電話予約LINE予約WEB予約

こんなあなたにおススメ

ほくろを確実に除去したい

再発のリスクを限りなく低くしたい

01

再発リスクの少ない「切縫法」

再発リスクの少ない「切縫法」

メスで切除した後に縫合する方法です。施術の約1週間後に抜糸を行うため、再来院が必要です。

メスでしっかり取り除くため、再発リスクが低いというメリットがあります。

イボ・ほくろのサイズが2ミリ以上、または大きく隆起している場合に適応しますが、時間の経過とともに目立たなくなるものの、傷跡が残るのがデメリットです。

イボ・ほくろ 切縫法の料金

切縫法

1cm×1cm

¥88,000

イボ・ほくろ 切縫法と相性の良い治療

イボ・ほくろ 切縫法と相性の良い治療

肌質や症状は患者様一人ひとり異なります。

患者様の肌質を根本改善し、美肌を継続していただくために、美容皮膚科フェミークリニックでは、カウンセリングや診療のお時間を大切にしています。

「同じ治療を継続したほうがよい」

「複数の治療を併用したほうが良い」

一人ひとりにあわせた治療プランを提案しています。

フェミークリニック総院長 北山 英美子 (東邦大学医学部卒業 日本形成外科学会所属)

このページの監修医師

フェミークリニック総院長北山 英美子

東邦大学医学部を卒業後、東邦大学形成外科に入局。経験を積んだのち、渋谷フェミークリニックを開院。2006年よりフェミークリニック全6院の総院長を務める。

  • 最終学歴
  • 東邦大学医学部
  • 所属学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本皮膚科学会

各院のご紹介

Introduction

フェミークリニックでは、各院ごとの特徴や治療内容など、患者さまへしっかりとお伝えするために各院ごとに専門サイトをご用意しております。治療メニューの詳細や料金は、各院サイトをご覧ください。※外部サイトへ移動します。