電話予約LINE予約WEB予約

ニキビを作らない・悪化させない洗顔方法とは?

ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を抑えるためには、メイク汚れや余分な皮脂をしっかり落として清潔にしてあげることが重要です。

しかし大人ニキビはお肌の乾燥がトラブルの原因となることも多いため、洗いすぎは逆にニキビを増やす原因になることも。

そこでこの記事では、ニキビを作らない・増やさないための正しい洗顔方法をお伝えします。

メイクをしている場合はまずはクレンジングを

クレンジングオイルとクレンジングウォーター

すでにニキビやニキビ跡ができてしまっている場合、その凹凸や赤みを隠すためにコンシーラーをしっかりめに塗ったり、カバー力のあるファンデーションを使用したりしている人は多いと思います。

そういったメイクは洗顔料だけでは落とすのは難しいため、必ず事前にクレンジング(メイク落とし)を使いましょう。

その際、ごしごし擦らず撫でるようにやさしくクレンジング剤を広げて、じっくり油分を浮かせるようにするのが大切です。コットンを使う場合は特に擦らないように注意が必要です。ニキビがひどい肌はバリア機能が低下している場合が多く、強く擦って拭き取ったりしないようにしましょう。

小鼻の周りや目の際にメイクが残らないように意識することも忘れずに。ただ、目元は特に皮膚が薄いので、擦りすぎに気をつけましょう。

メイク落としシートは便利だけど……

洗い流す水やお湯がいらず、いつでもさっとメイクが落とせるシート状のメイク落としは忙しい女性の味方ですよね。

ただ、シートという性質上、しっかりメイクを落とそうとするとどうしても擦ってしまってお肌に摩擦が生まれてしまいます。

正常はお肌にはもちろん、ニキビがすでにできてしまっているバリア機能が低下したお肌に摩擦はNG。メイクを落とさずそのままにするよりはもちろん良いですが、過度の使用は控えるようにしましょう。

メイク落としシートは便利だけど……

洗顔料はしっかり泡立てて、優しく洗いましょう

洗顔料を両手で泡立て

洗顔料をなんとなく手のひらに広げてすぐ顔につけていませんか?

お肌への刺激を抑えつつ、毛穴までしっかり汚れを落とすために、洗顔料はしっかり泡立てて、手のひらと顔の間のクッションになるくらい弾力ある泡を作りましょう。

利き手と逆の手を「く」の字に窪ませて器にし、洗顔料に利き手で少しずつ水を含ませながら指先を茶せんのように使って泡立てていきます。

素手でうまく泡立てるのが難しい場合は、ドラッグストアや百均などで購入できる泡立てネットを使うと早くしっかりした泡をつくることができます。

しっかり泡立てたあとは、Tゾーンや鼻など皮脂の分泌が多い部分を最初に洗い、次に全体に広げて丁寧に洗っていきます。洗う強さは、肌が揺れないくらいやさしく洗うといいでしょう。

唇の凹む部分やフェイスラインは洗顔が甘くなりがちなのでしっかり意識しましょう。

泡立てネットは清潔に保ちましょう

簡単にしっかりした泡が作れる泡立てネットは便利ですが、雑菌が発生やすいので気をつけましょう。

泡立てに使った際は石鹸が残らないように丁寧にすすいで、使用後は風通しの良いところに吊るすなどして、しっかり乾燥させてください。

泡立てネットは清潔に保ちましょう

常温かぬるま湯で丁寧にすすぎましょう

洗顔中の女性

洗顔の水は常温~ぬるま湯が使うのがおすすめです。冷水は汚れが落ちにくく、熱すぎるお湯は肌のうるおいを奪ってしまう可能性があります。

すすぐ際、手のひらにたっぷりお湯を溜めて顔にかけて、こすらないように洗い流しましょう。入浴中にシャワーですすぐ時は、強すぎる水圧は直接当たらないようにすると肌やニキビへの刺激を避けることができます。

生え際やフェイスラインは泡が残りがちなので、意識して流すようにしましょう。すべての石鹸が落ちるまで丁寧に流すのがポイントです。

タオルはやさしく押し当てるように

タオルで顔を拭く女性

顔を拭くタオルは、常に清潔なものを用意しましょう。使用済みのタオルには雑菌が繁殖している場合があり、せっかく洗った素肌に再び菌がついてしまいます。

タオルはやさしく押し当てるようにして水分を拭き取ります。こするのは絶対にNGです。

拭き取ったあとはなるべく速やかにパックや化粧水でお肌を整えて、水分の蒸発による乾燥を防いでください。

朝の洗顔は水だけの方がいいって本当?

時々、「朝の洗顔は水だけのほうが良い」というウワサを耳にします。

洗顔料を使った洗顔は、汚れと一緒に皮脂も落とすので、水だけに比べて乾燥しやすくなるのは確かです。ただ、ニキビに乾燥肌は大敵ですが、アクネ菌の餌になる汚れはもっと大敵なのです。

水だけの洗顔だとどうしても、就寝中に出た余分な皮脂や、夜のスキンケアで塗った基礎化粧品が落ちきりません。

そういった落ちきれていない古い汚れの上からさらにスキンケアやメイクをすることになるので、お肌にとって良いとは言いにくい状態になります。

皮脂が出にくい乾燥肌の方で、使っているスキンケアがさっぱりしている方であれば洗顔料は使わなくても大丈夫かもしれませんが、せめてお湯で洗うとよいでしょう。

洗顔後の保湿はしっかりと行いましょう

保湿ローションを手に取る女性

ニキビに油分は大敵というイメージがあるかもしれませんが、大人ニキビは乾燥によるお肌のターンオーバーの乱れが原因となっている場合も多いです。保湿をしっかり行うスキンケアがニキビの発生・悪化を防ぐことに繋がります。

化粧水や乳液は、一度手のひらになじませるようにして、擦らず肌に染み込ませるようにして塗っていきます。頬骨など出っ張っているところは圧がかかりやすいので、擦らないように気をつけながら塗りましょう。

クレンジングや洗顔料と同じく、唇の下やフェイスラインなどは塗りが甘くなりがちなので、意識して塗ってしっかり保湿しましょう。

フェミークリニックオリジナル ドクターズコスメ「agora」

フェミークリニックオリジナル ドクターズコスメ「agora」

フェミークリニックの北山英美子総院長が自ら開発に携わり、大人の肌悩みの気になる毛穴やコメド(毛穴に皮脂が詰まった状態)のお手入れに必要なものを厳選したスキンケアラインです。

日々のホームケアに使用する基礎化粧品にお悩みの方は一度お試しください。

Agoraについて詳しく > フェミークリニックオリジナル ドクターズコスメ「agora」
フェミークリニック総院長 北山 英美子 (東邦大学医学部卒業 日本形成外科学会所属)

このページの監修医師

フェミークリニック総院長北山 英美子

東邦大学医学部を卒業後、東邦大学形成外科に入局。経験を積んだのち、渋谷フェミークリニックを開院。2006年よりフェミークリニック全6院の総院長を務める。

  • 最終学歴
  • 東邦大学医学部
  • 所属学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本皮膚科学会
ニキビ治療コラム トップへ戻る

各院のご紹介

Introduction

フェミークリニックでは、各院ごとの特徴や治療内容など、患者さまへしっかりとお伝えするために各院ごとに専門サイトをご用意しております。治療メニューの詳細や料金は、各院サイトをご覧ください。※外部サイトへ移動します。