電話予約LINE予約WEB予約
美容皮膚科フェミークリニックTOP医師監修美肌ケアアドバイスニキビ治療コラムできてしまったニキビを「ニキビ跡」にしないためのセルフケア
prop.template.title

できてしまったニキビを「ニキビ跡」にしないためのセルフケア

ニキビの炎症が落ち着いても、そのまま赤く跡になってしまった、あるいはくぼみとして残ってしまった、という経験はありませんか?

それは俗に「ニキビ跡(ニキビ痕)」と呼ばれる症状で、一度できてしまうと自力で治すのはなかなか大変です。

そこでこの記事では、できてしまったニキビが「ニキビ跡」として残らないように、日常生活で気をつけたいことをまとめています。

そもそもニキビ跡の正体は?どうしてできるの?

ニキビ跡とは

ニキビの分類

ニキビ跡とは、簡単にいうと「ニキビの悪化で起きた炎症が、肌組織に悪さをして治りにくくなってしまった状態」です。

ニキビには、状態別に「白ニキビ」「黒ニキビ」「赤ニキビ」「黄ニキビ」に分類できますが、ニキビ跡になる可能性があるのは炎症が起きている状態の「赤ニキビ」「黄ニキビ」です。

赤ニキビも黃ニキビも、必ず「白ニキビ」から悪化しているので、白ニキビの状態でニキビを治すことができれば、ニキビ跡にならないといえます。

ニキビ跡の赤みは炎症の残り火

赤みのあるニキビ跡

黃ニキビの膿や赤ニキビの炎症は治ったのに、赤く残ってしまっているニキビ跡は、赤ニキビや黃ニキビで起きた炎症によって、毛細血管が増えたり拡張されたりしたことで赤く見えてしまっている状態です

炎症が起きている期間が短ければ軽度で済み、肌のターンオーバーによって少しずつ薄くなっていきますが、炎症の期間が長かったり、炎症の程度が重度だった時は、皮膚組織の深部までダメージを負っている可能性が高く、自力で治すのが難しくなってきます。

茶色のニキビ跡は色素沈着

色素沈着したニキビ跡

肌はダメージを受けると、「メラノサイト」という細胞を活性化させ、「メラニン」という色素を生成して肌組織を守ろうとします。

ニキビの炎症によって生まれたこのメラニン色素が肌に残ってしまった状態が、「色素沈着」によるニキビ跡です。

こちらも薄ければ数ヶ月~半年かけてターンオーバーで排出されますが、そのまま何年も残ってしまうこともあります。

ニキビ跡のくぼみ、クレーター

ニキビ跡のくぼみ、クレーター

ニキビ跡のお悩みで特に深刻なのが、いわゆる「クレーター」と言われる肌表面にできるデコボコです。

赤ニキビや黄色ニキビまで進行するような強い炎症が真皮まで届き、真皮の組織を破壊してしまったためできます。

肌組織が破壊されてしまっているため、自然治癒やホームケアでは再生することは非常に困難です。

ニキビ跡を作らないためにできることとは?

白ニキビから悪化させない

スキンケアをする女性

ニキビの「炎症」がニキビ跡につながるため、炎症が起きる前の「白ニキビ」でニキビを治してしまえば、ニキビ跡にはなりません。

白ニキビはなんらかの理由で塞がってしまった毛穴に、余分な皮脂が溜まっている状態です。雑菌が入って炎症が起きないよう、清潔なタオルを使用したり、潰したり刺激を与えないように気をつけましょう。

また大人の白ニキビは、肌の乾燥によって固くなった皮膚が毛穴にフタをしてしまってできている場合があるので、保湿をしっかりしてあげると改善する可能性があります。

改善がみられず悪化してしまいそうな時は、迷わず皮膚科へかかるのをおすすめします。

軽度の白ニキビであれば、保険診療の塗り薬できれいに治る可能性が高いです。

炎症が起きてしまったら早期に抑え込む

炎症が長引けば長引くほど、肌組織へのダメージが蓄積され、ニキビ跡になる可能性が高まります。

白ニキビから赤ニキビ、黃ニキビに進行してしまったら、一刻も早く炎症を鎮めることがニキビ跡を防ぐために大切です。

基礎化粧品を選ぶ時は、抗炎症作用がある「医薬部外品」の化粧水を選びましょう。

または皮膚科で抗菌作用のある塗り薬や飲み薬を出してもらうことで、素早く炎症を鎮めることができます。こちらも保険診療で処方を受けることができます。

ニキビを潰すのは絶対にNGです!

ニキビを潰す女性

絶対やってはいけないのは、たまった皮脂や膿を出そうとニキビを潰してしまうことです。

病院の治療でも「面ぽう圧出」という方法で、ニキビに詰まった皮脂や膿などを押し出すことがありますが、それは専用の器具と医師の的確な診断でのみ行なえます。

自己流で行うと、薄皮に破裂するようにダメージを与えてしまい、そこから雑菌が入って白ニキビから赤ニキビ、黃ニキビへと悪化してしまいます。

また黃ニキビの膿を出そうとして潰すと、真皮へのダメージとなり、クレーターなどのニキビ跡になってしまうため、自分で行うのは大変危険です。

ニキビ跡になってしまったら美容皮膚科へ

気をつけていても誰でもなりうるのがニキビ跡ですが、そのせいで素肌に自信が持てなかったり、お化粧が楽しめなくなるのはつらいですよね。

ダメージが強い赤みや色素沈着は自力で治すのは時間がかかりますし、クレーターにおいては自己治癒で治すのは残念ながら難しいといえます。

では諦めなければならないかといえばそうではなく、ニキビ跡は美容皮膚科で治療することが可能です。

病気ではないので保険適用外になりますが、新陳代謝のスピードを早めたり、ダメージを負った皮膚組織を再生したりといった、美容医療ならではの治療が行なえます。

フェミークリニックでは、患者さまお一人おひとりのニキビ跡の種類や進行具合によって最適な治療をご提案いたします。

しつこく残ってしまったニキビ跡もしっかりと治療して、理想の美肌を実現するお手伝いをいたします。

ニキビ跡のタイプと効果的なフェミークリニックの治療

赤み

色素沈着

クレーター

ケミカルピーリング

フォトSR(AC)

ダーマペン

基本溶剤

ヴェルベット

(コラーゲンピール)

ウーバーピール

レチノールピール

アムニオジェニクス

コラーゲンピール

PRP治療(再生治療)

レーザートーニング

TCAピーリング

フラクショナルRF

内服薬・外服薬・コスメ

外用薬

ゼオスキン

フェミークリニック総院長 北山 英美子 (東邦大学医学部卒業 日本形成外科学会所属)

このページの監修医師

フェミークリニック総院長北山 英美子

東邦大学医学部を卒業後、東邦大学形成外科に入局。経験を積んだのち、渋谷フェミークリニックを開院。2006年よりフェミークリニック全7院の総院長を務める。

  • 最終学歴
  • 東邦大学医学部
  • 所属学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本皮膚科学会
ニキビ治療コラム トップへ戻る

各院のご紹介

Introduction

フェミークリニックは、東京4院、大阪3院ございます。

各院ごとの特徴や治療内容など、患者さまへしっかりとお伝えするために各院ごとに専門サイトをご用意しております。

治療メニューの詳細や料金は、各院サイトをご覧ください。

※外部サイトへ移動します。