い結果となります。

アトピー性皮膚炎の方が医療脱毛をする際の注意点

基本的にはアトピーであっても施術は可能です。ただしお肌が弱く敏感な分、注意したほうが良い点がいくつかありますのでこれから解説していきます。

①強い症状、色素沈着が出ている場合は照射NG

アトピーの炎症が強く出ていて、掻いてしまったあとなどジュクジュクとした傷口に

なってしまっている場合や、濃い色素沈着になってしまっている場合は、安全面や衛生面を考慮して医療脱毛のレーザー照射ができないケースがあります。

その場合は炎症が落ち着くのを待ってからご来院いただくか、該当箇所を避けて照射の照射となります。

②ステロイド剤を服用している場合も施術NG

アトピー性皮膚炎では、ステロイド剤の内服を一時的に行う治療があります。

ステロイド剤の服用をしている方も、脱毛レーザーの施術をお休みしていただく必要があります。

ステロイド剤の服用の特徴として、免疫力が低下して、感染症が起こりやすいというリスクがあります。

また、ステロイド剤は光を吸収しやすくなるという特徴もあり、レーザーの光を皮膚が吸収してしまい、熱傷などのリスクが通常より上がってしまいます。

そのため、ステロイド剤を内服されている方は、服用期間が終わり、一定期間置いたのちの施術となります。

安全な医療脱毛のため、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

③炎症が出ていない時期もアトピー体質であることを伝える

症状が落ち着いていて、薬の服用・塗布していない時期でも、診察やカウンセラーの際にアトピー性皮膚炎の疾患をお持ちであることをお伝えください。

万が一に備えて、お肌の状態に合わせて出力の調整を行う場合があるためです。

④施術前後のお手入れは入念に

医療レーザー脱毛は皮膚に直接レーザーが作用するわけではありませんが、それでも毛根にダメージを与えた際の熱で皮膚が熱くなるため、乾燥しやすい状態になっています。

アトピー症状があるとお肌が乾燥しやすく、また乾燥によってかゆみが出ることもあるので、いつもより念入りに保湿をすることをおすすめします。

また、お肌が乾燥状態だとレーザーを照射した際に痛みを感じやすくなるので、施術を行う前の毎日の保湿もしっかり行いましょう。

フェミークリニックならアトピー体質の方も安心!

フェミークリニックでは、実際にアトピー肌や敏感肌の方の医療脱毛も多く行っています。

医師が責任をもって診察し、患者さまの症状に合わせて適切な医療脱毛が行えるように細心の注意を払っています。

アトピーのお肌に対応する数種類のレーザー機器をご用意

アトピーのお肌に対応する数種類のレーザー機器をご用意

フェミークリニックでは、アレキサンドライトレーザー「ジェントルレーズプロ」を始め、米国FDA(日本の厚生労働省にあたる機関)の厳しい審査をクリアしたダイオードレーザーなど、安全性の高い脱毛機器を複数ご用意しております。

数種類のレーザーを常にご用意し、患者さまのお肌の状態や照射部位に合わせて最適な機器を選択することで、アトピー体質の方や皮膚が敏感な方にも安全にレーザー脱毛を受けていただけます。

今まで断られてしまった方でも、諦めずに自己処理での肌荒れから開放されてみませんか?

2日前までであれば無料で予約変更いただけます

アトピーの症状が出ていてどうしても予約日までに落ち着きそうもない……そんなときはお気軽に予約日変更のご連絡をください。

2日前までであれば無料で予約の取り直しをしていただけます。

ご予約の変更は、以下のいずれかの方法で簡単に行えます。

・お電話

・会員サイト

・LINE

ご連絡が前日、当日となってしまった場合のキャンセル料は以下の通りです。

予約変更(キャンセル)の連絡日

キャンセル料

予約日の2日前までのご連絡

無料

予約日の前日のご連絡

2,000円

予約日当日のご連絡

4,000円、もしくは予約内容を消化扱い

当日ご来院されて肌状態により照射が出来なかった場合はキャンセル料はかかりません。

アトピー肌の方の医療レーザー脱毛体験レポート

実際にアトピー肌の方で、フェミークリニックで医療レーザー脱毛をされた方のレポートをご紹介します。

アトピー性皮膚炎の脱毛に関するよくあるご質問

アトピー性皮膚炎の脱毛に関するよくあるご質問

アトピー性皮膚炎の脱毛に関するよくあるご質問をまとめました。

アトピーでも脱毛はできますか?

アトピー体質の方でも医療レーザー脱毛を受けられます。

医療脱毛で皮膚に照射するレーザーは、皮膚そのものではなく毛根内の毛を生やす機関に作用するためです。

ただ、アトピーの炎症が強く出ていたり、傷口や色素沈着になっていたりする箇所は照射できない可能性があります。

医師が責任を持って事前に診察し、安全に施術が受けられるかを診断します。

脱毛によってアトピーが悪化することはありますか?

医療レーザー脱毛が直接アトピーを悪化させる原因になることはありませんが、レーザーによってお肌が熱を持つため乾燥しやすくなります。アトピーと乾燥は綿密な関係にあるため、痒みが出やすくなることはあります。

施術前後の保湿をしっかり行うことをおすすめします。

また、刺激を受けることで敏感な肌がなにかしらの影響を受けることがあります。

もし脱毛施術のあとにアトピーが悪化した場合は、施術を受けたクリニックにすぐに相談するようにしましょう。

脱毛サロンでアトピーを理由に脱毛を断られました。相談に伺っても大丈夫ですか?

もちろんご相談にお越しいただけます。

脱毛サロンやエステ脱毛の場合、医師が不在で看護師資格を持っていないスタッフが施術を行うため、なにかあっても処置ができないなどの理由で念のためアトピーの患者さまの施術を断るケースがあります。

フェミークリニックをはじめ、医療脱毛の場合は医師が診察した上で看護師が施術を行うため、アトピーの患者さまも安心して施術を受けていただけます。

他のサロンで断られてしまったような症状でも施術可能という可能性は十分にあります。ぜひ一度無料カウンセリングにお越しください。

フェミークリニック総院長 北山 英美子 (東邦大学医学部卒業 undefined所属)

このページの監修医師

フェミークリニック総院長北山 英美子

東邦大学医学部を卒業後、東邦大学形成外科に入局。経験を積んだのち、渋谷フェミークリニックを開院。2006年よりフェミークリニック全7院の総院長を務める。

  • 最終学歴
  • 東邦大学医学部
  • 所属学会
医師監修美肌ケアアドバイス トップへ戻る

各院のご紹介

Introduction

フェミークリニックは、東京4院、大阪3院ございます。

各院ごとの特徴や治療内容など、患者さまへしっかりとお伝えするために各院ごとに専門サイトをご用意しております。

治療メニューの詳細や料金は、各院サイトをご覧ください。

※外部サイトへ移動します。