電話予約LINE予約WEB予約
美容皮膚科フェミークリニックTOP医師監修美肌ケアアドバイスほくろ除去のよくある後悔とは?失敗しないための大切な注意点を解説
prop.template.title

ほくろ除去のよくある後悔とは?失敗しないための大切な注意点を解説

『ほくろ除去で後悔しないためには?』

『失敗しないための注意点が知りたい!』

ほくろを除去したいのに、失敗や後悔が怖くて治療に踏み切れない方も多いです。ほくろ除去は痛そうだし、失敗して傷が残ってしまったら、後悔してもしきれません。ほくろ除去で後悔せず、傷跡で失敗しないためにはどうすれば良いのでしょうか?

そこで今回は、2003年の開業以来、美肌治療実績20年以上の美容皮膚科フェミークリニックが、ほくろ除去のよくある後悔について解説します。

この記事を読めば、ほくろ除去で失敗しないための大切な注意点もわかります。

フェミークリニックでは、ほくろでお悩みの方のために無料カウンセリングを実施しています。最適な治療プランを無料でご提案しておりますので、どうぞお気軽にご来院ください。

目次
1
ほくろ除去で後悔しないためには?
2
ほくろ除去でよくある5つの後悔
ほくろが再発した
患部が凹んでしまった
患部が赤く盛り上がった
ほくろが取り切れずに残った
セルフケアで失敗した
3
ほくろ除去で失敗しないための5つの注意点
セルフやエステで除去しない
美肌の総合クリニックを受診する
医師の指示通りにアフターケアを行う
紫外線対策や保湿を行う
かさぶたをはがさない
4
傷跡を残さず自然な仕上がり!フェミークリニックのほくろ除去
傷跡になりにくい「CO2レーザー」
小さなイボにおすすめ「切除法」
再発リスクを抑えた「切縫法」
5
【まとめ】ほくろ除去で後悔しないためにはフェミークリニックへご相談を
6
ほくろ除去のよくある質問

ほくろ除去で後悔しないためには?

ほくろ除去で後悔しないためには?

ほくろ除去で後悔しないためには、症例が豊富で信頼できる医療機関を受診することが大切です。ほくろ除去は傷が残りやすく、ダウンタイムも長めになることがあります。保護テープを貼ったり、軟膏を塗ったりしながら、アフターケアをしっかりと行う必要性もあります。
 
ほくろは大きさや形、深さなどがさまざまであるため、症状を見極めたうえで、適切な治療を選択することが大切です。また、ほくろのように見えて、実際はシミだったり、メラノーマ(悪性黒色腫)と呼ばれる皮膚がんの一種である可能性もあります。

そのため、ほくろが気になる方は、自分で切除したり、市販薬を使ったりすることなく、必ず専門医にご相談ください。誤った方法でほくろを除去すると、傷跡や凹みが残ったり、ほくろが再発したりするリスクがあるからです。
 
また、症例数が少なく、開院歴も短い医療機関の場合、ほくろをキレイに取り切れない可能性もあります。そのため、ほくろ除去は症例が豊富で信頼できる医療機関を受診することをおすすめします。
 
フェミークリニックでは、ほくろでお悩みの方のために無料カウンセリングを実施しています。2003年の開業以来、美肌治療実績が20年以上あるため、見極めが難しいほくろも傷跡を最小限にして自然な仕上がりで治療することができます。
 
ほくろ除去で後悔しないためにも、症例が豊富なフェミークリニックまでご相談ください。最適な治療プランを無料でご提案しております。

ほくろ除去でよくある5つの後悔

ほくろ除去でよくある5つの後悔

ほくろは大きさや形、深さがさまざまであるため、キレイに除去するためには医師が症状を正確に見極め、適切な治療法を選択する必要があります。ほくろ除去でよくある後悔は以下の5つです。

● ほくろが再発した

● 患部が凹んでしまった

● 患部が赤く盛り上がった

● ほくろが取り切れずに残った

● セルフケアで失敗した

それぞれを解説します。

ほくろが再発した

1つ目のほくろ除去のよくある後悔は、ほくろの再発です。
 
ほくろを除去しても、ほくろが再発する場合があります。ほくろが再発する原因は、ほくろを完全に取り除けなかったことや紫外線対策などのアフターケアが不足していたことが考えられます。
 
ほくろを再発させないためには、ほくろの症状を医師が正確に見極めて、ほくろの組織をしっかりと取り除くことが大切です。また、ほくろを除去した後は、保護テープや軟膏で患部を保護しつつ、紫外線対策や保湿を徹底することで、ほくろの再発リスクを減らすことができます。

患部が凹んでしまった

患部が凹んでしまった

2つ目のほくろ除去のよくある後悔は、患部が凹んでしまったことです。
 
ほくろを除去する際に、必要以上に患部を切り取ってしまうと、凹んだ傷が残ってしまう場合があります。肌が凹んでしまうと元に戻すことが難しくなるため、ほくろ除去は治療経験が豊富な医療機関を受診することが大切です。

フェミークリニックなら肌の凹みを治療で改善することもできます。しかし、そもそも患部をできるだけ凹ませずにほくろを除去しなければなりません。ほくろ除去で後悔したくない患者さまは、ぜひフェミークリニックまでご相談ください。

患部が赤く盛り上がった

3つ目のほくろ除去のよくある後悔は、患部が赤く盛り上がったことです。
 
ほくろを除去した後は、患部が赤みを帯びたり、ケロイド状に盛り上がったりする可能性があります。時間の経過とともに赤みや盛り上がりは改善することがほとんどですが、ほくろの切除に失敗している場合は赤みや盛り上がりが残ってしまう可能性もあります。
 
アフターケアも大切ですが、ほくろの治療経験が豊富な医療機関を受診することが何よりも大切です。ほくろ除去で失敗したくない患者さまは、フェミークリニックまでご相談ください。

ほくろが取り切れずに残った

4つ目のほくろ除去のよくある後悔は、ほくろが取り切れずに残ったことです。
 
ほくろの大きさや形、深さはさまざまであるため、ほくろが取り切れずに残ってしまう場合があります。医師がほくろを見極めきれず、ほくろが根深い場合に起こる可能性があります。
 
ほくろが取り切れなかった場合、ほくろ除去を再度行う必要があります。できるだけ少ない施術回数でほくろを除去するためには、治療経験が豊富な医療機関を選ぶことが大切です。

セルフケアで失敗した

5つ目のほくろ除去のよくある後悔は、セルフケアで失敗したことです。
 
ほくろを自分で切除したり、市販薬でほくろを除去しようとすることはおすすめできません。傷跡が残るだけでなく、感染症や他の肌トラブルを併発する可能性があるからです。
 
また、ほくろのように見えても、シミや悪性の腫瘍である可能性もあるため、ほくろの除去は信頼できる医療機関の受診をおすすめします。
 
フェミークリニックでは、ほくろでお悩みの方のために無料カウンセリングを実施しています。2003年の開業以来、20年以上の症例を積み重ねておりますので、根深いほくろも傷跡をできるだけ残さずに治療ができます。最適な治療プランを無料でご提案しておりますので、どうぞお気軽にご来院ください。

ほくろ除去で失敗しないための5つの注意点

ほくろ除去で失敗しないための5つの注意点

ほくろ除去で失敗しないための注意点をまとめました。主な注意点は以下の5つです。

● セルフやエステで除去しない

● 美肌の総合クリニックを受診する

● 医師の指示通りにアフターケアを行う

● 紫外線対策や保湿を行う

● かさぶたをはがさない

それぞれを解説します。

セルフやエステで除去しない

1つ目のほくろ除去で失敗しないための注意点は、セルフやエステで除去しないことです。
 
ほくろはセルフやエステで除去せずに、医療機関を受診するようにしましょう。誤った方法や不衛生な器具でほくろを除去すると、傷や痛みが残ってしまう場合があります。炎症や化膿が長引き、傷跡が凹んだり盛り上がってしまったりするリスクもあります。
 
そもそもほくろ除去は医師法で定められた医療行為であり、医師しかほくろを切除することはできません。また、ほくろのように見えても、シミやがんである可能性もあります。そのため、ほくろ除去は、必ず医療機関で行うことをおすすめします。
 
市販のほくろ除去クリームやエステサロンのほくろ除去で傷や痛みが残っても、すべては自己責任となります。肌トラブルが起きた場合は自分で医療機関を受診する必要もあり、適切な治療が遅れると深刻な副作用が長く続いてしまう可能性もあります。

美肌の総合クリニックを受診する

2つ目のほくろ除去で失敗しないための注意点は、美肌の総合クリニックを受診することです。
 
ほくろ除去は、シミやニキビ、イボ、しわ、たるみなどの治療も行える美肌の総合クリニックを受診することがおすすめです。なぜなら、ほくろのように見えても、実はシミやそばかす、イボなどの可能性があるからです。
 
また、ほくろの除去後は患部の痛みや腫れ、炎症、凹みなどの副作用が起きる場合もあるため、肌トラブル全般に対応できる美肌の総合クリニックの方が安心です。
 
美容皮膚科フェミークリニックは、2003年の開業以来、美肌の総合クリニックとしてシミやニキビ、イボ、しわ、たるみなどの肌トラブルを治療してきました。20年以上にわたって積み重ねてきた信頼と実績があるため、治療が難しいほくろも傷跡をできるだけ残さずに除去できます。

医師の指示通りにアフターケアを行う

3つ目のほくろ除去で失敗しないための注意点は、医師の指示通りにアフターケアを行うことです。
 
ほくろの除去において、傷や痛み、色素沈着などの肌トラブルを軽減するためにはアフターケアは非常に大切です。アフターケアをしっかりと行わないと、傷跡が残ってしまう場合があるからです。
 
ほくろ除去後は医師の指示通りにアフターケアを行ってください。炎症予防に軟膏を塗ったり、患部をテープで保護したりする必要があります。縫合した場合は、抜糸が終わるまでの1週間程度は激しい運動をお控えください。
 
ほくろ除去後に急激な痛みや腫れなどの違和感を覚えた場合は、すぐに主治医までご相談ください。

紫外線対策や保湿を行う

4つ目のほくろ除去で失敗しないための注意点は、紫外線対策や保湿を行うことです。
 
ほくろ除去後の患部は、一時的にバリア機能が低下しています。この状態で紫外線を浴びてしまうと、シミやくすみが発生する可能性が高まります。また、肌の乾燥は炎症や痛みを悪化させる原因にもなるため、処方された軟膏で保湿を行うことが大切です。
 
ほくろが除去できても、シミやくすみが残ってしまっては元も子もありません。紫外線対策や保湿をしっかりと行っていきましょう。

かさぶたをはがさない

5つ目のほくろ除去で失敗しないための注意点は、かさぶたをはがさないことです。
 
ほくろ除去後、傷口が治癒する過程でかさぶたが形成されることがあります。かさぶたを無理にはがすと、患部がキレイに治らなくなる可能性があります。また、かさぶたを取ってしまうと、紫外線や乾燥のダメージも受けやすくなるため、色素沈着や炎症などの肌トラブルが発生する可能性も高まります。
 
かさぶたは1週間程度で自然に剥がれ落ちますので、誤って爪で引っ掻いたり、衣服や寝具で擦ったりしないようにご注意ください。

傷跡を残さず自然な仕上がり!フェミークリニックのほくろ除去

傷跡を残さず自然な仕上がり!フェミークリニックのほくろ除去

フェミークリニックでは、傷跡をできるだけ残さず、自然な仕上がりにこだわったほくろ除去を行っています。患者さまのご希望や症状にあわせて、以下の3つの施術の中から最適な治療法を選択します。

● 傷跡になりにくい「CO2レーザー」

● 小さなイボにおすすめ「切除法」

● 再発リスクを抑えた「切縫法」

それぞれを解説します。

傷跡になりにくい「CO2レーザー」

傷跡になりにくい「CO2レーザー」

炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)は、細胞組織の水分に反応して熱エネルギーを発生させ、蒸散作用によってほくろを除去する治療法です。周辺の皮膚にダメージを与えることなく、ほくろ部分だけを除去することが可能です。
 
およそ10分程度の短時間で終わり、メスを使わないためダウンタイムやリスクが少ない治療法です。ほくろの大きさや形、深さにもよりますが、1回の治療で完了できる場合が多いため、フェミークリニックでは第一選択の治療法となります。

小さなイボにおすすめ「切除法」

小さなイボにおすすめ「切除法」

2mm未満の小さく隆起したほくろは、医療用のハサミで除去します。チクッとした痛みが走りますが、基本的には麻酔を使用せずに行います。少し出血する場合もありますが、すぐに止血されますので心配はありません。
 
CO2レーザーに比べて熱損傷が少ないため、治療後の保護テープは基本的に不要となりますが、傷が治るまでの1~2週間ほどは患部を清潔に保っていただきます。

再発リスクを抑えた「切縫法」

再発リスクを抑えた「切縫法」

2mm以上の大きく隆起したほくろは、メスで切除を行い、患部を縫合して治療します。ほくろを完全に取り除くことができるため、再発のリスクが少なく、縫合するため傷が早くふさがるというメリットがあります。
 
一方、施術後1週間程度で抜糸する必要があるため、再度ご来院いただく必要があります。また、時間の経過とともに傷は目立ちにくくなっていきますが、縫合した跡や赤みが残ってしまう可能性があります。

フェミークリニックでは、ほくろの位置や大きさ、形、深さなどに応じて3つの施術の中から最適な治療法を選択してご提案いたします。できるだけ傷跡が残らず、自然な仕上がりを目指しますので、ほくろの除去でお悩みの方はフェミークリニックまでご相談ください。

【まとめ】ほくろ除去で後悔しないためにはフェミークリニックへご相談を

ほくろ除去で後悔しないためにはフェミークリニックへご相談を

今回は、ほくろ除去のよくある後悔と失敗しないための大切な注意点を解説しました。
 
ほくろ除去のよくある後悔としては、
 
●      ほくろが再発した
●      患部が凹んでしまった
●      患部が赤く盛り上がった
●      ほくろが取り切れずに残った
●      セルフケアで失敗した

といったものが考えられます。ほくろ除去に失敗すると、ほくろが再発したり、傷跡が残ったりしてお悩みがかえって深くなってしまう可能性があるため注意が必要です。
 
ほくろ除去で失敗しないためには、
 
●      セルフやエステで除去しない
●      美肌の総合クリニックを受診する
●      医師の指示通りにアフターケアを行う
●      紫外線対策や保湿を行う
●      かさぶたをはがさない
 
といった注意点を押さえることをおすすめします。ほくろ除去は医療行為にあたるため、症例が豊富な信頼できる医療機関を受診しましょう。

フェミークリニックでは、ほくろでお悩みの方のために無料カウンセリングを実施しています。フェミークリニックは、2003年の開業以来、20年以上の美肌治療実績があるため、できるだけ傷跡を残さず、自然な仕上がりにこだわった治療が可能です。
 
無料カウンセリングでは、ほくろの症状を正確に診断し、最適な治療プランをご提案しております。ほくろ除去で後悔したくない患者さまは、フェミークリニックまでご相談ください。

ほくろ除去のよくある質問

ほくろ除去のよくある質問

ほくろ除去に関するよくある質問をまとめました。

ほくろを除去するとどんなデメリットがありますか?

ほくろを除去する際に痛みを感じる場合があります。また、傷跡や赤みが残る可能性もあります。切除後は保護テープを貼ったり軟膏を塗ったりする場合もあります。一時的に肌のバリア機能が落ちていますので、紫外線対策や保湿をしっかりと行う必要もあります。

しかし、ほくろが除去できれば、コンプレックスやお悩みがなくなり、メイクやおしゃれをより一層楽しめるようになります。

ほくろは除去すべきですか?

ほとんどのほくろは無害であり、無理に除去する必要はありません。ほくろがチャームポイントになっている場合は、むしろそのままの方が良いかもしれません。

一方、コンプレックスやお悩みが深い場合は、ほくろ除去を検討してみてはいかがでしょうか?フェミークリニックでは無料カウンセリングを実施しておりますので、ご不明な点やご不安な点をお気軽にご相談ください。

ほくろ除去で一番跡が残らないのは?

フェミークリニックでは、傷跡が残りにくいCO2レーザーを第一選択の治療法としています。ただし、ほくろの大きさや形、深さによっては切除法や切縫法を選択する場合もあります。

フェミークリニックの無料カウンセリングでは、ほくろ除去を行う前に患者さまのご希望を確認しております。できるだけ傷跡が残らない方法でほくろが除去できるよう最適な治療プランをご提案させていただきます。

ほくろを除去するのは痛いですか?

ホクロを除去する際には麻酔を使用しますので、施術中は痛みを感じることはほとんどありません。

ほくろ除去は保険がききますか?

美容目的によるほくろ除去は自由診療となるため、保険適用外となります。フェミークリニックでは最新の美肌治療が行える自由診療を行っています。

ほくろ除去で後悔しないためには?

ほくろ除去で後悔しないためには、医療機関を受診することが大切です。自分でほくろを切除したり、市販のほくろ除去クリームなどを使用したりすることはおすすめできません。感染症のリスクや傷跡が残ってしまう可能性があるからです。

また、エステサロンでのほくろ除去も傷や痛みが残る可能性があります。エステサロンでのほくろ除去は医師法に違反するため、大変危険なリスクが伴います。

ほくろでお悩みの方は、美容皮膚科フェミークリニックまでご相談ください。

ほくろ除去は一回で取れる?

ほくろの大きさや方法によって異なりますが、一度の処置で完了する場合もあります。しかし、ほくろの大きさや形、深さによっては、複数回の施術が必要になる場合もあります。

できるだけ少ない回数でキレイにほくろを除去するためには、症例が豊富な医療機関を選ぶことが大切です。

フェミークリニックは、2003年の開業以来、20年以上の美肌治療実績があるため、傷跡をできるだけ残さずにほくろを除去することができます。無料カウンセリングでは、症状を詳しく診察した上で、最適な治療プランをご提案しております。まずはフェミークリニックの無料カウンセリングにご来院ください。

フェミークリニック総院長 北山 英美子 (東邦大学医学部卒業 undefined所属)

このページの監修医師

フェミークリニック総院長北山 英美子

東邦大学医学部を卒業後、東邦大学形成外科に入局。経験を積んだのち、渋谷フェミークリニックを開院。2006年よりフェミークリニック全7院の総院長を務める。

  • 最終学歴
  • 東邦大学医学部
  • 所属学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本皮膚科学会
医師監修美肌ケアアドバイス トップへ戻る

各院のご紹介

Introduction

フェミークリニックは、東京4院、大阪3院ございます。

各院ごとの特徴や治療内容など、患者さまへしっかりとお伝えするために各院ごとに専門サイトをご用意しております。

治療メニューの詳細や料金は、各院サイトをご覧ください。

※外部サイトへ移動します。