電話予約LINE予約WEB予約

【脇の下のシミや黒ずみ】原因や予防法、キレイに治療するには?

「脇の下にできたシミや黒ずみをキレイに治したい」

「脇の下の肌が気になって両腕を思いっきり上げられない」

脇の下のシミや黒ずみにお悩みの方は多いです。薄着や水着になった時には、脇の下は意外と目立つもの。人の視線も集まりやすい部分なので、脇の下のシミや黒ずみはキレイに治したいですよね。

シミや黒ずみの原因にはさまざまなものがありますが、早めに治療を開始しないと肌がもとの状態に戻りにくくなってしまいます。また、シミや黒ずみのように見えても別の病気である場合もあり、自己判断で放置するのはリスクが伴います。

早くキレイな脇の下を取り戻して、おしゃれなワンピースやかわいい水着を思いっきり楽しみたいですよね。

そこで今回は、脇の下にできるシミや黒ずみの原因と治し方をわかりやすく解説します。

この記事を読めば、脇の下のシミや黒ずみをキレイに治す方法がわかり、毎日をハッピーな気持ちで過ごせるようになります。

脇の下のシミや黒ずみ|原因について

脇の下のシミを気にする女性

脇の下にできるシミや黒ずみには、さまざまな原因があり、その対策も変わります。そのため、シミや黒ずみを改善するには、原因に応じた適切な対策をすることが大切です。

脇の下にできるシミや黒ずみの主な原因は以下の5つです。

・汗や摩擦による色素沈着

・自己処理の刺激

・制汗剤による毛穴の詰まり

・埋没毛による黒ずみ

・脂漏性角化症

それぞれを解説していきます。

※いずれのシミや黒ずみの場合でも、症状が長引いたり範囲が大きくなったりする時は、クリニックの診断を必ず受けるようにしましょう。

汗や摩擦による色素沈着

脇の下は汗をかきやすいため、皮脂が毛穴を詰まらせてしまいます。皮脂が詰まった毛穴は炎症を起こしやすくなるため、シミや黒ずみを発生させます。また、脇の下は肌や衣服による摩擦も起きやすいため、肌がダメージを受けやすく色素沈着が起きてシミや黒ずみができてしまいます。

皮脂や汚れによる毛穴の詰まりを起こさないためには、脇の下を常に清潔に保つことが大切です。脇の下に汗をかいた場合は。タオルやハンカチなどでこまめに拭き取りましょう。

汗を拭き取る際は、やさしく押さえるようにして吸い取らせます。ゴシゴシと擦ったり、強く圧迫したりすると、脇の下の肌を痛めてしまい炎症を起こしやすくなり、シミや黒ずみの原因になってしまいます。

脇の下を圧迫して摩擦が起きないように、脇を締め付けるような衣服はなるべく避けると良いです。ゆったりとした風通しの良い服装も心がけ、脇の下を清潔に保つようにしましょう。

自己処理の刺激

自己処理の刺激

ムダ毛の自己処理は、肌にダメージを与えがちです。自己処理をこまめにやり過ぎると肌が炎症を起こして色素が沈着してしまったり、毛穴が大きくなって汚れが詰まりやすくなってしまいます。

毛抜きを使うと毛穴が開いてしまい、毛穴に皮脂や汚れが詰まりやすくなります。また、カミソリによる自己処理も、カミソリ負けを起こして肌にダメージを与えてしまいがち。肌への刺激が少ない電気シェーバーを使いつつ、自己処理前後には、しっかりと脇の下を保湿して、肌が傷ついたり乾燥したりしないようにケアをしてあげましょう。

頻繁に自己処理をしすぎないことが理想的ですが、脇の下のムダ毛が多い場合には難しいかもしれません。その場合は、美容皮膚科などで脇の下の永久脱毛を行うと良いでしょう。

永久脱毛を行うと、ムダ毛の処理が不要になるだけでなく、毛穴が引き締まり肌トラブルが起きにくくなるというメリットがあります。ムレや細菌の繁殖も抑えられるので、ムダ毛が多くお困りの方には、永久脱毛はおすすめです。

制汗剤による毛穴の詰まり

脇の下の汗やニオイを抑えるために制汗剤を利用される方も多いです。しかし、制汗剤を使いすぎるとその成分が脇の下の毛穴に詰まり、シミや黒ずみの原因になってしまう場合があります。

制汗剤のさらっとした肌触りは気持ち良いと感じますが、くれぐれも制汗剤のつけすぎには注意です。汗をかくことが多い日は、汗と共に制汗剤も定期的にふき取ると良いでしょう。

また、制汗剤を使用した後に赤みや痒みが出た場合は、制汗剤にかぶれている可能性があります。すぐにふき取るか洗い流し、続く場合は皮膚科を受診しましょう。炎症を繰り返すと色素沈着の原因となります。

脇の下のシミや黒ずみが改善しない場合は、制汗剤の使用を見合わせてみましょう。脇汗が多かったり、ニオイがどうしても気になる場合は、美容皮膚科などで治療することも可能です。

汗拭きシートには制汗剤の成分が含まれているものもあります。脇の下のシミや黒ずみが気になる方は、パウダー無配合のものを選ぶと良いでしょう。

埋没毛による黒ずみ

脇の下のシミを気にする女性

脇の下のムダ毛の自己処理を繰り返した結果、ムダ毛が肌の中に埋没して生えるようになり、脇の下が黒ずんで見える場合があります。

毛抜きやカミソリで自己処理をすると埋没毛ができやすいので、なるべく電気シェーバーを使うようにしましょう。

また、肌が乾燥していると毛穴が詰まりやすくなってムダ毛が埋没しやすくなるので、脇の下が乾燥しないように保湿も行っていきましょう。

埋没した毛は無理に引っ張り出そうとすると、肌を傷つけてしまいトラブルになりかねません。どうしても気になる場合は、美容皮膚科などに相談してみましょう。

脂漏性角化症

脂漏性角化症とは、皮膚の老化によってできるシミや良性腫瘍(イボ)です。シミのような肌色の変化が起きたり、肌が膨らんで盛り上がったりする場合があります。

脂漏性角化症は自然に治癒することはないため、気になる場合はクリニックでの治療が必要となります。

肌の老化現象によるものではありますが、念のため自己判断はせずに一度クリニックに相談しておくと良いでしょう。

脇の下のシミや黒ずみを予防するには?

脇の下のシミを気にする女性

脇の下のシミや黒ずみを予防するためには、

・脇の下を清潔に保つ

・しっかりと保湿を行う

・制汗剤をつけすぎない

・脇の下を刺激しない

こうした取り組みが大切です。

脇の下は汗をかきやすいため、蒸れて細菌が繁殖しやすくなります。また、皮脂が毛穴に詰まってしまい、肌トラブルの原因にもなっていきます。そのため、脇の下は常に清潔を保てるように、皮脂や汚れをしっかりと洗い流しましょう。

脇の下を洗う場合は、ボディーソープや石鹸を泡立ててやさしくマッサージするようにして洗います。その後はすすぎ残しがないように流しましょう。シャンプーやリンス、洗顔料も残ってしまいがちです。頭、顔、身体の順番で洗うようにしていきましょう。

汗を拭いた後や入浴後、ムダ毛の自己処理前後は肌の乾燥を防ぐためにしっかりと保湿しましょう。肌が乾燥すると古い角質が毛穴に詰まったり、肌が炎症を起こしてシミや黒ずみの原因となっていきます。

制汗剤もつけすぎないようにしていきましょう。制汗剤の成分が毛穴に詰まり、シミや黒ずみの原因となるからです。制汗剤を使いたい場合は、定期的に汗とともにふき取る様にしていきましょう。

脇の下を刺激しないことも大切です。汗を強くふき取ったり、タオルでゴシゴシとこすったり、脇の下を圧迫するような締め付けが強い衣服を着たりすることも控えましょう。

脇の下は非常にデリケートな部位です。やさしく清潔にいたわってあげましょう。

脇の下のシミや黒ずみの注意点

脇の下のシミを気にする女性

シミができてしまったら、以下の注意点を守る様にしましょう。

・気になるシミや黒ずみはクリニックを受診

・自己処理のし過ぎは厳禁

気になるシミや黒ずみはクリニックを受診

シミや黒ずみに見えるようなものでも、実は別の病気である場合もあります。脇の下のシミや黒ずみが気になる場合は、シミがあれば自己判断をせずにクリニックに相談しましょう。

シミが大きくなったり、隆起したり、かさかさしているようなら、迷わずにクリニックを受診しましょう。

シミ治療は早期に行えば、キレイな肌に戻れるようになります。クリニックに相談するだけでも、悩みやストレスから少し解放され、気分的に楽になれるというメリットもあります。

自己処理のし過ぎは厳禁

脇の下のムダ毛が気になり、自己処理を頻繁に行う方も多いです。しかし、自己処理のしすぎは肌にダメージを与えるため、シミや黒ずみの原因になってしまいます。

ムダ毛の自己処理のし過ぎで毛穴が広がり細菌が侵入して炎症したり、毛が埋没したりしてしまう場合もあります。

ムダ毛がどうしても気になる場合は、美容皮膚科などで永久脱毛をすると良いでしょう。医療レーザー脱毛を行えば、自己処理の頻度を下げるだけでなく、肌トラブルも防げるようになるのでおすすめです。

脇の下のシミや黒ずみが治らない場合は、早めにクリニックへご相談を

スマホで検索する女性

脇の下のシミや黒ずみが気になる場合は、早めにクリニックへ相談しに行きましょう。

シミや黒ずみは適切な治療を行うことで、キレイな肌に戻すことができます。肌のターンオーバーを促進して、生成されたメラニンを破壊すれば外に排出することができるからです。

しかし、シミが増えてしまったり、色素沈着の量が増えてしまったりすると、なかなかキレイな肌に戻せなくなります。肌のターンオーバーは年齢とともに衰えていきますし、脇の下はムダ毛の自己処理によるトラブルが発生しがちな部位です。セルフケアだけでは限界を感じる方も多いです。

美しい脇の下をキープして、ワンピースや水着も思いっきり楽しみたいとお考えの方は、美容皮膚科フェミークリニックへご相談ください。

美容皮膚科フェミークリニックでは、シミや黒ずみ治療の症例が豊富にあり、さまざまな治療のメニューをご用意しています。レーザーや光を使った最新のシミ取りマシンをはじめ、医療機関ならではの薬剤によって、シミや黒ずみの治療が可能です。

シミ治療は再発を防止する根本治療が大切。フェミークリニックなら、シミの根本原因を突き止め、シミを可能な限り再発させないよう治療を行います。また、最新の医療レーザー脱毛機器による永久脱毛も行えます。

美しい首元やうなじを取り戻し、おしゃれを存分に楽しみたいとお考えの方は、フェミークリニックの無料カウンセリングにぜひご相談ください。

フェミークリニック総院長 北山 英美子 (東邦大学医学部卒業 日本形成外科学会所属)

このページの監修医師

フェミークリニック総院長北山 英美子

東邦大学医学部を卒業後、東邦大学形成外科に入局。経験を積んだのち、渋谷フェミークリニックを開院。2006年よりフェミークリニック全6院の総院長を務める。

  • 最終学歴
  • 東邦大学医学部
  • 所属学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本皮膚科学会
シミ治療コラム トップへ戻る

各院のご紹介

Introduction

フェミークリニックでは、各院ごとの特徴や治療内容など、患者さまへしっかりとお伝えするために各院ごとに専門サイトをご用意しております。治療メニューの詳細や料金は、各院サイトをご覧ください。※外部サイトへ移動します。