<\/noscript>
電話予約LINE予約WEB予約
美容皮膚科フェミークリニックTOP医師監修美肌ケアアドバイス【VIO脱毛は痛い?】痛みを軽くする5つの対策と見逃せないメリットとは?
prop.template.title

【VIO脱毛は痛い?】痛みを軽くする5つの対策と見逃せないメリットとは?

『VIO脱毛って痛いの?』

『どうすれば痛みを軽くできるの?』

VIO脱毛は医療脱毛の中でも痛みを感じやすい部位です。しかし、VIO脱毛のメリットは非常に大きいため、多くの方がVIO脱毛に挑戦しています。

実は、VIO脱毛には痛みを軽減するコツがあります。痛みさえ耐えられれば、VIO脱毛しない理由はほとんどありません。

そこで今回は、美容皮膚科フェミークリニックがVIO脱毛の痛みを軽くする5つの対策と見逃せないメリットを解説していきます。

この記事を読めば、VIO脱毛の痛みを避けつつ、すっきりしたデリケートゾーンを手に入れるコツがわかります。

目次
1
VIO脱毛のデメリットは痛さ
2
フェミークリニックのVIO脱毛は痛いの?
3
VIO脱毛の痛さはどのくらい?
4
VIO脱毛の痛みを軽くする5つの対策
麻酔クリームを使う
生理中は避ける
自己処理を控える
肌の調子を整える
生活習慣を整える
5
痛みを超えるVIO脱毛の5つのメリット
かわいい水着や下着を存分に楽しめる
生理中や夏場にムレがなく快適になる
デリケートゾーンのかゆみやにおいを感じにくくなる
自己処理による黒ずみや肌荒れを予防できる
自己処理の時間やムダ毛のストレスが激減する
6
フェミークリニックのVIO脱毛とは?
40万件以上の豊富な医療脱毛の実績
患者さまに合わせたオーダーメイド医療脱毛
リラックスできる環境づくり
7
まとめVIO脱毛の痛みが不安ならフェミークリニックへ

VIO脱毛のデメリットは痛さ

VIO脱毛に不安を感じる女性

VIO脱毛では、痛みへの不安を感じる患者さまが多いです。実際に、VIOは医療脱毛の中でも痛みを感じやすい部分です。

VIO脱毛が痛みを感じやすい理由は、VIOの皮膚は非常にデリケートで敏感だからです。また、VIOのムダ毛は太く密集しているため、医療脱毛で使うレーザーが強く反応しやすく痛みも強くなりがちに。

デリケートな部分に対して医療レーザーが強く反応しやすいため、VIO脱毛は痛みを感じやすいのです。

フェミークリニックのVIO脱毛は痛いの?

フェミークリニックでは、痛みに最大限に配慮した施術を行っています。痛みへの不安が強い患者さまには麻酔クリーム(別料金)のご用意もあります。どうぞご安心して施術を受けください。

フェミークリニックの医療脱毛では、まずテスト照射を行い、その日の患者さまのコンディションを確認していきます。痛みや不安の感じ方に応じて医療レーザーの照射スピードやパワーを調整していきます。また、施術時にはこまめにお声がけしながら進めるなど、患者さまの不安の払拭に務めています。

VIO脱毛をする患者さまの多くは、麻酔を使わずに施術しています。フェミークリニックのVIO脱毛は痛みに最大限の配慮を行いますので、耐えられないような痛みではないからです。また、施術に慣れていくと最初に感じていた不安も軽減されていきます。

VIO脱毛の痛さはどのくらい?

痛みは人により感じ方はさまざまです。痛みに対する不安があまり強くない患者さまは、耐えられない痛みではなく、輪ゴムで弾かれるような感覚に感じます。VIO脱毛を何度か繰り返すことで、痛みに慣れていく方も多いです。

一方、痛みに対する不安が強い患者さまもいらっしゃいます。痛みへの不安が大きいと、実際よりも痛みを強く感じやすくなってしまいます。そのため、フェミークリニックではVIO脱毛の痛さを軽減するための対策をアドバイスさせていただいております。

VIO脱毛の痛みを軽くする5つの対策

VIO脱毛の痛みを軽くする対策

フェミークリニックでは、VIO脱毛の痛みをできるだけ軽くするために、下記の5つの対策をおすすめしています。VIO脱毛の痛みに不安を感じる方は、ぜひ参考にしてください。

●麻酔クリームを使う

●生理中は避ける

●自己処理を控える

●肌の調子を整える

●生活習慣を整える

それぞれを解説します。

麻酔クリームを使う

VIO脱毛の痛みを軽くする対策の1つ目は、麻酔クリームを使うことです。

フェミークリニックでは別料金で麻酔クリームを使うことができます。脱毛する箇所に麻酔クリームを使えば、痛みはかなり軽減します。

痛みが不安でVIO脱毛に挑戦するのが怖い方、どうしても痛みに耐えるのが難しいと感じられる方は、麻酔クリームの使用をおすすめします。麻酔クリームを使えば、安心して施術を受けていただけます。

生理中は避ける

VIO脱毛の痛みを軽くする対策の2つ目は、生理中は避けることです。

生理中はホルモンバランスが不安定になり、肌も敏感になりやすいです。そのため、普段よりも医療脱毛の痛みを感じやすくなります。

フェミークリニックでは生理中でもタンポンをしていただくことで、VIO脱毛を行うことはできます。しかし、痛みを感じやすい生理中にVIO脱毛をするよりも、生理を避けていただく方がメリットが大きいと思われます。

VIO脱毛の施術を予約する際は、生理予定日を避けていただくことをおすすめします。

自己処理を控える

VIO脱毛の痛みを軽くする対策の3つ目は、自己処理を控えることです。

VIOのムダ毛の自己処理は、肌にダメージを与えがちです。肌がダメージを受けていると、VIO脱毛の痛みを感じやすくなってしまいます。また、自己処理によってダメージを受けた肌が色素沈着を起こすと、その部分に医療レーザーが反応して痛みを感じやすくなります。

VIOは自分では見えにくい部分であるため、自己処理をすると肌を傷つけるリスクが高いです。特にカミソリや毛抜きでの自己処理はお控えください。どうしても自己処理をする必要がある場合は、電気シェーバーで優しく行うと良いでしょう。

肌の調子を整える

VIO脱毛の痛みを軽くする対策の4つ目は、肌の調子を整えることです。

肌が乾燥していたり肌荒れがあると、医療レーザーの痛みを感じやすくなります。湿疹や赤みも痛みの原因となりますので、肌の調子を整えていきましょう。

Vラインについては、下着との摩擦で肌が荒れやすい部位です。日ごろから保湿を心がけ、肌を乾燥させないように注意します。逆に、Iライン、Oラインは保湿するとヒリつく場合がありますので、保湿クリームなどは塗らないようにしてください。

生理用品によるかぶれにも注意し、材質などを工夫してみましょう。

肌の調子を整えるためには、バランスの良い食事を摂ることも大切です。ファストフードやインスタント食品はなるべく控え、タンパク質やビタミン、ミネラルなどを積極的に摂取していきましょう。

大豆類や野菜、果物、海藻類などは食物繊維が豊富でお通じにも良い効果があります。これらは、ぜひ毎回の食事に取り入れるようにしていきましょう。

生活習慣を整える

VIO脱毛の痛みを軽くする対策の5つ目は、生活習慣を整えることです。

睡眠不足や体調不良があると、肌が敏感になってVIO脱毛の痛みを感じやすくなります。運動不足は血行不良になり、肌荒れの原因にもなります。

肌の健康に良い成長ホルモンが分泌される夜10時~朝2時にかけて熟睡できるように、早寝早起きを心がけましょう。運動をすると睡眠の質も向上します。ぜひ日ごろから軽い運動を取り入れるようにしていきましょう。

1日30分程度の汗ばむくらいの運動ができれば理想です。なかなか運動する時間が取れない場合は、1駅歩くようにしてみたり階段をなるべく利用してみたりすると良いでしょう。

生活習慣が整うと、体調や肌の調子が良くなるため、VIO脱毛の痛みが軽く感じられるようになります。心身の健康にもメリットが大きいので、生活習慣を整えるようにしていきましょう。

痛みを超えるVIO脱毛の5つのメリット

痛みを超えるVIO脱毛のメリット

痛みを感じやすいと言われるVIO脱毛ですが、そのメリットは痛みを超えるものといえます。VIO脱毛の主なメリットは以下の5つです。

●かわいい水着や下着を存分に楽しめる

●生理中や夏場にムレがなく快適になる

●デリケートゾーンのかゆみやにおいを感じにくくなる

●自己処理による黒ずみや肌荒れを予防できる

●自己処理の時間やムダ毛のストレスが激減する

それぞれを解説します。

かわいい水着や下着を存分に楽しめる

VIO脱毛のメリット1つ目は、かわいい水着や下着を存分に楽しめることです。

VIO脱毛をすれば、ムダ毛を気にすることなく水着や下着を堂々と着こなせます。急なお出かけがあっても、慌てることも焦ることもありません。

かわいい水着や下着を楽めるようになれば、毎日のおしゃれにも自信が持てるようになります。

生理中や夏場にムレがなく快適になる

VIO脱毛のメリット2つ目は、生理中や夏場にムレがなく快適になることです。

VIO脱毛をすれば、生理中に経血がムダ毛に付着しなくなります。また、夏場もデリケートゾーンがムレなくなり、毎日がとても快適です。

VIO脱毛の痛みはほんの一瞬ですが、そのメリットはこの先もずっと続くことになります。VIO脱毛をもっと早くやれば良かったと思われる方も多いようです。

デリケートゾーンのかゆみやにおいを感じにくくなる

VIO脱毛のメリット3つ目は、デリケートゾーンのかゆみやにおいを感じにくくなることです。

デリケートゾーンのかゆみやにおいが気になる方も多いでしょう。その原因は、ムダ毛によるムレや雑菌の繁殖、自己処理による肌荒れなどです。

VIO脱毛をすれば、デリケートゾーンを清潔に保ち、自己処理による肌のダメージも減らせます。かゆみやにおいが気にならなくなれば、遠出やお泊りももっと楽しめますよ。

自己処理による黒ずみや肌荒れを予防できる

VIO脱毛のメリット4つ目は、自己処理による黒ずみや肌荒れを予防できることです。

デリケートゾーンは肌が柔らかく、刺激に敏感な部位であるため、ムダ毛の自己処理を繰り返すと黒ずみや肌荒れの原因になります。黒ずみは見た目に問題があるだけでなく、医療レーザーが黒ずみに反応して痛みを感じやすくなります。

また、ムダ毛の自己処理は肌荒れの原因にもなるため注意が必要です。自己処理をする場合は、黒ずみや肌荒れの原因になりやすいカミソリや毛抜きは使わずに、電気シェーバーで優しく処理をしていきましょう。

VIO脱毛をすれば、ムダ毛の自己処理を減らすことができます。ムダ毛の自己処理を減らせれば、デリケートゾーンの黒ずみや肌荒れを予防できます。

自己処理の時間やムダ毛のストレスが激減する

VIO脱毛のメリット5つ目は、自己処理の時間やムダ毛のストレスが激減することです。

VIO脱毛をすれば、ムダ毛の自己処理をする必要性が減ります。ムダ毛に費やしていた時間が激減し、もっと楽しいことに時間が使えるようになります。また、ムダ毛が生えなくなることによって、デリケートゾーンが快適になるため、日々のストレスも激減します。

VIO脱毛で痛みを感じるのは一瞬ですが、その後は自己処理やムダ毛のストレスから解放されます。これからの長い人生をずっと快適に過ごせるので、多少の痛みを堪えてでもVIO脱毛をしておくことをおすすめします。

フェミークリニックのVIO脱毛とは?

カウンセリングを受ける女性

フェミークリニックのVIO脱毛の特徴は、痛みに最大限の配慮をしていることです。その特徴をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

●40万件以上の豊富な医療脱毛の実績

●患者さまに合わせたオーダーメイド医療脱毛

●リラックスできる環境づくり

それぞれを解説します。

40万件以上の豊富な医療脱毛の実績

フェミークリニックの医療脱毛は、2003年の開業以来、40万件以上となっています。

豊富な実績があるため、患者さまお一人おひとりの肌質や毛量・毛質に合わせた脱毛施術が可能です。VIO脱毛の痛みやお肌への負担を減らし、脱毛効果を最大限に発揮させます。

患者さまに合わせたオーダーメイド医療脱毛

複数の脱毛機器を用意し、患者さまの痛みを少しでも軽減できるよう、照射のスピードの調整や、冷却時間を長めに取るなどの対策を行っています。

痛みに弱い方には、麻酔クリーム(別料金)もご用意しております。VIO脱毛に不安を感じる方は、お気軽にご相談ください。

リラックスできる環境づくり

フェミークリニックの施術室は完全個室です。また、施術箇所以外はタオルで隠して露出する部分を最小限抑え、患者さまの緊張を和らげながら進めていきます。こまめなお声がけもすることで、痛みの軽減に努めています。

フェミークリニックでは、VIO脱毛の痛みに不安や心配をお持ちの方のために、無料カウンセリングを行っております。クリニックの雰囲気や実際の治療についての詳しい内容を確認できますので、無料カウンセリングをぜひご利用ください。

無料カウンセリングも完全予約制・完全個室で行います。どうぞ安心してご来院ください。

まとめVIO脱毛の痛みが不安ならフェミークリニックへ

水着で楽しむ女性二人

今回は、VIO脱毛の痛みに不安をお持ちの方のために、VIO脱毛の痛みを軽くする5つの対策とメリットを解説しました。

VIO脱毛を早めに行えば、その後はストレスフリーで快適な毎日が過ごせます。VIO脱毛には痛みが伴うものですが、さまざまな工夫と配慮によって、痛みを軽減することが可能です。

フェミークリニックでは、患者さまの痛みに最大限の配慮をすることで、2003年の開院以来、40万件以上の医療脱毛を行ってまいりました。

『VIO脱毛の痛みが不安で踏み切れない』

『痛みさえなければVIO脱毛したいのに』

そんなお悩みをお持ちの方は、フェミークリニックの無料カウンセリングをご利用ください。VIO脱毛の痛みや治療内容について、詳しくご説明いたします。東京・大阪に7院があり、どの院も駅近となっておりますので、お仕事帰りやおでかけのついでにお立ち寄りいただけます。

完全予約制・完全個室でプライバシーにも十分な配慮をしています。フェミークリニックの無料カウンセリングをぜひご利用ください。

フェミークリニック総院長 北山 英美子 (東邦大学医学部卒業 undefined所属)

このページの監修医師

フェミークリニック総院長北山 英美子

東邦大学医学部を卒業後、東邦大学形成外科に入局。経験を積んだのち、渋谷フェミークリニックを開院。2006年よりフェミークリニック全7院の総院長を務める。

  • 最終学歴
  • 東邦大学医学部
  • 所属学会
医師監修美肌ケアアドバイス トップへ戻る

各院のご紹介

Introduction

フェミークリニックは、東京4院、大阪3院ございます。

各院ごとの特徴や治療内容など、患者さまへしっかりとお伝えするために各院ごとに専門サイトをご用意しております。

治療メニューの詳細や料金は、各院サイトをご覧ください。

※外部サイトへ移動します。